AX

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連鎖する「おうえん」と「ありがとう」(ドラゴンクエストX)。 

ドラゴンクエストX(以下ドラクエ10)で「おうえん」という象徴的なシステムがあります。そばに行って他のPCを応援することにより、応援されたPCは「テンションが上がる(これの重要性を理解していない人がまだ多いのかしら?)」、「獲得ゴールドが増える」「MPが増える」等々の恩恵を受けれます。これがとても素敵なんですよ。シンボルエンカウント方式のドラクエ10、レベル上げの際魔物達に向かって行くのですが場所によっては取り合いの場面も生まれる訳です。取った方はそのまま戦闘へ、一方取られた方はと言いますと・・・人によってはそのさっきまでライバルだったPCを応援して立ち去ったり。勿論、そんな事せずにさっさといなくなる人も多いですけど。ライバルに応援されたほうは「おぉ、ありがたい」と思い「ありがとう!」という感謝の気持ちを伝え、戦闘に入ります。

別にライバルじゃなくても通りすがりのPCに応援を受ける事は多々あり、「ありがとう!」というチャットが画面上に出るのは管理人自身のことでなくてもちょっと嬉しくなってしましますね。管理人の場合、応援をしてくれたPCに対して通りすがりの人じゃなくて狩場に来ている人だったらなるだけ応援返しをしたい派なんです。まあSNSでよくある足跡返しみたいなもんです。同じ敵を「気持ちよくお互い取り合いしましょうよ」的なエールの交換になってるんじゃないかと勝手に思っております。今だとこっちの意味の方が大きい気もしてたり。変な話、前述した「テンションアップ」等々の実質的な効果って現状のレベル上げだとそこまで効果的に感じなかったりするじゃないですか。なんでかと申しますと、モンスターのHPや防御力からPCの攻撃力がどの程度有れば確1・確2調整等の情報がほぼ網羅されており、特にソロで上げてる人達なんかは「応援によるテンションアップ」→「確定数の減少」っていうのが果たしてどれくらいあるのかなぁと。そーゆーのをあまり考慮していない人達にとってはまた違う話なんでしょうけど。

そんなある程度調整された攻撃力での狩場でのことなんで、「おうえん」とか別によかったりすんですけどやっぱりしてしまう訳でして。そして返ってくる個性的な「ありがとう!」が嬉しいと。そんな「おうえん」と「ありがとう」が連鎖する狩場は楽しいのですが、元気玉使用中だと管理人もそーでけどなかなか応援返しにいけないのが事実でして。本当に申し訳ないですよねぇ、こればっかりは。冒険者の広場の方に「元気玉使用中のアイコンの設置」なんていう素敵なアイデアを投稿されていた人がいらっしゃり、これはいいなぁと素直に思えました。それなら「あぁ、元気玉ならしょうがない」ってなるのではないでしょうか。

人気狩場での取り合いオンラインも「おうえん」して気持ちに余裕があるところを自分だけでなく他人にも見せられれば、ちょっとは心にゆとりも生まれるよーな気がしてます。本当はピンモー追っかけるのに必死なんですけどね!

今まで頂いたありがとうで一番印象に残っているのは「ありがとう!(谷村新司風)」と返答してくれたプクリポさんだった管理人でございました。ちびっ子達、そのネタ絶対分かりませんから・・・。管理人は思わずマネしてしまいましたが。


『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』
http://www.dqx.jp/




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。