スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家具「だるまストーブ」についてこんな提案をしました(ドラクエ10)。  

2014年も残すところ本日のみとなりました。本年も当ブログをご愛好頂き、ありがとうございました。更新が滞っておりました事をご了承下さい。管理人が特に病気だったとかいうことは全くございませんので・・・どうかご心配なく。

発売日頃(発売当日はアマゾンさんからソフトが届かず、ポケモンの映画を見に行った)からプレイし続けている、「ドラゴンクエスト10」。プレーヤー同士の交流や情報を伝達する場所として公式ページ内に「冒険者の広場」というものがあります。かなりこったつくりになっておりまして、プレーヤーの各種ステータスやら各個人が持てるブログのような冒険日誌ページやら今週の所謂「日課」のチェックなんかも出来たり。

その中にメールのような非公開ではなく、プレーヤーに公開しつつ開発者への提案が出来る「提案広場」というページがあります。様々な事案に対して日々プレーヤーがこうしたほうがいいのではないか?という思いを伝えられる場所があるというのはいいものだと常々思っておりましたし、たまーに重要案件や「これはいいね」というものについては開発者自らがコメントを付けたりして、それがそのままアップデート時に実装されたりと予々好評のようです。

管理人も開発者からコメントがついた案件を中心ではありますが覗いてはいましたけども、自ら提案したりとかは今までしたことがありませんでした。しかし、今回どーしても気になる事があったので提案してみました。それが家具の「だるまストーブ」というものについてです。こんな風に書いてみました(原文そのまま。下が参考画像でストーブのお隣がニードルうさこ人形)。

20141231-1304_214677032.jpg

しげきっくす[MI291-199]2014/12/27 13:50 お世話になっております。 今年も一年楽しくプレイさせて頂いた事を感謝しております。 タイトルのも記載しましたが、 お正月の福引きで貰える「だるまストーブ」についてです。 上部のふたをとれるギミックなどとても素敵と思いました。 なのですが、本体中央部に原発を想起させるようなマーク?シンボル?が 描かれているのがとても気になりました。 (正確には黄色と黒の部分の角度が異なるようですが) 現代の日本の社会を巡るセンシティブな案件かと思いますし、 受け付けがたいと感じている国民もいるなかでこのようなマークを 軽々しく使用することに対して少し残念に感じております。 どのようは経緯をもって採用されてかも気にかかるところですが、 このスト−ブ自体が実は原子力発電ということなのでしょうか?

画像を見て分かる通り、本体中央に放射能があることを示すあのマーク(正確には放射能標識というそーです)に酷似していると思うのですよ、これは。提案した時は正式名称を知らなかった管理人。柔らかくする為のニュアンスとして「どーゆー意図があり使用に至ったのか?」という文脈になってますが、それがいけなかったかこんな風なコメントをスタッフの方が直ぐに書いてくれました。

ゆるん2014/12/27 14:01 「ドラゴンクエストX」をご利用いただき、ありがとうございます。 提案広場は、プレイヤーの皆さまから「ゲームをより良くするためのご提案」をいただく場です。 それ以外の目的ではご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。 なお、いただきましたご意見につきましては、 今後の運営の参考とさせていただきます。 今回ご投稿いただいたご意見につきましては、 ご投稿時に同意いただいた各注意事項の内容に基づき、 「回答済みのご提案一覧」へ移動を行わせていただきました。 投稿内容の基準につきましては、以下のページをご確認ください。 ■ドラゴンクエストX 冒険者の広場ガイドライン http://support.jp.square-enix.com/rule.php?id=2620&la=0&tag=hiroba 今後とも「ドラゴンクエストX」をよろしくお願いいたします。

と、まあ有り体に言えば「意見であって提案じゃないから非公開にします」ということに。これが提案広場に書いたページのURLなのですが、管理人以外は多分閲覧不可なんでしょうか。検索にはヒットしないと思います。管理人的には「ゲームをより良くするためのご提案」をしたつもりなんですが伝わらなかったのが残念です。ただ言える事は、このようなデザインを安直に採用するような開発者に対しては疑念を持たざる得ないということです。軽々しく使うものなのかどーか。心を痛めている人やそれが嫌だと思う人が少数でもいるならその方達に配慮すべきというのが管理人の主義なのですが、スクウェア・エニックスさんはそのへんはどうなのかなぁと。デザインをした人もそのデザインにOKを出した人も今現在の福島第一原発の状況なんて何にも知らないと言ってるようなものでもありますね。まさかこれが冗談で通じるなんて思ってたなんて返答は許されない事案かと。万が一、本当にこのストーブが核発電なら正確な「放射能標識」にすべきでしょうしね。

これに関しては今からでも遅くないのでなんらかの処置をしてほしいと切に願います。このストーブのデザインがいいだけに。勿体無いと思っております。

あまりにもブログに書くのが久々すぎて、ブログ内の関係ない画像をあやまって1点消去してしまった管理人でございました。来年も宜しくお願い致します。


だるまストーブの解釈の差(ドラクエ10)。
http://lifeonmars.blog.fc2.com/blog-entry-565.html


三たびの「だるまストーブ」のマークの話(ドラクエ10)。
http://lifeonmars.blog.fc2.com/blog-entry-566.html


『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』
http://www.dqx.jp/



60数時間プレイして気づいた仕様変更(ポケモンX). 

プラットホームがDSに移行して以降、パールでトレーナー復帰し、それからというもの発売日近辺には手に入れてプレイしていたポケモンシリーズ。しかしながら「XY」には目もくれずにいたんです。理由:実は管理人3DSを持ってませんでした・・・。流石にやってみたくなり、クレカのポイントで本体を貰い、ソフトを購入したのが1月の下旬だったかと。そこから、ちょこちょこやっておりました、ポケモンXを。

ポケットモンスター X
ポケットモンスター X
任天堂 (2013-10-12)
売り上げランキング: 33

因みに手に入れるまで入ってきちゃったのを除けば、一切の情報を遮断していたといっても過言では有りません。やる気はあったのですが、やってなかっただけなんですよ。興味がなくなったとかではなくて。なのでカロス地方がフランスのパリ周辺だったりとか、最初の森がトキワの森のオマージュだったりとか、メガシンカするポケモンがあんなにいるとは全然知りませんでした。デンリュウとかまあ渋い選択ですよねぇ。

逆に知ってた情報としては新ポケモンの数はそんなにいないとか、初代御三家が貰えるなんてあたりくらいでしょうか。ただ、今回始まる前から確信めいた閃きが一件あって、それが「あの水ポケモンはBWのミュジュマルと一緒で進化すると化ける」という点。あのちょっとおまぬけな感じはこれはミュジュマルの例の一件と一緒ではないかと。まあ皆さんご人事の通り、この閃きは当たる訳でございますが・・・。

ブラック2は努力値だけでなく個体値もゴリゴリのポケモンを移送してクリアしてましたが、今回は完全新規タイトルということもあり取り敢えずポケバンク等も課金せずに「X」内で捕まえたポケモンのみでストーリーをクリアを目指しました。多少ストーリーを進め序盤に出てくるポケモンで「ニャスパー」というポケモンがおりますが、まぁこれが可愛らしい。管理人、この間リアルポケセンでぬいぐるみを購入してまりました。今までネコっぽいポケモンって数多くいましたが、突出してかわいすぎ。逆にいうと、なんで今までここまでかわいいのがいなかったのが不思議になるくらい。猫好きにはたまらないポケモンになったのではないでしょうか。

ポケモンが集団で出てくるというギミックも驚きましたが、実はこの「群れバトル」で出現する旧ポケモンにBWで言うところの「夢特性」持ちがいると知り、途中から対策なんかも。管理人はてっとりばやくランクルスを育ててスキルスワップして端から1匹ずつ調べてやっておりました。ここで解禁になったのも中にはいるのではないでしょうか。確信は持てませんが。

今回のストーリーの核心部分に近づきつつ、ジム戦をこなしていき、50時間後半か60時間程度プレイして「ヒャッコクシティ」なる町に到着。ここであるNPCさんがこんなことを言うのです。

めざめるパワーは
技を 覚えた ポケモンによって
技の タイプが 変わるのデス

と、言った後に、

mezapa.jpg

???あなた何を言ってるのです?めざパっていうのは威力が30から70までで、その威力はポケモンの個体値を4で割った数字に依存し、もし70にするなら特攻、特防、すばやさの個体値が30ないし31の親を用意すると比較的生まれ易いというか、そーしないとほぼ偶然の産物なんで茨の道なんですよ・・・って心の中で言った訳ですよ。このNPCさんに対して。そして数秒後、「はっ」とした管理人。こ、これはもしや・・・。

ご存知の方も多いと思われますが、XYでめざパの技の仕様変更を管理人はここで知る事になります。対戦を意識して育成を初めて早数年経ちますが、ある意味管理人のポケモントレーナーとしての今まで道程を完全に否定され、奈落の底に落とされたよーな気がしましたよ。どれだけめざパの為に時間を費やしてきたのかと。めざ氷とかならCDSxCDSとかでいいからジャッチマン判定も分かり易くていいのですけど、最速にすると生まれないタイプはCDsとかでやる訳で、まぁこれが環境整うまでがめんどーなんですよ。しかもですよ、いいのが生まれすぎて、未だに育成というか進化もさせてなかったイーブイとかどーしてくれるのかと・・・。

勿論、今までのよーにふ化に粘る時間が格段に減り、タイプ判別だけやればいいから従来より選別し易くなったっていう意見もあるのでしょうが、その分威力が10減り採用率が下がっているなんて話も当然聞きますし、これはどっちがよかったのかなぁとも。この仕様変更もさることながら、「XY」は対戦を意識した育成周りの仕様が兎に角ぬるくなったよーに感じてなりません(この話は次回にでも)。ぬるくしたから改造なんてしなくてもいいんだよ?っていうメッセージなのかもしれませんが、なんでそっち側に合わせるのかよくわからなかったりします。改造ポケモンなんて使う輩は完全排除で申し分ないと思っているだけに。

まぁこうなった以上、嘆いていても仕方ないのでこれでやっていくしかありません。って分かってはいるんですけどねぇ・・・。育成に有利になったところは活用しつつ、あきらめるところはあきらめつつってことでしょうか。あきらめきれないバトレボなんていうのもあるのですけどねぇ。

Xをプレイし始めて一番驚いた事は、ポケバンクに加入して「以前のポケモンのグラフィックの荒さ」だった管理人でございました・・・。こんな画面でやっていたのかと。正直ポカーンとしちゃうほどでした。


『『ポケットモンスター X』『ポケットモンスター Y』公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/xy/




Daft Punkのグラミーでのパフォーマンスが素晴らしすぎた件。 

音楽好きであっても日本のチャートミュージックには目もくれずって方は年齢が上がるにつれて多くもなると思いますが、英国や米国のそれでさえほぼ興味がなくなっている管理人。昔はベストヒットUSAとか毎週のように見ていたのに。まあ現在の米国はいざしらず、英国のインディチャートでさえもぜんぜん分かんないですよねぇ・・・。そんな管理人を驚かす一本のニュースが飛び込んできました。あのDaft Punkがグラミーアワードで主要2部門をかっさらい、しかも他にも2つの部門で受賞したという。これだけでもにわかに信じられないですよ。だってダフトパンクですよ?おフランスのいかしたお兄ちゃん二人組の一般ピーポーにも届くキャッチーでポップでしゃれおつ感満載かつめっさかっこいいハウス~テクノクリエーターで管理人と一緒の松本零士さんフリークなあの二人がですよ?(最後はかなりどうでもいい情報) そんな二人にとってグラミーって完全に「あっち側」の世界かと思うのですが、とんでもない事をしでかしたもんだと。まぁ日本のテレビのCMなんかでもかかってしまう程、とんがってない普通の音楽家に成り下がってしまったのかと申しますと決してそんなことはございません。それの証拠がこれ。



自らの若い頃に夢中になったミュージシャンを召還し、そこであえて現代の最前線の音を作り上げ、しかもデジタルジェネレーションにとはきってもきれないRAMという言葉にダブルミーニングを施した「Random Access Memories」というタイトル。作品を一緒に作ったナイルロジャース、ポールジャクソンJr.、オマーハキム、ネイサンイーストといった70年代後半からのファンク、ソウル、AOR、フュージョン等のシーンを彩った凄腕のミュージシャン達プラス、なんとスティービーワンダーがドッキングしての「ゲットラッキー」のパフォーマンス@グラミーアワード。圧巻の一言につきます。ぜひご覧有れ。


流れとしてゲットラッキー→おしゃれフリーク(シック)→と続きスティービーのアナザースター演奏される最中に、ミックスというかマッシュアップというか言い方はなんでもいいのですけどダフトパンク自身の曲を挟み込んでの6分にもみたいなこのパフォーマンスは(アウェイ感満載の)米国最大規模の音楽賞での場所もそうなんでしょうが、米国という土地でやってやったこそに意義が有ると思います。ヒップホッポまみれの米国に警笛をならすといいますか。お前らが住んでるここにはかつて、こんな素晴らしい音楽が有ったんだぞって・・・、まぁそんなことは思ってないと思いますが。

そんな理屈抜き、説明抜きで楽しめるパフォーマンスなんでぜひ画面の前で客席のセレブ共々踊っちゃって下さい。いやー、結構最初の頃から知ってる身としてはとんでもない所までいっちゃったなーと感慨もひとしおといいますか、ただただ驚きましたよ・・・。

映し出される客席でポール、リンゴにヨーコさんまで踊ってるという(ヨーコさんはこの日はAlbum of The Year?のプレゼンテーターだった模様)、その光景が一番驚きただった管理人でございました。


Daft PunkのFacebook
(なんかオフィシャルHPっぽいとこは更新していない?模様)
https://ja-jp.facebook.com/daftpunk



Lou Reedの死去にあたり。 

最初にThe Velvet Undergroundの1st albumを聴いたのは高校生の頃。友人Kに借りたんだと記憶しています。文章などで多少情報は知っていて、取り上げるテーマがドラックだったり同性愛だったりとオーバーグランドでおおっぴらに語れないような事をサイケデリックな音にのせて歌う人達みたいな認識を持っていたと思います。いざバナナのジャケットのCDを聴いてみると・・・。冒頭のオルゴールの音にあれれ?みたいな。想像と違うぞって思った人は管理人だけじゃなくて、Up-Beatのボーカルの人だかギターの人も同じ様な印象を語っていたと思います(そんなに彼らに詳しくないですが、元々の名前はUp-Beat Undergroundだったみたいですよね)。


当時はRun Run RunとかI'm Waiting for The Manのようはヘビーめな曲の方が好みでしたが、今だとAll Tomorrow's PartyとかI'll Be Your Mirror、Venues in Fursだったりのほうが好きな気がします。ただこれは1stの話であり、2ndだとWhite Light/White HeatやSister Rayは相も変わらず今でも大好きです。その頃は3枚目って聴いた事が無くて、働き始めてからなのかなぁ・・・。


ケイルが方向性の違いで脱退してルー主導の元のアルバムで、前2作にあったようなケイルのバックグランドである現代音楽・前衛音楽的な楽器のアプローリが無くなり、アコーステック調な訳でして、これも初めて聴いたときはえぇーって感じでしたがまあ今となってはありなんだろうと。学生時代は特にルーよりもケイルの音楽性が好みで、そんなこんなでケイルがPro.したStoogesの1stなんかも買ってましたし。

ルーの良さをとても実感したのは、再結成したVUでI'll Be Your Mirrorをルーが歌っていたんですが、それ聴いてからかもです。ニコが嫌いって訳ではなく(どちらかというとかなり好き)、ルーのあの語るような歌い方で歌われるI'll Be Your Mirrorがとても好きでした。

VU以降のルーだと、TransformerとMetal Machine Musicくらいしか持ってなくて、あとウォーホールが亡くなった後にケイルとやったSong for Drellaを聴いた事があるくらい。そんな程度なんですが、彼の死はとても残念に思えて仕方有りません。惜しい人を亡くしたかと思っております。ソロはあんまりですが、VUのアルバムはかなり聴いてましたし、ボウイやイギーと親交が深かった人でしたし。生きていた頃から偉大さは重々承知してましたが・・・。ご冥福を御祈りします。

彼の中で一番セールスが高いと思われるTransdormerでありWalkin' on The Wild Sideって彼の経歴を顧みるとそこだけ突出して浮いてますよね。「Bowieが悪い」と言わざるを得ない管理人でございました・・・。ルーのグラム化っていうは絶対有りだとは思いますけど。


1993年10月28日、僕らはあの日を決して忘れない(W杯米国大会アジア地区最終予選)。 

もうかれこて20年も前の話になります。月日が経つのは早いものですね。ワールドカップ初出場を目指し、初の外国人監督となるハンス・オフト氏を招聘して臨んだワールドカップ予選。第一次リーグで、スリランカ、バングラデシュ、タイ、UAEを相手にグループリーグトップで通過し、いわずと知れたカタール・ドーハでの最終予選ラウンドへ。

当時のアジア予選はまだ「セントラル方式」と呼ばれる第三国に集まりリーグ戦を行う方法を採用していました(仏大会予選からアジアもホーム&アウェイに変更になります)。出場国のサウジアラビア、イラン、北朝鮮、韓国、イラク、日本でしたらドーハでの試合は圧倒的にサウジとイラン、そしてイラクが優位に立ってるのは間違えなかったかと。まあ当時のアジアのフットボールの地図は中東と韓国が列強でしたので、致し方ない部分もあったのでしょう。日本はまだ新興国の一角。アジアを制したばっかりでしたし、発言力も小さいものだったのかと。

ちょうどこの年って「J元年」で、選手のコンディションはそれほど良くなかったとこのNumber「ドーハの悲劇 20年目の真実。」に書かれています。選手達は今までとは全く違う環境でプレーして、気合いが入らない訳ないですからオーバーワーク的な部分もあったのでしょうか。ただそれを「選手として未熟」と言い切る事なんて誰が出来るでしょうか。あの熱狂の渦を少しなりとも経験した人間なら分かる話かと。


あと試合以前から言われていた「左サイドバックの都並さんのバックアッパー」問題。カリオカ・ラモスの進言があって三浦”やっさん”泰年選手が呼ばれてそこに入ったのは有名な話かと思いますが、元ジェフの江尻選手あたりも試されていたって書いてあってこれは記憶に無いんですよねぇ・・・。結局、ここの穴埋めが出来ずに戦犯として上げられる事の多い都並さんですが、自らも「ドーハの戦犯」だと思っているとインタビューに答えています。選手全員が私にとってドーハはという問いかけをされそれぞれが直筆で答えているのですが、都並さんの答えはこの20年間思い続けてきたあの都並不在の最終予選への欠落感を埋めてくれるものでした。

管理人は当時BSで観戦していまして、実況は寅さんこと山本浩アナ。そして解説は田中孝司さん。あの壮絶な数日間を山本アナの名著、「メキシコの青い空 実況席のサッカー20年」の中でも詳しく取り上げられています。試合も忘れていた部分を補完してくれますし、勿論当時の寅さんの名調子ものっています。


その頃、代表のスタッフとかまではまだ興味がわいてなかったと思うのですが、この本によりますとスカウティング担当はガンバ黄金時代を築いた西野朗さんと人間力・山本昌邦さんだったそーです。皆さんご存知のとおり、このあとお二人はそれぞれ、西野さんはアトランタ五輪代表監督になり、一方山本さんはアトランタ五輪コーチ→U-19監督(世代的には俊輔とか恒様、戸田やQBK等々)→シドニー五輪監督→02の日韓と時はコーチに。このお二人、というか特に山本さんはJFAから寵愛されてるって言われてましたが、山本さんは現場よりしゃべってるほうがいいと思うのでこれ以上呼ばないで下さい>JFAやJリーグクラブ関係者様。

当時の選手は今現在指導者として後身の育成だったり、スカウトだったり、そして伝える側だったりとしても「あの思いをさせてはいけない」という気持ちはあるのではないかと思います。見る側としてもしかり。その思いが今日の日本代表を形作ってきたのは間違えない事かと。ただ、あの思いがだんだん薄れてきているのも事実な気もします。あの魂をかけて闘った試合の記憶が。一般の人からすれば「日本がワールドカップに出るのは当たり前」なんて思ってる人のほうが多数なのかもしれませんが、管理人はそーは思っていません。現状のアジアの「4.5」枠が崩れれば、そして中東の政治的な混乱が鎮火すればこの先どーなるか。そう、かつてのライバル達は黙っていないかと。だからこそ、「ドーハの悲劇」といわれたあの戦いを思い出し、襟を正すべきなのではないでしょうか。そして14年の本大会を迎えて欲しいと願っています。

あの頃フリューゲルスに興味があったので大嶽選手は好きだったのですが、ギラヴァンツ北九州のコーチになっているのを知りちょっと嬉しくなってしまった管理人でございました。引退されてサンガのコーチなられてたのは知ってたと思いますが・・・。


SAMURAI BLUE サッカー日本代表
http://samuraiblue.jp/



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。