スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーフソロdeアビセアNM巡り番外編。 

番外編と銘打ってますが、前回と前々回と併用気味にやっておりました。記事的に分けた方がいいのかなぁといーことで、こーしております。まず紹介したいのが、アビセアタロンギのアビセアンNM。

三日月形の無色のジェイド郡ソロ討伐はいいとしても、第二郡も可能ということで紹介したいと思います。 第二郡の変色系の 「Yearner」。 もう思い出したくもない?という人も少なからずいるであろうプロミヴォンメアのBFの敵と一緒のクレイヴァー族。回転木馬とインペールメント、きぃいいいってまあいいです。この子なんですが、通常攻撃が一切なく、近づいてくると回転木馬となんかもう一個?WSをつかったよーな気もしましたがどーだったか・・・。最後の最後付近でインペールメントも使用。行動パターンはこんな感じなんで回転木馬のログが見えたら離れてすかしつつ遠隔攻撃。近づいて近接して、またログが見えたら離れてのよーなヒットアンドアウェイ方式で戦いました。もしインペールメント着弾しても落ち着いてテンポラリ使えば問題ないかと。実際くらったんですけどね・・・。無事に勝利し、ドロップはグリップのみだったのですが、一発で変色から緑色のジェイドに変化してくれたのが一番でした。第三郡のUsurperはさすがにソロでやる気にならず、友人達にIratham討伐と兼ねてお願いしまして、目的であったオセロットトラウザゲット♪。予想以上にグラへの反応が多くて('~')

アビセアラテーヌに「Chasmic Hornet」という蜂族のNMがおりまして、この子が「錬磨のジェイド」を落とすとゆーのでエリア解放後に数人でいったのですが、返り討ちあってから早数ヶ月。ソロでリベンジして参りました。結果的にはかなり回避できまして、無事に討伐。「フレンジーポレン」がきても別にそのまま殴っておりました。残念ながらジェイドは無しでカズミックニードル等々のドロップでございました。もう一匹時間ポップのカヒライス族のIrrlichtにもアタックを。どちらかと言いますと、レイダーベルトよりも青のレベルが上がってきたんでシンビオスグローブ目当てで(しかしながら取ってから気づいたSTR-)。 魔法、しかもシーフソロの天敵ともいえる 「ガ系魔法」が来るとのことで、ラテに突入前に入り口前にあるFoVの本でプロシェルをつけていざ挑戦。 スリプガとかはまあ寝るだけなんであれですが、睡眠中にディスペガが着弾でシェル外れるという悲しい結果に。そんな事件があっても蝉貫通のコープスブレスというブレス攻撃をくらってもまあ特に問題はなかったです。

アビセアブンカールの時間ポップのインプ族Div-e Sepidとスパイダー族のIktomi。両者にいえるのがそんなに強くないですが、 ポップ場所が場所な為釣りが難しいってくらいでしょうか。その問題さえクリアできればどーってことない強さかと。Iktomiのほうはアンプルグローブをゲット。いい着替え装備ではないでしょうか。

アビセアミザレオのトリガーポップのアプカル族のFunereal Apkallu。実はこれは手強いというかメンドイのですよ。理由:モンクタイプなんで手数が多い為、蝉前提での討伐は骨が折れるんですよねぇ。やられるってことはないですが、随時被弾状態になってもおかしくないかと。そーゆーの考慮しますと同じミザレオで時間ポップする管理人のいるワールドでは常時?取り合いオンラインなんじゃとも思えるSobekのトリガーを持つ「Gukumatz」さんなんかよりも個人的にはやり難いと感じてます。グクマッツさんは討伐自体はソロでもたいしたことないんですが、まあ前述したとおりポップ即釣り状態でありまして出会うこともままならない。リガージテーション→グリムグラワーのコンボはグリムグラワー時に後ろ向いて蝉張替えしておけばおk。これでのりきれます。

青が90レベルに先日達しまして、これまた型紙が欲しいなと。そこで頭の型紙をドロップするアビセアアットワのエフト族のWhiroに挑戦。 注意する点はNM以外と通常モンスターが見分つかない、つきにくい(T-T) 以前突っ込んで戦闘不能になったことが・・・。強さ自体は特に記載することもない感じでした・・・ですがこのNM、時間ポップ系にしては人気ありなんですかね?結構人がいて驚きました。そしてヒードリングぽぴぃということでトリガーポップのサソリ族、Kampeに。NMのWS時の行動パターンをしっかり把握してればいけちゃうと思います。 2回しかやりませんでしが両方とも討伐出来ました。あと実は討伐してドロップ品が出た後に競売価格を見て驚いたのがキラーショートボウというもの。管理人の所属しているワールドはなんと15万ギルもしてました。どっかで存在を知って、 これを取りに行ってみようということで、トリガーポップのドラゴン族「Rahu」へ。 ソロでも可能ということだったので行ってみましたが、その通りでございました。キラー効果付きなんですけど、 こーゆー装備大好きだったりします。

そして手が届きそーで、なかなか届かなかったNMが「Warbler」という時間ポップのナット族。まぁ、 この子に勝てませんでした・・・ 。最初臨んだ時は、あっけなく敗退。最初というかそれから数回目までですか。その頃の装備はレベルが90に達していなかった踊り子で使いたかった関係で回避キーラを+2までになっていない。しかも2本目に着手もしていませんでした。その後一回偶然勝てたときがあったのですが、連勝することはならず。しかし回避キーラ+2x2完成&オセロットトラウザ入手後は4~5回挑戦して勝率8割に。あと戦術的にもまずNMを釣ってTPがたまったらエヴィを撃って、遠隔装備を着替えてフェイントからーのーパラリシスアロー着弾で麻痺にしてからの戦闘にしたのもキラーン(☆∀☆)な感じですね(話し前後になりますが、パラリシスアローの使い勝手を知って、 キラーショートボウに辿り着いた訳でございます)。因みにフェイントがないと弓は当たらなそーなんで、 釣り時はレイダーブーメランとか普通にクロスボウでやってます。あと気をつけるべき点はシミサインディスチャージがきたらまず「ぬすむ」で相手のヘイストをカットして、その次はテンポラリなりで自らにかかったスロウを消すっていうも大事だと思います。頭がHQ2になってヘイストの装備枠上限ほぼ達成、3つ目のアートマも極彩から無常になりましたが、最大の理由は回避が当初より30以上上昇したことが安定する理由になったよーです。目に見えて勝率が上がっているんで、これは気持ちいいですね。回避キーラ万歳ヽ(´ー`)ノ パラリシスアロー万歳ヽ(´ー`)ノ まぁ負ける時は負けるんですがね・・・。

他にもシーフで意外とやれちゃうNMとかいたりするんですが、その辺は皆さんで是非探してみて下さい。管理人もノーマークなやつとかいそーなんで、今後も挑戦したいと思っています。

青の頭の型紙を落とすNM達。前述したWhiroは何かと人がいるんで他のはと思ったら、骨orマンドラとな。両方ともPTですがやったことがありまして、これシーフでソロはちょっと・・・な感じで困っている管理人でございました。骨は青ソロ報告もあるよーですが、ドロップ渋いと泣けるんでねぇ。


シーフソロdeアビセアNM巡り@死闘・覇者編。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-513.html


月のジェイド3つ目記念、シーフソロdeアビセアNM巡り@ラテ編。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-511.html


シーフソロdeアビセアNM巡り@コンシュ編
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-512.html


ファイナルファンタジーXI 公式サイト
http://www.playonline.com/ff11/index.shtml




スポンサーサイト

シーフソロdeアビセアNM巡り@死闘・覇者編。 

禁断エリアに別れを告げて、今度は死闘編と覇者編のエリアに。まずやってみたのがアビセア-アルテパのトリガーポップNM、コカトリスのChickcharney。コカトリスなんでサウンドバキュームがある訳ですが、それを失念しておりまして、やまびこ薬持参せずに初対決。で、サウンドバキュームなんですが、ステータスが「静寂」じゃなくて「沈黙」な為、やまびこ薬で直らないのを知ったのは第二戦目・・・。沈黙になっても、邪視になっても要は「当たらなければどうということはない」訳でして、じっと我慢の子で避け続けて見事勝利。20分程度の戦いだったでしょうか。赤とシーフの篭手の型紙ドロップというおまけ付き。やまびこ薬持ってきて、バキュームがきて薬使って直らずに???だった2戦目も勝利。それなりに安定するのかなぁと思いきや、蝉がない状態で石化してしまった時にあえなく戦闘不能に。確実性はそれなりってとこでしょうか。

同じアルテパの「獅子なる証」クエの対象にもなってる、プーク族のNM、Waugyl。これも2戦したのですが、HP依存のHP回復技であるホワイトウィンドがどこでくるかってとこでしょうか。序盤にこなければなんともないレベル。ジェイドもとって、2戦で戦利品の両方ともゲット。

続いてアビセア-ウルガラン。メインクエのトリガーをもっている、ダイアマイト族のAwahondo。これが最初勝てなかったんですよ。3戦くらいやられたんですが、4戦目?くらいでやっとこ勝利。その後に「極彩のアートマ」をゲットしてから望むと多少安定的に。そっからは負け知らずとなりました。最近は「無常のアートマ」にしてますが、さらに安定しているよーに思っています。ただこのNMの装備品ドロップはしぶそーですね。ソロなんで青弱点つけることが稀ではありますが・・・。

で、踊り子の型紙がほしくなったので、型紙をドロップするNMに挑戦することに。まずはアットワの屍犬族のGieremund。基本的に絶賛放置中のことが多いこのわんちゃん。ハウリングという麻痺技があるのでそこだけ注意ってとこでしょうか。他のWS技はミスってくれたりもしてくれてました。多分10回程度やって負けたのは1回のみ。理由はやっぱり麻痺。麻痺はほんとソロの敵でございます。

頭の型紙が揃ったんで今度はミザレオへ。まずはドミニオンをやってる人と落とした料理書クエをやってる人にはお馴染み?なスパイダー族のAthamas。ミザレオの蜘蛛は実はノンアクで???探すの際にどんどんいけるんですけど、その中にNMが混ざっていると危険。こっちはアクティブなんで襲われます。このNMの注意点はNMを釣ると、周りの雑魚もリンクする可能性があること。管理人はNM+雑魚2体という状況もあったりしました・・・。まあライバルいたんで兎に角釣るかと。意外に狙ってる方がいて驚き。引き寄せがきてスパイダーウェブとかアドルが一緒にくるんで、まとめてカトリコンで直しちゃえば万事解決かと。そこくらいでしょうか、注意点は。これが多分10分くらいの時間ポップなんで、トリガー取りつつポップするまで死鳥族のManohraに。こっちのほうが弱いですねぇ。それこそ被弾0ダメージとかでいけちゃいます。ただこれもNMと周りの雑魚がリンクするので注意が必要。

もう一体踊り子の脚の型紙を落とすNMが、これまたトリガーポップのウサギ族のNpfundlwa。特殊技の「土煙」が蝉貫通でして、多少気をつける感はりますがソロに慣れている人ならどーってことないレベルかと。これも討伐可能でした。

それでミザレオのやりたいNMから型紙はなんとなくゲット出来ちゃったんで、こんどは挑戦編。まずソロでの討伐報告もあるにはあるのですが、 PTで戦った際に「これってほんとソロ可能?」な気持ちでいっぱいだったフライ族のFlame Skimmer。結果から申しますと「討伐」。ソロなので、与TPが少ないっていうのもあってか通常攻撃を避けつつカースドスフィアのダメージをアートマのリジェネ効果で回復するみたいな基本的な戦術で倒せました。ただ物凄くあちらの回避も高いですし、TAもあるので内部的にはシーフなんでしょうねぇ。NM戦で珍しく食事をしたりして対処。

そして今度はコウモリ族のAsanbosam。回避ジョブにとっては実はこれは強敵かと。戦ってみて分かりました。理由は特殊技の「超音波」。この回避ダウンが地味に痛い。そーゆー意味では普通にPTで戦ったら、Flame Skimmerの方が強いと思うのですが、ソロでしかも回避前提だとAsanbosamのほうが強敵な気がします。まあ勝つには勝ちましたが。

こんな感じで型紙集めたししつつ討伐を楽しんできましたが、次回はどーしても勝てない憎いあんちくしょうの紹介などしたいと思っています。

アビセア外でどこまで回避アップ装備を揃えればいいのだろうかとぼんやり考え始めた管理人でございました。


月のジェイド3つ目記念、シーフソロdeアビセアNM巡り@ラテ編。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-511.html


シーフソロdeアビセアNM巡り@コンシュ編
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-512.html


シーフソロdeアビセアNM巡り番外編。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-514.html


ファイナルファンタジーXI 公式サイト
http://www.playonline.com/ff11/index.shtml




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。