手軽な写真SNS、Instagramをオススメしてみる(但し現在はiOS限定)。 

今回は写真のお話です。写真自体は親の影響もありお下がりの銀塩カメラ(オリンパス OM-2)も持ってましたし、(飲み会で大活躍するも1枚のコストパフォーマンスにかなり泣いていた)インスタントカメラやデジカメ(これまたほぼお下がり)も所有もしておりました。当然根っからのマックユーザーなんで「QuickTake 150」なんていうのも持ってましたよ♪。そんな感じでも一番今まで撮影した機種っていうと、間違えなくついこの間まで使ってたペンギン携帯のW51CAというなんとも悲しい結果に・・・。まあ作品どーだこーだっていうよりは、メモ感覚で撮った記録とブログ用の画像が殆どではありますが。

こんな管理人でも写真を撮るのは大好きで、手軽にパチパチ出来るからこそ携帯で撮影していたのですが、iPhone4Sに機種変更したことによりもっと写真撮影が楽しくなる予感が(実際かなりはまってます)。それがiPhone 4Sのカメラの実力+「Instagram」というアプリ。まずiPhone 4Sのカメラなんですが、ここにある通り「ものすごく・・・おおきいメガピクセルです(若干管理人の編集あり)」で、ちょっとしたスナップ用のデジカメよりもいいんですかね?性能的には。そこまでよくないにしても、手軽にfull HD画像とかかなり○。そんなカメラとこちらも手軽に撮影者のクリエイティビティをちょっとくすぐる(←ここ非常に重要)アプリがInstagram。世の中的には「写真版のtwitter」なんて呼ばれているサービスなのですが、撮るのも・いじるのも・見るのも楽しい。

まず目を引くのが、写真のフォーマットがスクエアってとこ。要はインスタントカメラと同じ正方形。Instagram的な意味でいっぱい並べて表示するのに便利っていうのもあるのでしょうが、ポラロイドカメラ時代から1:1の600フィルムの正方形のフォーマットは好きだった管理人にはかなりGoodな仕様。標準搭載のカメラアプリやサード製のカメラアプリで撮影した写真でも、カメラロールに保存されているものはあとからInstagramに読み込むことにより、正方形に切り取ることは簡単に出来ます。そして特筆すべきはやっぱりフィルター。選ぶことによりある種のエフェクトを画像にかけることができるのですが、これが面白い。Lomo風だったり特定のフィルムをシミュレートしたものだったり、フィルムの経年劣化の退色をかもし出したり・・・(フィルターのサンプルはこちらからどうぞ)。これ選んでいるだけでもかなり遊べますし、そこにフレームをつけたりすることも可能。とりとめも無い普通の風景写真が、あらま!フィルター+フレームちょっとおしゃれ感が漂ったりしちゃいます。(参考までにブログの右端に管理人がInstagramにアップした写真が2x3枚を表示させるプラグインが張ってあります(ずーっと下の方にスクロールしてみて下さい)。そして ここに管理人がアップした写真がPCからでも閲覧できるようになってます。但し一部の写真はInstagram以外のアプリを用いて処理しているものもございますのをご了承ください)

勘の鋭い方ならお分かりかとも思いますが、twitterのようにハッシュタグを用いることによりそのタグが付いた写真のみを閲覧するなんてことも可能。それで同じようなジャンルが好きなユーザーにアピールするなんて使い方もいかがでしょうか。ただiOSにあるInstagramの写真閲覧アプリの中には日本語のハッシュタグに未対応のものもあるのでそこは注意が必要かと。Instagram自体はもちろん大丈夫です。「#ねこ」とか「#kitty」は分かりますけど、#ねこ部ってなんなんだと・・・、ぜひとも入部したいですノシ。

で、twitterのようにユーザーをフォローすると自らの「フィード」欄にフォローしたユーザーの更新具合が読み込まれていくと。まあtwitterでいうとこのTLですね、これは。アップされた写真には「いいね」ボタンとコメント欄があるので、気に入った写真には反応をしてみるといいと思います。反応された方は本当に嬉しいものなんですよ。画像なので言葉が理解出来なくても海外のユーザーと気軽にコミュニケイトできるツールとしてもいい立ち居地なのではないかと思ってます。

手軽に簡単に色々遊べて写真がちょっとかっこよくなる、Instagram。iOSユーザーならぜひともダウンロードしてはいかがでしょうか。無料でこれだけ遊べるのは良いかと思いまーす。尚、管理人のInstagramのアカウントは「shigekix0806」になりまして、掲載している写真を気に入ってもらいましたフォローしていただけると幸いです。只今、フォロー人数が一ケタ台なので必ずフォロー返しさせて頂きます!やっぱり大勢の方に撮った写真を見てもらいたいっていうのはだれしもあるのではないでしょうか、多分。

下のアイコンはクリックしますとiTunes Storeが開きます。

Instagram
これにはまりだして、フィルター系のカメラアプリを色々落とす羽目になった管理人でございました。でもそこまでやらなくてもぜんぜんいけちゃえるのが、Instagramのいいところでアプリ単体だけでかなーりいじれますので、ぜひとも試してみる価値はあると思いますよ。


Instagram(アカウント取得等に使うページで説明は一切ないので注意)
http://instagr.am/



預けっぱなし?MORPG?「幻獣物語」。 

iPhone 4Sを購入して、結構すぐに遊びだしたゲームを今回は紹介したいと思います。それが「幻獣物語」。

大雑把にいうとRPGには間違えないのですが、その先をどージャンル分けするか非常に悩む作品。他人と協力して討伐なんてことも可能で、決して大規模で集まってってことでもないので多分MORPG?といって差し支えないのかなぁと。しかしながら一般的な解釈のMOってことでもないんですよねぇ。なのでそこに当てはめるのも若干悩みますが。ただし管理人のように集まって討伐とかしなくてもレベルは上がるので、完全ソロも可能・・・。

やることは「幻獣」といわれるモンスターを育成する。方法はダンジョンへ挑戦させるか(ソロ) or 幻獣の討伐(一人から四人まで)。このように幻獣のオーナーは「どこどこへ行け」と指示するだけであとは勝手に幻獣がやってくれます。例えばリアルタイムでフリックしたりスワイプをするとか、ここで戦え→魔法みたいなコマンド選択すらありません。よーは指示して帰ってくるのを待つだけ。もの凄く簡単です。ここで疑問を持たれると思うんですよ、「そんなので面白いのか?」と。殆どレベル上げに干渉しないのですから。なんですけど面白いんですよこれが不思議と。

兎に角手軽に出来るのが一番。深く追求すればまた違うのかもしれませんが、あんまり考えなしでやってもそれなりに育つよーです。例えば「ダンジョンへ挑戦」させると、何分後に帰ってくるか表示されます。なのでその時間をiPhoneでタイマーセットしておけばいいですし。あと幻獣達は特定のアイテムで色々と変化していきます。ようはポ○モンで言うとこの進化ですね。この楽しみも大きいかと。そしてその絵がとても魅力的なんです。

まず最初になんでこのゲームを選んだかっていうと、グラフィックなんですよね。出てくる幻獣が可愛いんですよ。ここを見て頂ければ一目瞭然かと。割と絵からこのゲームに入った人も多いようです。魅力的な絵を描かれているのが、「化け猫屋」さんという方で全ての絵を担当されている模様。特に管理人が気に入ったのが、九尾狐(きゅうり)という幻獣。上のリンクの一番左の画像の左上の狐の様な幻獣です。「・・・、ふつくしい」。管理人が愛するポケモン・キュウコンに似ておりますので、すぐにお気に入りになりました。

あとこのゲーム、実は最近スタートしたばかりでして(2011年の10月)、様々な要素が随時追加中というのも楽しみの一つですね。幻獣自体も絶賛追加中。今度システムも色々変化がありそーな予感。そしてかなりの頻度でイベントが開催されるのも驚きますが、○な感じ。管理人、ある日本の大きな会社のシリーズRPGで突然オンラインゲームになったものをやっているんですが、当時運営サイドは「月に一度はイベントを」みたいなことを言っていたのですが、スタートから3ヶ月だか4ヶ月程度でくらいでその発言が破られてユーザーはポカーンですよ。なので余計に驚いています。14作り直したとか言ってるけど大丈夫なのかなぁ、と他人事ながら心配してしまいます。

まったりやるにはかなりオススメ出来るのではないでしょうか。気が付いた時にダンジョンやら討伐に行かせて放っておけばおkな訳ですから。アプリ自体も無料なのでお試し気分でダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

ゲーム内で使用する通貨にショップでアイテムの売買や市場で購入する際は「gm」という単価なのですが、この他にゲーム内課金用の通貨(Gpt)があるのですが、こっちがなくても支障がないレベルなのは非常にいいのかなぁと思っています。ちょっと便利なアイテムが買えるって感じでしょうか。ゲーム内課金ゲームをやったことがないのですけども。ただ、最初に登録する際にプレイ中のユーザーの紹介IDを登録してスタートするとこの課金通貨が、新規の方に1000Gpt、紹介IDのユーザーに500Gptプレゼントされます。もしよろしければ登録時に、

1009d78084f

を入れて頂きますと幸いでございます。宜しくお願いします。

ここまで文章を書いてみて、果たしてこのゲームの面白さが伝わっているか甚だ疑問な管理人でございました・・・。なんでこのゲームが面白いのか伝えるのが非常に難しい気がしております。文章力の無さも多分にあるのでしょうが。無料なのでぜひやって頂きたいタイトルではあります。


初転生なう、幻獣物語(その2)。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-534.html


幻獣物語 公式ブログ(最新情報はこちらから)
http://ameblo.jp/genmono/


幻獣物語wiki
http://genmono.wiki.fc2.com/