AX

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コイルさんに注目再び!?(ポケモンBW2)。 

ポケモンBW2、皆さんはどこかまで進んだでしょうか?発売から早一ヶ月が経過し、「殿堂入りしたぞー」なんて方も多いかと思われます。管理人は今回はここでも述べている通り旧作からポケモンを連れてきて旅を続けるプレイというのを行いまして、ベルちゃんから頂いたミジュマルを早々にボックスに入れてしまい、今まで興味はあったが対戦等で使用してこなかったり厳選漏れでボックスで悲しい目にあっていたポケモン達を移送。しかも新たに育成組は努力値は無論、個体値も粘りました…意味あるかどーか分かりかねますが(ただ、全く意味がなかった訳でなくPWTは勿論、 黒の蜃気楼でも即戦力となってくれたのは大きかったです)。

そんなこんなで発売後にも育成をやっていたので、そーとー後手後手だったBW2。しかしながら一旦育成し終わってしまったポケモン達は他のROM産なので取得経験値は1.5倍、技構成も努力値振りもストーリー用とは一線を異なる仕様になったポケモン達なので、攻略は思いのほかスムーズに。そーゆー意味では下地があった分、今まで以上にBW2内での攻略時間は少なかった模様。たしか最初の殿堂入りは29時間ちょっとだったと記憶しております。それこそトレーナーと戦うだけでポケモン達のレベル上げは十分で、どっかの草むらに籠るなんてことは一切していなかったり。どちらかというとバッジ絡みの関係上、序盤でポケモン達のレベルが上がりすぎないように気を使っていた感じでした。

まぁ多くの方がそーでいらっしゃるように、殿堂入り後からが本当の旅の始まりと言いますか、ここからが勝負な訳でして…。取り敢えず手始めにホドモエシティの新名所である、ポケモンワールドトーナメント(PWT)へ参上。地方リーグのリーダー戦はまあいいのですが、「ミックスバトル」という超鬼畜ルールが登場していて、数回やってこれは辞めました。他人のポケモンはあれ程分からないと何回言えば。しかもうちのエースアタッカーのフライゴンを悉く選択されて切れる管理人。これで頭にきてポケウッドで映画撮影が快調にこの後進むのですけどね。

PWTはその後、今回手始めに物理受け+秘伝移動用に連れてきたマルチスケイルカイリューを一新、対シロナさんガブリアスに特化した「ドラクロ・しんそく・りゅうまい・はねやすめ」という技構成のようきな子(Sはりゅうまい一回でボーマンダ抜き調整にしましたが、威嚇されて交代が殆どな気がしてきた)が、まあ活躍してくれまして。マルチスケイルってここまで使えるのかと唖然としました。特にNPC相手なんでそこも大きそう。管理人、第五世代でランダムやらフレンドバトルを一回も行った事が無いので話には聞いてましたけど、ここまでカイリューが強化されたとは。対ドラゴンのタイマン性能はピカイチなんですかねぇ。そこに育成だけしておいた、おにびと威嚇でこうげきをズタズタにしておいてあさのひざしで回復しちゃうウインディと、これまた第五世代で調整の入った特性「よびみず」でなみのりドロポンたきのぼりだくりゅうホイホイのトリトドンと組ませますと、かなりの勝利数となりまして現在は通算50勝以上となりました。通算勝利数で決勝戦の呼び込みの台詞が変わるんですけど、50戦以上のやつはカッコイイですよー。

BPも400ポイント以上溜まったのですが、今回は電車殆ど乗ってません。というか、あれをBP稼ぎに使うのは多分勿体無いです。PWTのワールドリーダーズとかチャンピオンズは対戦相手が使うポケモンや手持ちの後続達を比較的用意に想像出来ますし、リーダーズに至ってはタイプ統一パーティなんでぶっちゃけかなり弱いです。特に弱点ついていければ。管理人はワールドリーダーズの彼らよりも地下鉄に普通に乗ってるトレーナーの方が脅威だったりします。やっぱり後続が分からない、想像出来ないのは嫌なものですね。PWTで通算50勝した後、「もうトレインなんて楽勝でしょ」みたいな感覚でスーパーシングルに挑戦したら僅か連勝記録2でストップとか笑うに笑えません。そのときは確か、3:1の状況からじしんかじょうワルビアルに3タテくらうという…(涙) 以前からトレインやタワーのような「見せ合いなしのシングル3:3」というレギュレーション、管理人は「交通事故のようなもの」と思っていまして、どっちが勝っても突然降ってわいた運以外の要素が大きいかと。ポケモンバトルって見せ合いがあるからこそ、トレーナーの読みや予想や閃きや戦略的ブラフがそこに入って面白んじゃないでしょうかと、世界大会ルールを軽くdisってみましたがあまり気にしないで下さい。あの大会はポケモンバトルの大切な部分を見失っているのではないでしょうか。

殿堂入りしてもWikiのような攻略ページは覗いていなかったのですが、どーも今作はカムラ・ヤタピが復活しているなんていうのを風の噂に聞きつけまして、それを調べていたら思いがけない発見が。なんですが、「自然保護区」っていうのは。イッシュ図鑑完成後ってあれですか?コピペな風神様とか雷神様もいるってことかぁー>< 毎度基本的に伝説とか幻の方々は放置主義なので、SSでは今でも努力値振ってると時々ライコウが出てきて驚きます。仕方ないのでホワイトでその辺を捕獲する事にしつつ、なんとかあとは伝説以外のポケモンは全部登録というところまで終えました。

で、肝心の53番以降のいくつかの木の実ですが、入手元はジョインアベニューらしい。そして多くの人に訪問してもらう事によりお店のランクを上げる事が必須の模様。今まですれ違った人が遊びにきてるのは知ってたので、リアルポケセンでも行くかなぁなんて思案していたところ、あれってGTSでトレードした方もお出でになってくれるみたいで、早速そっちから取りかかる事にしました。

そこで数日前に「???」だった事の理由が多分これなんだろうなぁと分かりましたよ。それが、偶然見たGTSのトレードされたポケモンのランキング。これは本日とったSSなんですけど、私が数日前に見たときも、「またもや何かの祭り発覚なのか!」なんて思いましたよ。だってコイルさんが一位なんですもの。

コイルさんが1位の件

まぁこれっていうのは今回かなり序盤で捕獲可能で捕獲率もきっと低め?に設定されてて(クイック一発でいけますよね)、前回の祭りのこともきっと影響してかジョインアベニューに人を大勢呼びたい人達がコイル to コイルの交換設定にしているんでしょう。っていうか、しているからこそのランク1位なんでしょうね。まさかあの騒動がこんなとこにも影響を与えるとは…。コイル△!と賞賛してみます。

そんなコイルさんのトレード大会に管理人も参加しまして、僅か1~2日ちょっとでヤタピの実を購入することが出来ましたー、ぱちぱちぱち。アベニューのほうのランクは確か10程度で他はジムも5位までにはなっていたと思われます。で、現在はカムラの実を販売するはずのお店を育成中でございまして、こっちのほうが楽しみだったりします。かといって、カムラ・ヤタピ・チイラを戦術に取り込んでいたのっていったい何時の事だったかと…(遠い目) ヤタビはサンダースに持たせた事もあったんですけど、イバンが無い今だとカムラが面白いんですかねぇ。サンダースに持たすっていう意味じゃなくて、ポケモン全体的にってことです>カムラの件。

カムラも順調にけばそのうち手に入ると思われますが、もしこれを読んだ方で当方のヤタピの実(カムラが入手出来ていたらカムラでも 追伸 カムラもおkです)と、チイラの実をお持ちの方でWi-Fiで交換してもいいという方、いらっしゃいましたらコメント欄に記載して頂けますとありがたいです。こちらはパールの図鑑が揃ってますので卵から孵るポケモンならば、木の実を持たせるポケモンを指定してもらってもご要望に答えられるかと思われます(伝説・幻等は出す気はありません)。質問等もお気軽に書いて頂いて結構です。宜しくお願いします。

バトレボにあった「レンタルバトル」やフロンティアにあった「バトルファクトリー」のような他人が育てたポケモンをうまく使えたためしがない管理人でございました。ネジキさんなんて会える気がしないですよ。


『ポケットモンスターブラック2・ホワイト2』公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/b2w2/




スポンサーサイト

レベル上げって手伝うものなの?(ドラゴンクエストXのβテスト終了にあたり)。 

ドラゴンクエスト10のテスターに当選してプレイしている件はこちらでエントリーしておりましたが、βテストの期間が先頃終了致しまして、あとは製品版の発売を待つのみとなりました。いやー、これほどまでにキャッキャウフフするとは思いもよらなかったです。


ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン(通常版)
スクウェア・エニックス (2012-08-02)
売り上げランキング: 51

ここからいろいろ雑多な感想を書いていきたいと思います。あくまで主観なので悪しからず。まずプレイしてパーティメンバーに聞いたり公式フォーラムを覗いて思ったのが、「MMORPGが初めて」っていう方もかなり多数見受けられた事。コンシューマー機初のMMOと言われたFF11から早10年。その間、プラットホームも進化しHDD搭載前提のようなマシンも増えてきましたが、それでもネットゲーム、特にMMOと呼ばれるたぐいの敷居は高いのか?それとも人にそれほど訴えるタイトルが無かったのか…。FF11スタート時は「ネットゲームやってみたーい」って人が飛びついた訳ですよ。オンゲーっていうのを体感したいと。しかしながらドラクエ10のβユーザーの中には「ドラクエだから仕方なくオンゲーをやってみる」っていう層が少なからずいるっぽい。このドラクエだから無理矢理オンゲー層の声をマジョリティだと思ってチューンしていくとかなりトンデモナイ方向にいきそうで怖かったり。まぁ、開発さんもその辺はご理解してると思いますが。あの頃、「FFだから無理矢理オンゲー」っていう人達はいらっしゃったのかしら。敷居はまだまだ高かったし、そこまでしてっていう人達が多かったのではと推測しますけど。友人の一人はそれまでのFFのナンバリング作品は全てやってたけど、11は未プレイって人もいましたし。

プレイに関していいますとシステム上、今現在この場所にどんな職業の人がどれくらいいて、レベルいくつの人が何人でみたいな情報をサーバーから取得する方法がなかったので( 所謂プレーヤーをサーチする機能)、まあPTを組むのもすったもんだが…。サーチ機能も製品版はあるとかないとかって噂もありますが、果たしてどーなるのか。兎に角言えることは、受動的な人が多いっていうか、FF11のあの雰囲気を知ってる者としては驚く事多数。まず「レベルxxの(職業名)です。PTに入れて下さい」みたいな事を連呼している人が信じられないくらい多かった。サーチ機能がないからしょうがないってレベルじゃなくて、そーゆー人達はサーチがあったって、自分からPT作ったりしなさそうな気がしてなりません。FF11の私がいた(っていうか今でもいると思っている)Odinサーバーなんかの日本人プレーヤー達の多くは、目的別のPTを作りたい人が/shして、それを聞いた人達がその主に/tellを送るっていうのが普通だと思います。海外勢の中には「俺はこのレベルでこのジョブだから、欲しい人誘ってくれ」みたいに自己主張する人もいましたけど、日本人でそんな事やってる人はほんと稀だったかと。伝える手段にドラクエ10は/tellに相当するものがないのも困るのですが(フレンド登録同士だと、二人でチャットは出来ますが未登録だとそれが不可能)、まあ入れてくれ/sayみたいなのでログが埋まる埋まる。ログの件は場所を移動すれば別にいいのですけど、日本人特有の受動的文化がこんな形で見受けられるとはと思いました。狩り場情報がそろっていない、MMOが初だったりすると、なかなかリーダーをしてってことにならないって感じなんでしょうか。管理人なんかは、取り敢えずレベルなんとなくあわせて何処へ行くかは相談すればいいんじゃない?派はなんで本当に驚いてました…。

あともう一つ驚いた事がありまして、それが「レベル上げを手伝って下さい」というもの。最初聞いたときに、「はぁ???」って感じでした。レベル上げって手伝うものなのかと。レベルが10にもみたないプレーヤーが高レベルの人と組んで経験値を稼ぎたい。内容はどーもそんな感じののよーです。ドラクエ10はFF11のようにプレーヤーのレベルに応じて同じモンスターを倒しても得る取得経験値の変動がとても少なく設定されています。例えばFF11でレベル30のプレーヤーとレベル10のプレーヤーがPTを組んで、30のプレーヤーがexpが100入る敵だとすると、10のプレーヤーは限りなく0に近い感じの経験値しか取得できませんが(0かもしれません)、ドラクエ10は敵がくれる経験値の絶対値がある程度決まっていて、ex.グレムリンは91でしたっけ?30のプレーヤーは91、10のプレーヤーにもそれなりに入るよーです(実際やった事がないのでこの辺は曖昧で申し訳ありません)。

レベル上げってメンバーそれぞれがリスクを負って一緒に経験値を得るから楽しいものだって感覚があったのですが、ただ単にレベルを上げたいって人もいらっしゃるのは分かりますけど、それを自分は楽して他人に強要するのは凄いなぁと。確かにFF11にもそーゆープレーヤーはいたと思いますし、管理人もやりたくもないサポ上げとかあったのは事実です。クマスタンの為だけに暗黒あげるとか。ただそれだからっていって、友人でも知り合いでもない人達に向かって「レベル上げ手伝って」っていうのは傍若無人なんじゃないかと思う管理人はオールドタイプなんでしょうか…。きっとそーなんでしょうねぇ。

こちらもサーチ機能のがない現状に付随してくる話の一つなのかもしれませんが、それが「無言誘い」。いきなりPTに誘われる事への嫌悪感を早くも表している人もいらっしゃるようですが、管理人的にはなんとも思っていませんし、これがドラクエ10の文化なのかなーと感じていたりも。いいかわるいか別として。だってその人のみに聞こえるチャットチャンネルは無いは、サーチ機能は無いはっていう現状考えるとそれくらい仕方が無い気がしてなりません。但しこれは無言で誘ってくるならPT入ってレベル差等々の件で気に入らなければ無言で抜けても構わないんじゃ?っていう条件付き。まあお互い様ってやつですね。フェイズ2.0の頃は誘ってくる人のレベルさえも直ぐに分からない状態だったと記憶していますが、3.0以降?辺りから誘ってきた人のレベルや職業が表示されるようになったので、無言抜けすることも少なくなった気がしています。まあ何にせよサーチ機能プリーズってことでしょうか。

dq003.jpg dq004.jpg
http://sqex.to/dqp http://sqex.to/cau

来月の2日に発売が迫っている訳ですが、β未体験者は色々とまどうことでしょう。それもネットゲームの一部として楽しんでもらえばいいのでしょうが、果たしてどーなるか。分かんない事を分からないままにしないで、その辺にいる人達にワカンナーイって聞いてみるのをお勧めします。同じ疑問を持つプレーヤー同士であーだこーだ言うのはとても楽しいものなので。

ゲーム導入部をオフラインにするあたり、リトライオンライン対策ばっちりでちょっと驚いた管理人でございました。決してそれだけの為ではないのでしょうけど、数時間でもギャップが出来ればかなりの対策になりそーですしね…。


ドラクエ10のβテストに参加してみて(ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン)。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-539.html


『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』
http://www.dqx.jp/



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。