Life on Mars?

archive: 2006年06月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

トリニダードトバゴ(Trinidad and Tobago)を応援してます。

No image

ワールドカップはそろそろ各チームとも2試合目を終了。 GL突破を決めているチームもありますが、 大部分が次の3試合目が重要な位置を占めているところが多いはずです。 今まであまり気にかけなかったチームなのですが、次の試合も是非がんばって欲しい と思ったチームがいくつかありまして、まず「ガーナ代表」。 何が凄いってあのチェコを完封、そして大部分の時間帯をコントロールしてしまいました。 前へ前へ行く姿勢に驚...

  •  2
  •  0

最初で最後のオーストラリア戦。

No image

いよいよ日本時間の明日の午後10時に迫ったサムライブルーの初戦である、 オーストラリア戦。 管理人はここで勝ち点3が是が非でも欲しいと思っています。 次戦のクロアチアとオーストラリアの実力差が未だに推し量れない事もありまして、 やはり勝ち点3をもって2戦目を戦う方が気持ち的にも楽ではないでしょうか。 (クロアチアの多分強いのでしょうけど、 最近の試合を見るとよく分からないんですよねぇ…) なんで「最初で...

  •  2
  •  0

開幕、ワールドカップ2006。

No image

ついに2006年のワールドカップが始まりました。 初戦はホスト国のドイツと北中米・カリブ海代表のコスタリカ。 スコアは4-2とドイツが順当に勝ち点3をものにしたのですけど、 バラック隊長が本人はコンデション的には問題ないと主張してる割に、 クリンスマン監督が「バラックは初戦は外す」と発言したことで 一悶着あったことが発覚中。 また、2失点に関してレーマンがいいのかカーンがいいのかという 以前から言われている...

  •  0
  •  0

さようなら、ビリープレストンさん。

No image

ビートルズ(The Beatles)の「Let It Be」にて軽快なエレピやオルガンを聴かせてくれた、 ビリープレストン(Billy Preston)さん。 なんでこの方がいきなりこの険悪なムード絶賛中の ビートルズのセッションに加わる事になったかといいますと、 ビートルズがデビューする前にドイツのライブハウスに出演していた時からの 知り合いなんですよね。 で、「Let It Be」の録音(正確に言うと、Get Back Session?)中だかに、 突然...

  •  0
  •  0

プログレがマイブーム

No image

最近数年ぶりにプログレッシブロックがマイブームなんです。 元々高校生ぐらいの時でしょうか、 King Crimson、Pink Floyd、Yes、EL&Pの4代プレグレバンドや、 Genesis等を聴いていまして、 結局キングクリムゾンとピンクフロイド位しか聴かなくなってしまいました。 別に興味が薄れてきた訳ではなく、この2バンドにのめり込んできたって感じなのです。 フロイドは当時は「Atom Heart Mother(邦題:原子心母)」がやたら好き...

  •  0
  •  0

ハーフマラソンに挑戦。

No image

前回20kmを完走したので今回はもうちょっと距離を伸ばして、 約22kmの距離設定に。 つまり「ハーフマラソン」よりちょっと長い感じです。 当然レースに出場とかではなく、 サイクリングコースの脇に立っている距離計を使用しての計算してます。 20km走から中5日、 しかもその間もちゃんと10km走は続けてるわけでして、 果たしてどーなるもんか心配ではありました。 ちょっと間隔短かすぎやしないかと。 ただ20km走った...

  •  2
  •  0

おいでよ どうぶつの森(89) パトラさんのお家と我が家の共通点。

久しぶりに遊びにいらしたアリクイのパトラさんが なにやら深刻な顔で相談してきました。 一体なにかと思ったら、 しーちゃん!聞いてー!!こないださ、出たのよ! ゴ、キ、ブ、リ! 1ぴき見たら 30ぴきはかくれてるってゆーから、ちょーブルーだよー うは、やっぱり出ますか。 パトラさんのお家も・・・。 そうそう、言いますよねぇ。「一匹みたら、三十匹いる」って。 実はね、...

  •  2
  •  0

クラッシュー。

No image

って、「ロンドッコーリン♪」のあの方達ではありません。 The Clash London Calling - The 25th Anniversary Editionザ・クラッシュ Sony Music Direct (2004-10-06)Amazon.co.jpで詳細を見る いつものように夜のランニングに出かけた時の話なのですが、 荒川新橋の坂に差し掛かると、 四号線の上り方面よりけたたましく消防車2台が接近中。 橋を下りてUターンして下り車線に入り舞い戻っていきました。 その他に...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。