AX

「日本のサッカーの50年」とイングランド戦。 

昨日の夕方、NHKの総合チャンネルで日本のサッカー史50年を振り返るような番組が放送されていまして、とても面白かった。クラマーさんとメキシコ五輪から始まってその後の低迷期、「東京・千駄ヶ谷の国立競技場の曇り空の向こうに、メキシコの青い空が近づいているような気がします」と語られた85年の国立での韓国戦。93年の対イラク戦。所謂ドーハの悲劇・・・。次の予選では山口素さんの国立での伝説のループ。



そして97年のジョホールバル。「円陣を組んで、今、散った日本代表は私達にとっては「彼ら」ではありません。これは「私達」そのものです」と延長戦突入前でのコメントは未だに心に響いています。そーなんですよ、日本代表の躍動する影には必ず山本アナウンサーの声があったんですよねぇ・・・。

なんでもこれのノーカット版というのが来月BSの方で放送されるらしく、もう楽しみでしょうがありません。特にドーハ組みのコメント印象に残りました。哲二さん、都並さんに巧さん。そしてラモス・・・。あの時の悲しみを決して忘れる事はあの試合を見ていた者はないでしょう。そしてあの試合があったからこそ、今の日本サッカーが有る訳でして。

フランス、日韓、ドイツ、南アと4連続出場を今回の大会で決めたわけですけど、なぜか「代表の魅力」みたないものが薄れてきているように感じるのは管理人だけでしょうか。魂が震える瞬間みたいなのが減ったと申しましょうか。それでも我々は代表を応援し続けることによって、昔感じたものをいつか取り返せるのでは?とも思っています。

W杯大会直前に行われた対イングランド戦。管理人的には普段プレミアリーグをよく見ていることもあり、今の日本と世界の列強国との差を測るのにはいい試合になるのでは、という感じで期待していました。本当にいいマッチメイクをしたなーと。幸い、あちらも選手を篩いにかけるテストも兼ねつつもかなりレギュラークラスの選手も出場し、見どこもあったと思います。なんといってもオシムおじいちゃんが「70分までは日本の試合」だったとコメントしている通り、意外とがんばってたかと。ただし、「フットボールは残りの20分で決まることが多い」と苦言をさすのも当然忘れていませんでしたけど。

本戦は果たしてドーなるかはさておき、必ず次の4年間に何かを残すよーな戦いを代表選手にはして頂きたいと思っています。遠いアジアの国から、南アフリカまで思いを届かせるよーにがんばります。

イングランドと対戦する場所となったオーストリーのグラーツ。それを聞いたとき、「おー、もしかしてシュトゥルム・グラーツのホームスタでなんじゃ?」と思ったらビンゴ。JFAもなかなか味な事をしますな。このクラブはオシムおじいちゃんがジェフに来る前に指揮していたクラブで日本でもちょっとは有名なのではないでしょうか。オシムおじいちゃんもここで代表を見れてちょっとは嬉しかったんじゃないかなーと思っている管理人でございました。スカパーのW杯用のCMの「私と観ないか」。一緒に観たいです。怒られそーだけど・・・。




3Dで観たAlice in Wonderland。 

やっと見てきました>Alice in Wonderland。いやー、全編に渡ってティムバートン節が出てて気持ちのいい作品でした。ちょっとグロテスクでゴシックな表現とかさすがです。「不思議の国のアリス」をティムバートンがやるって聞いた時点で「これは絶対はまるだろう」と思いましたが、予想以上に両者がはまっていたと思います。アリスの年齢を多少上げたのも正解かと。分別が分かる女性に決断させるっていうポイントをしっかり見せられたのではないでしょうか。

あと忘れてならないこれも3D映画ってとこ。これの前にちゃんと観た3D作品って復活するらしいキャプテンEOなんですけど('∇')いやー、キャラクターが飛び出したりしてくるのは楽しいものですねぇ。キャプテンEOの隕石が目の前まで飛んできてくるくる回ったりするのを思い出しましたよ。「Alice in Wonderland」もその3Dを意識したと思われるショットが数多くあり、「ほほぉー」となる瞬間がいっぱいありました。特にエンディングで○○○が飛んでいくシーンとかよかったです(ネタバレなんでちょっと伏字)。多く人を画面中に行列させて、遠近感を打ち出すシーンが普通の世界とワンダーランドとであったんですけど、これも3D画面にマッチしていたよーな気がします。よーわ奥行き間を出すと、3Dって映えるんだなぁと。まぁ当たり前なんでしょうけど。

カラスと物書き机はなぜにている」ってハッターがアリスに問いかけるシーンがいくつかあるんですけど、「M」から始まる言葉を捜しているとか言ってたんで綴りでも似てるのかと思いきや、全然違いますよね・・・でも言葉のなんかなんだろうと思ったらこれぞまさに正解でしょっていう見解を発見。英語のダブルミーニングなのか。どちらも(ここから意味はユースプログレッシブ英和辞典より)「note(鳥の鳴き声とメモ、手記)」がだせるが、どっちも「flat(気が抜けたとかつまらないと平坦とか水平)」なものだと。どちらも前後を間違える事は決して(nevar)ない。そしてこのnevarっていう間違った?綴りは反対から読むとravenになってカラスだよと。言葉遊びが数多くちりばめられたルイスキャロル作品らしいとこなんでしょうか。ルイスキャロル作品のジョンレノンの歌詞における言葉遊びへの影響度はよく語れると思いますが、こーゆー部分かなぁと。

消えちゃうチェシャ猫。この子の描写に期待してたんですけど、いやー上手く消えたり出てきたり。煙になってまさに煙に巻くって感じで消えるのは素敵でした。あと白の女王の手の表情が途中から面白くなってしまってクスクス笑う羽目に。あの人も実は変な人? ('∇') 唯一の不満だったのが、ヴォーパルの剣を手に入れたアリスの活躍度。戦う前に言われた「ただ持っていればいい」って感じで剣がかってアリスを動かして戦うのかと思いきや、アリス強すぎ・・・。最終的には頭部の部位破壊成功でクエストも達成って決してMHじゃーありませんよ。

今後ますます3D作品が多くなるようで、3D用のメガネの需要が上がりそーですが、いちいち貰っていても困ったもんだなと(この作品のメガネは貰えます。っていうか丸の内ルーブルは貰えましたけど、貰えないとこもあったり?)。アバターの時は返却だったんでしたっけ? いくつも同じ様なメガネ持っててもしょうがないですしねぇ。任天堂の3DSで話題になっている視差バリア方式の裸眼3D液晶っていうのは、液晶の視野角が狭いんだそーです。なので一人でやる携帯ゲームにはあっていると。だから複数の人で見ることが考えられるテレビとか映画なんかはそっちで今のところやれなくて、メガネが必須になるよーです。テレビにしろ映画館にしろ、裸眼で3D映像が見られるよーになるといいなぁと思ってます。メガネの上にメガネかけるのはちょっとね・・・。

ティムバートン作品は殆ど見てると思うのですが、彼の作品のなかでも万人にオススメできる作品だと思います。これ観て面白いなと思われたら、チョコレート工場辺りもいかがでしょうか?

所謂ネ実民オススメのMMOのヴォーパルブレードっていうのは実はルイスキャロルの造語だったと初めて知った管理人でございました。


アリス・イン・ワンダーランド
http://www.disney.co.jp/movies/alice/index2.html




メトロイドと私~課長はなぜメトロイドに助けられたのか~。 

只今「みんなのニンテンドーチャンネル」に「メトロイドと私~課長はなぜメトロイドに助けられたのか~」と題された一本の動画がアップされています。これ読んだだけですと???って感じの方も多いと思いますが、3週間に渡って久々のニンテンドーチャンネル向けの「ゲームセンターCX 有野の挑戦」がありまして、そこで挑戦していたソフトがスーパーファミコンで発売された「スーパーメトロイド」。

今夏、メトロイドの新作「METROID other M」のリリースがアナウンスされているのはご存知の方も多いと思います。それ用の宣伝をかねた挑戦なんだろーなぁと思いつつ毎週の更新を楽しみにしておりました。挑戦自体は先週で終了したんですけど、今週になって前述したタイトルで新作動画が登場。なんだろうと思ってみてみると・・・。

ディスクシステムで登場した「METROID」。そしてGBで発売された次作「METROID 2」。有野課長が今回プレイした「SUPER METROID」までのストーリーを紹介するものでタイトルにある「私」とは、バウンティハンター、サムス・アランその人。彼女のナレーションで映像は進みます(この女性の声ってother Mのサイトの方と一緒なんですかね)。

浮遊生命体メトロイド。この生物を取り巻く戦いに銀河連邦から依頼を受けるサムスが当時の状況を語るんですけど、正直あまりメトロイドに詳しくない管理人はすごーく為になる動画でした。有野の挑戦の3週目で、巨大化したマザーブレインとの戦いの際、メトロイドがサムスを助ける場面があって課長もこの展開がよく分かっていらっしゃらず、メトロイドがサムスを庇ってやられる時に「あんまり知らヤツだけど悲しい」と。再びマザーブレインとの戦い最中では「アイツの為に頑張らなアカン!」と琴線に触れた模様・・・。

確かにメトロイドは「敵」という認識の元に戦っていて、あーゆー事をされれば驚くと思います。表題の通りでどーしてメトロイドが有野サムスを助けるかいうのもきちんと説明が動画中にあって、「あぁ、なるほどなぁ」となりました。一部で「メトロイド、オモロイド」で有名なメトロイド2で惑星SR388のメトロイドの根絶指令を任されたサムス。



全てのメトロイドを葬り去り、ミッションをコンプリートして帰路に着く際に生まれる一匹のベビーメトロイド。始めてみる生命体であるサムスを母と思い、決して彼女に攻撃を加える事は無かった。サムスはこのベビーメトロイドを持ち帰り、宇宙科学アカデミーで研究対象としてもらった・・・っていうのがメトロイド2までの話で、このベビーメトロイドをリドリーが奪い去ってスタートするのがスーパーメトロイド。スペースパイレーツがこのベビーに過度にエネルギーを与えた結果、ベビー体型のまま大きくなったメトロイドが母である有野サムスを身を挺して救う・・・。

こーゆーことだったんですねぇ。サムスとマザーブレインとの戦いのシーン、スーパーメトロイドの方と新作のother Mがリンクしたりして、かっこいいです。スーパーメトロイドの数年後の話であるother Mも一段と楽しみになりました。今回の映像でストーリーが鮮明になって、いやーこれはありがたいですよ。あとは今夏にちゃんと発売してくれれば・・・USのリリースが若干遅れるようで、日本版にも影響が出ない事を祈ってます。

以前中古で購入して途中で止めてしまった「MRTROID ZERO MISSION」。久々に引っ張り出してやってみるとオープニングのポアーンピーン♪のとこのNintendoロゴが変な感じで、それ以降進まない。挿し直してやってみると、「セーブデータが壊れているので消去します」・・・。まあ殆ど何やったか忘れてるんで、ちょうどよかったかなーと思っている管理人でございました。other M発売前には終わらすぞと。


みんなのニンテンドーチャンネルに有野課長降臨中。
(これがニンテンドーチャンネル向け最初の挑戦)
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-415.html


みんなのニンテンドーチャンネル
http://www.nintendo.co.jp/wii/features/minnano_nintendo_ch/index.html


METROID other M
http://metroid.jp/


ゲームセンターCX
http://wwwz.fujitv.co.jp/otn/gamecenter/index.html




トキワシティのトレーナーハウスがカオスな件。 

最近は行ってないのですが、まだまだ寒かった頃にポケモンセンターのトウキョーとヨコハマを連続して訪れまして、商品を買ったりもしたんですけど、あれをやったんですよ。ポケウォーカーの通信を。お店の方も手が開いている時は快く通信を受けてくれますが、それよりもやっぱりお客同士が面白いんですよ。その時は確か高校生くらいっぽい女の子の二人組みだったり、女子大生の?4人だか5人組の方々とか、小さい男の子とか子供のお土産を買いに来ているお母さんとかもうそれはそれは年齢ばっらばら(*^-^*)みんなで通信してキャッキャウフフですよ。で、ポケウォーカーの通信を行ったことがあれば知っていると思いますが、相手のポケモンがポケウォーカーの液晶に現れるんで、これでまた会話が生まれる訳で。可愛らしい子がいかついポケモン連れ歩いていて「ちょ、物凄いギャップが(;゜ロ゜)」みたいな。マリルを連れている女性の方がいらっしゃって、「あ、ぞうきんのにおr(y・・・」って言ったら「うちの子はちゃんと体を洗ってあげてます」とのことでした(*^-^*) この辺もポケモン好きならではな会話が生まれるんで、楽しいんですよねぇ。

通信をすると10個までアイテムがプールされて、それ以降はワットが貯まるようになっているので通信して損することは一切ないので、ぜひポケモンセンターに遊びに行く事があればお店に迷惑がかからない程度に(←ここ重要)わいわいやることをお勧めします。

ポケウォーカー同士の通信で、お互いが連れ歩いているポケモンが遊びにくる他に実はもう一個面白い要素があります。それが、「ポケウォーカーにポケモンをお出かけさせた時点でのトレーナーの手持ちのポケモンの(あんまりこの言葉はここでは使いたくないですが)データも交換される」というもの。そしてこのトレーナーのデータはどこに反映されるかと申しますと、それがトキワシティのトレーナーハウス。通信をやった直後に確か一回見に行って、「おぉ、人が増えてる」とは思ったんですけど、その時はパールにいる管理人がバトレボ等で使っている育成済みのポケモン達をSSに以降してなかったはずで、対戦等はやらなかったんです。最近、イーブイの孵化に疲れて、「あぁ、久々にトレーナーハウスを覗いて見よう」と相成りまして、今現在バトレボで使用している6体を連れていざ地下へ。そしてそこで見た光景は・・・。

リザードンのりっちゃん トレーナーハウス正面

「皆さん、ガチで対戦好きそーで大変喜ばしいです♪」。ぶっちゃけ、その辺にいる四天王とかよりつよそーな気配が。デフォルトで最初からあそこにひかるというNPCの手持ちは3体ですけど、殆どの方が6体のフルバトルを想定しているよーでした。そしてこれはいいなと思った点が一個ありまして、それは「ポケモンのニックネームもちゃんとバトルで反映されている」ところ。管理人の主戦場がバトレボのランダムバトルな事もあり、ニックネームが出ないのが凄く寂しいですよ。色々考えてつけてるのに(バトレボの場合はフレンドコードを交換しあったフレンドバトルでないとニックネームが反映されません)。通信してくれた皆さん、やっぱり色々考えているよーでして、なかには吹き出しちゃうような名前も('∇')確かにヌオーに「まったり」って付けたくなるのは分かります。あとはユニオンルームで他のキャラからどーみえるかっていうのがありますけど、あれも同様な模様。

で、早速バトルをしてみましたが、なかなか素晴らしい技構成にであったりで新発見もいっぱいありました。通信してくれた方々に感謝。「おじょうさまのエ○リ」さんって方は最初ラプラスが出てきて「おぉ、お嬢様っぽい」と思ったらその後バンギラス♪んでもって、ビショット・ニドクインとなかなか渋め。他の方との対戦でバクフーンをリザードンで受けに入ったら炎技じゃなくて使用してきた技が「ころがる」・・・。うちのリザードン涙目。炎タイプでじめん技がめざ地面しか当たらないリザードンとファイヤーピンポイントなんですかねぇ。アレは驚きました。実は管理人ブーバーンって、エレキブルと対?っていうか炎のブーバーン、電気のエレキブルみたいな感じで両者とも物理が強いと思ってたんですよ。ブーバーンって特殊が強いんですね、知りませんでした。ミロカロスで受けに入ったら10万ボルト直撃とは。「ミニスカートとのあ○」さんって方がそのブーバーンの使い手で、火炎放射10万ソーラービーみたいな感じで、もういっこ技見れてませんが、これで+めざパ何かいれるとそーとー広角に。なるほどなぁと思いました。

ポケモンや技の構成が練られていたとしても、やはりそこはソフトが考える行動の範囲があるよーで、さすがに交代読みとかの行動は取らないよーでして、まあまあ勝っちゃう訳ですよ。「ころがる」バクフーンとかきても・・・。そして何戦かした後に「マリルリ の こと どう おもう?」という台詞で始まった「スキンヘッズのし○み」さんとの戦い。出てきたのがランターン。管理人の手持ち通常営業の手持ち6体はまぁランターンに弱いんですよ。特殊受けがミロカロスなんで受けられないと('~')悩んで交代なんかしてたらやってきた行動が「たくわえる」。結局3回もたくわえられて、カッチカチやでー状態・・・。なんとか撃破したら次はフライゴン。死に出しでサンダースのめざ氷を当てるも当然ヤチェ持ち。とんぼして帰っていきました。出てきたのがトゲキッス。所謂ハリキッス型じゃなくて、「天の恵み」のよーでしたが、神速持ち。素晴らしい。マリルリはもうしょうがないんで、ミロのドクドク→自己再生というヤーティストには「この異教徒め」といわれるであろう対処で突破。そして出てきたのがルンパッパ。雨受け皿で「雨乞い・ギガドレイン・宿木」でもう一個は守る?かなんか。このルンパッパの回復量は半端ないっす('∇') マリルリと同じように処理しようとしたら、あれなく沈没・・・。

翌日、ちょっとこちらの構成を代えてチャレンジを。ルンパッパの雨乞いを止める為に日本晴れ持ちのラフレシア。そしてクチートとかスカーフトゥートゥー神などをはずして、火力アップを考慮してハッサムや多分NPCは不意打ちは読みはしないだろうとの理由アブソル等を入れてみました。結果はアレほど苦労したルンパッパがハッサムの虫食いでいとも簡単に落とせたのが勝因の気がします。ラフレシアも水ポケモンが相手に多かったので、かなり活躍してくれました。水相手はミロ出して毒々→めざ草とかで普段は処理するのですが、日本晴れですばやさ抜いてソーラービーも悪くないなと。と思って水相手に出すと飛んでくる冷凍ビー・・・。あれさえなければなぁ。まあ可愛いのが一番なんですけどね。

対戦が終わって思ったんですが、これって通信してくれたトレーナーさんは10人まで記録されて、それ以降は古い方から上書きされちゃうらしいんですよ。なんかそれが非常に残念だなと。戦ってくれたトレーナーさんの記憶も残ってくれれば、もっと嬉しかったのに。バトレボのバトルパスの交換じゃないですけど、あんな風にカードが蓄積されたらなぁと。

皆さんもぜひポケモンセンターやポケモンのイベントに行かれる際には、「空を飛ぶ要因+炎の体持ちorマグマのヨロイ+孵化中のポケモン」っていう手持ちから(決め付けてるけど、多分管理人と皆さんあまり変らないはず・・・ううん、知らないけど絶対そう)、6匹のフルバトル構成にして、ポケウォーカーと通信してから出かけてみてはいかがでしょうか。きっと通信してくれたどこかのだれかが、トレーナーハウスのあなたのポケモンのニックネームや構成に色々思いを馳せてくれるのではないかと思います。

最初の方にでてきたポケウォーカーにマリルを連れ歩いていた女性・・・。もしかしてあの方が今回管理人を苦しめた「「スキンヘッズのし○み」さんだったのかなぁと思っている管理人でございました。たくわえるってあんなに使えるとは知りませんでしたよ。キャラの概観がスキンヘッズっていうのはいいですね(*^-^*) 管理人もスキンヘッズ使用中なんですが、最近変えようかと思ってたりも。でもあのギャラドスのスカジャン、欲しいと思った人は素直に挙手をノ。


ポケモンセンターの紹介ページ
http://www.pokemon.co.jp/gp/pokecen/


『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/special/hgss/