AX

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OK Computer関連を全て網羅したスペシャルエディション版。 

発売前は「まあOK CompulerもAirbagのシングルCD(再発盤ですけど)も持ってるし、買わなくていいか」と思っていた「OK Computer+アルバム未収録Single盤関連曲+PVとスタジオライブのDVD」の3枚組みボックスセットがアマゾンさんで価格ダウンしてるのを発見して・・・迷った挙句の果てにご購入('∇')

OK Computer
Radiohead
EMI Catalogue
発売日:2009-03-23

発売当初って4000円位の値はしていた気もしますが、どーだったか思い出せない。OKComputerという作品ついて語るっていうのは今更って気もしますので軽めに。普通のロックのフォーマット?的なものにのっとってやっていたUKのバンドが「化けた」一枚。アブストラクトっていう言葉をよく耳にするよーになった頃ではありますが、ここまでボーダーラインを飛び越えた音作りは驚きました。アルバム発売前に「Paranoid Android」がシングルカットになってPVを見て、「なんか次のは(いい意味で)やばそーだ」と思ったのは覚えています。リリース後、物凄い反響を巻き起こして「OK Computer以後」なんていう定義も出来るくらいまでに巨大な存在になってしまったこの作品。音自体もそーですがブックレットやジャケットのアートワークも凝っていて、Stanley Donwood(スタンリー・ドンウッド)が手がけた一連のRadiohead関連のものでは管理人的には一番好きだったりします。

で、今回の3枚組みなんですが、アルバムはいいとして2枚目のCDとDVD。リンクしている価格の安いやつはUK盤なのでDVDのフォーマットはPALになってますのでご注意を。ただリージョンコードは「0」なんでPCとかでDVDを閲覧可能だったりする方なら見れると思います。そーでない方は国内盤の方がよいかもしれません。内容的には10年ちょっと前のRadioheadのライブなんで、特に複雑な曲はやっぱり今の方がこなれてる感じはしますが、これはこれでいい感じ。ただこの映像自体はネットで探せば見つかると思います。っていうか管理人は見たことありました。Airbagのライブは。

CDの方は「Paranoid Android」、「Karma Police」、「No Surprises」のCDSingleのアルバム未収録曲が入っているのですが、一番冒頭に書いた「AirbagのCD Single」。これって去年?再発されるまで結構高価なシロモノだったんですが、実はこれUS向けの商品だったということを始めて知りました。だからUKのシングルのカップリング曲と被っていたのか。因みにこの「AirbagのCD Single」だけだとUKで発売された3枚のシングル全ての曲を網羅することは出来ないので、そこら辺に拘るかどーかっていうのが購入の一端になりそーです。まあファンの方だと全部シングル持ってても買っちゃうっていう人もいるとは思いますが・・・。

今回こーゆーブツを購入したんで、今まで持ってた国内盤の「OKComputer(解説がタナソウでその他に吉井くんとアニーというイエモンの二人が寄稿っていうのが意外)」とAirbagのCD。売ってもいいし誰かにあげてもいいかなということになりましたが、さてどーするか。ただAirbagのCDのアートワークはオリジナルだったりすんで、アルバムだけにしておく予感。そうそう、これを購入したおかげで同時に発売された「Pablo Honey」と「The Bends」のスペシャルエディション版もちょっと興味が沸いてきてたり・・・。まあ買うのは先になりそうですが。

先日行われたApple主催のWWDCのキーノート前に「15 Steps」がSEとして流れていたという記事にちょっとにんまりしてしまった管理人でございました。Appleの中の人は音楽好き多そうですもんねぇ。特にCEOのあの方はディラン大好きなんですよ。


DEAD AIR SPACE
http://www.radiohead.com/deadairspace/



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lifeonmars.blog.fc2.com/tb.php/438-1c4ab79e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。