AX

2012 第34回 足立の花火(動画有り)。 

東京の下町の花火大会と言えばそりゃー隅田川の花火大会が一番有名だと思いますが、台東区に住んでた人間がいうのもあれですけど兎に角人が多すぎる。さすがに地元民だけにそばまで行かなくともそれなりに見えるポイントは知っておりますが、それでもやっぱり大変だったりします。別に花火見るなんてそれくらい苦労するもんだろうってずーっと思ってたのですが、ある夏の日から一変しました。

それが荒川河川敷で行われる「足立の花火」。管理人が最初に実際に見たのはなんとランニング中。千住新橋を走りながら花火を見て、「おぉ、こんなそばで簡単に見れるのね」と。翌年は普通に見に行ったのですが、会場の土手まで行くのも容易く、しかも当然見やすい訳で。そんなこんなで数回見てたのですが、昨年の震災により開催自粛→国内自粛回避ムード→やっぱり秋に開催します、みたいな流れで昨年よりこの時期の開催となりました。来年はどーなるか分かりませんが。ただ秋口の開催になったため、付近のライバル大会とかち合う事も無く遠方から来られる方も増えるでは?なんて思ってたりします。

今年も無事に開催されまして、写真数点と動画をここに掲載したいと思います。



下の動画は当ブログの横のサイズの関係で小さくなっていますし右側が見切れてますが、YouTubeの元の動画はこれより少し大きめのものとなってますので、「大きい方で見たい」と思われる方はこちらのリンク先をご参照下さい。



これだけ間近の場所ですが、管理人が到着したのは始まって15分程経ってからという。但し、座って見たいとなりますと当然場所取り合戦に参加しないと無理ですが。ふらっといって、わぁーと驚いて、ふらっと帰るにはとてもいい花火大会だと思っております。また来年の開催が楽しみです。

今回の花火大会、真の主役が花火だとしたら、陰の主役は「まるえつ」さんこと「やくしまるえつこ」さん。なぜか?なんと、今回の足立区役所からの花火開催のお知らせの区内放送、ようはスピーカーから流れるあれですね。あれをまるえつさんが午前と午後二回行うという快挙をなしとげました。まるえつさんの声が全足立に鳴り響いた訳です・・・。「こちらは足立区役所です」って流れるのは知ってたのですが、知ってただけに驚いた管理人でございました。なぜにまるえつさんがこんな事を?と思われる方はこちらをご参照下さい。足立区主催のこんな行事にまるえつさんや大友良英さんやが参加しており、それでの起用だったと思われます。これが結構しかけてくるんですよ。とても興味深いものが多いです。