スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトレボのスタービューコロシアムで大苦戦。 

ポケモンバトルレボリューション、略してバトレボとかPBRなんて呼ばれる事が多いと思います。まあバトレボのほうが通りは良いでしょうか。HGSS発売以後、アマゾンさんのWiiのソフトの売り上げランキングでも25位以内に入っていたりと、まだまだニーズはありそーですね。

ポケモン バトルレボリューション
任天堂 (2006-12-14)
売り上げランキング: 248

管理人、Wiiは既に所有はしてましたバトレボが発売された時にすぐに購入した訳じゃなくて、ダイパ発売から一年くらい経った後に購入しました。パールで育てたポケモン達で当時は遊んでいまして、プラチナが出てもパールからポケモンを移行することはしませんでした。その大きな理由が、「バトレボのストレージと呼ばれるポケモンのボックスが、DSのポケモンのロム毎にセーブデータを作らなければならない為」。例えば、パール用のセーブデータで戦った戦績やらNPCに勝利する事でアンロックされていくバトルパスなんかはプラチナ用のセーブデータで始めてしまうと当然また最初からやり直さないと×。バトル用のポケモンもパールからプラチナに移動させれば、パール用のストレージに変更を加える為には、再びプラチナからパールに移動させた状態で同期を取らないと、使いたいポケモンがストレージ上からいなくなってしまいます・・・。そんなこんなでプラチナ発売後もポケモンバトルはパールのロムでって感じにどーしてもなっていました。

で、HGSSが発売されてプラチナの頃からあったバトルビデオの保存やらアップロードや、バトルフロンティア、そして目の前通信でもフラット50戦が可能になった事を受け、思い切ってパールからソウルシルバーに主戦場を変更してみたんです。そこで問題になってくるのが、「バトレボのパール用のセーブデータ」。ちょっとした変更がある度にSSからパールに送って、ストレージを変更し直すのは物凄い億劫。そこで一念発起して、「バトレボにSS用のセーブデータ」作って、最初からバトレボを攻略しなおす事にしました。

パール用のセーブデータでは各コスチュームだったり、サンのみやスターのみ等の不思議なおくりものはほぼ全てアンロック済み。なんで今回はほしいバトルパスのデザインとキャラの着替え用のアイテムをアンロックさせることに重点を置きます。元々、ロズレイドなお姉さんでやっていたんですが、女の子に海賊チックなファッションがあることを知り、FF11では多分コルセアがメインジョブな管理人('∇')、HGSS発売前くらいからこっちの子に変更していました。これは特に問題なくアンロックに成功。しかしながらお気に入りのバトルパスの方が大変でした・・・。

スタービューコロシアム攻略時にアンロックされるデザイン

欲しいバトルパスっていうのが、白バックに各種のボールが描かれてるやつ。デザイン的に結構気に入っていてずーっと使っていました。これはどーやって手に入れるかと申しますと、フラット50ルールのスタービューコロシアム第8セットに勝利する。ようはバトレボ的ラスボスを倒したご褒美ってことでございます。このスタービューコロシアムはダブルバトルのみ。管理人、ダブルに関しては全くの手付かずといっていいほどの素人。第4セットくらいまでシングル用に育成していたポケモン達で突破してこれたんですが、第5セットからどーにもこーにも・・・。せめて守るくらいいれればまた違ったとは思いますけど。

パール用のセーブデータはなぜクリア済みかと思えば、シナリオ用に育ってたサーナイトに広角レンズ持たせて、相手はどーせNPCなんだからと割り切って初手催眠術という酷い有様だったはず。今回もそれもありちゃー、ありなんでしょうけど「対NPC限定でもないけどダブル用砂パーティ」を構築してみよーとか思い立ちました。

それにも理由があり、高固体値産出場所と最近名高いサファリゾーンで捕まえたいじっぱりヨーギラス♀がHだかAだかBが31で、この子と竜の舞いを遺伝済みのリザードン♂で育てや夫婦に預けたら、あっけなくいじっぱりHABの子が生まれてボックスに入れておいたんです(因みにリザードンは3Vくらいのステータスはあったはず)。この子をバンギラスにしてパーティの軸へ。そして年末前にやってたグライガーの孵化作業中に特性「すなあらし」持ちのいい固体値の子も入れてみます。この2匹プラス、やっぱり特性すなあらしなんだけどこの効果をうまく使えた事が無いガブリアス、そしてダブルといったら大爆発。大爆発を覚えさせてるメタグロスがいるのでこの子も。この砂嵐ダメージ無効の4匹と水受けのミロカロス、大爆発・地震無効のフワライドなんかも追加します。

まあ睡眠厨と1/2が600族ってあんまり次元的には変わらないんじゃないかって育成し終わった時に思ったんですが、まあ第4セットくらいから相手は伝説・幻ポケモンがわんさか出てくるのでおk-ってことにして、その辺は忘れてスタート('∇')そーしたらあれだけ悩んでいた第5セットもいきなり勝利。砂パ、なかなかいい感じに動いてくれました。なかでも面白かったのがグライオン。技構成を「守る・身代わり・いやなおと・ハサミギロチン」という砂嵐ダメージでじわじわ削りつつ、いやなおとで物理アタッカーをサポートし、一撃必殺ハサミギロチンでなぎ払うという凶悪この上ないタイプにしたんですが、すながくれ+ひかりのこな効果でまぁ避ける避ける。避けた上にハサミギロチンが笑っちゃうくらい当たって驚きました。第5セット初戦から8セット目の最終戦であるミステリオ戦までに、相手の4匹中2匹をハサミギロチンで葬り去った試合が少なくても2試合はあったはず。思った以上に活躍してくれた子でした。

で、結局前述したとおり、第5セットに勝利後も連勝を続けて、なんとラスボス・ミステリオ戦まで負け無し。そして出てきましたよ、スカーフ潮吹きカイオーガ('∇') ミステリオのカイオーガがスカーフ持ちだっていうのを完全に失念しておりまして、「なんでこのポケモンですばやさ抜かれるんだ」と思ったり。兎に角、このカイオーガを無力化しないことにはミステリオに勝利する事は難しい。ネットで検索してみますと、「猫だまし+トリックルーム」作戦が比較的安定な模様。トリックルーム持ちのポケモンを育成したことがないので、ごり押し作戦でいくしかない('~')と結論付け、「カイオーガは大きい→多分体重もあるはず→なら草で結んでやる」と。そこで登場願ったのがトゥートゥー神ことネイティオ。「サイコ・シャドボ・ねっぷう・くさむすび」で拘りメガネ持ちの子がいまして、この子の道具をスカーフに変更。これで先制は取れるはず。ネイティオのパートナーに選んだのがここで育成していためさパ氷もちサンダース。くさむすび+10万なら1ターンでカイオーガを撃破できると思い、いざ出撃。

ネイティオのくさむすびで4割強のダメージ→カイオーガのしおふきでこちら2体のHPは真赤→サンダースの10万でカイオーガ退場→ルギアは瞑想

っていうのが1ターン目の流れで、カイオーガの次に登場したのがマナフィ。ここで悩む管理人。サンダース残した方が後々いいような気がして、技のタイプ的にもくさむすびなら抜群は取れると・・・。ってことでネイティオにくさむすびをマナフィにむけて撃たせよーと思ったとき、「マナフィの体重で果たして一撃で落とせるのか?」。調べればいいんですが、めんどーなので安全策をとって、

ネイティオとメタグロスを交換→サンダースがマナフィに10万でマナフィ退場→ルギアのサイコでサンダース退場

これで4体目を引っ張り出す事に成功。相手はパルキア。こちらはサンダースout、バンギラスin。もうここはアレして勝っちゃいましょう。

バンギラス守る→ルギアのサイコがメタグロスへくるも小ヒット程度→パルキアのだいちのちからがメタグロスにくるが、シュカのみ持ちのお陰で助かる→ってことでメタグロスの大爆発で・・・

こんな流れで大勝利でした。パチパチパチ。最終戦が思いのほか華麗に勝利でき、ちょっとニンマリ。何も無いところから砂パを育成開始していたいら時間もかかっていたでしょうが、下地になるベースもあり、その他にもドンファンなんかもいたんでこの砂パ製作ミッションに挑んだんですが、ここまで効果的面だとやった甲斐もありました。ダブルバトルの面白さっていうのも再確認。シングルとは異なる戦略性の高さに口あんぐりですよ・・・。改めて「守る・見切り」等の重要性だったり、大爆発持ちは比較的遅いポケモンが多いと思うので、爆発できる時は躊躇無くやってかないとそのターンの最後まで生存できずに、折角大爆発を選んでいても落とされてしまって不発なんてことも。砂パにしても、バンギラスをカバルドンにして、ガブリアスを他のポケモンに変えてみれば対人戦なんかもそれほど嫌がられない・・・ですかね。まぁダブルのガブリっていうのはシングルに比べれば怖さはないっていうのは分かりますけど、所謂600族ですしね。なんとなくためらいが有るのは管理人だけではないよーな気がします。

最近バトレボを購入して、ダブルバトル慣れていなくてどーしてもスタービューコロシアムを攻略できないなんてお悩みの方、これを機にダブル用のポケモンを育成してみてはどーでしょうか。晴れパだったり雨パだったりちょっと拘った方がダブルではいいよーな気もします。勿論対戦も面白いですし、スタービューコロシアムでポケクーポン稼ぎにも。あとは予想外なところで大爆発して相手の2体を一気に退場させる面白さなんていうのも\(^O^)/ 大会とかに出る気は無いですが、ダブルバトルには元々興味があったので砂パを構築してそれっぽいことが出来たんで有意義だったと思います。

ロズレイドセットを手に入れる為にカジノシアターコロシアムをクリアする必要があるんですけど、クリア後は同施設に足を二度と踏み入れていない管理人でございました。人の育てたポケモンとか分かんないですよ・・・使い方が。


ポケモンバトルレボリューション
http://www.nintendo.co.jp/wii/rpbj/index.html


ポケットモンスターハートゴールドソウルシルバー公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/special/hgss/



スポンサーサイト

Cat Power @ O-East。 

チケットの発売あとに偶然に来日情報をキャッチしまして即購入、一度は見てみたかったショーン・マーシャルa.k.a.Cat Power。彼女のレコードをこれまた偶然購入してから10年以上の年月が流れているのも感慨深い。なんでも6年振りの来日公演になるよーです。前回の時は彼女が来た事すら知らなかったんだよなぁ。しかも今回は2007年頃?から彼女のバックを勤めているDirty Delta Bluesとのライブ。このDirty Delta Bluesっていうのは、この4人で一番有名そーなのが、The Jon Spencer Blues ExplosionのギターのJudah Bauer。そしてキーボードがDelta72っていう以前ちょっと管理人的にひっかかっていたバンドにいたGregg Foreman。ベースの方がよく分からないんですが、Lizard MusicっていうとこにいたErik Paparazziって方らしい。で、ドラムがバッドシーズのメンバーもいるDirty ThreeってとこのJim White。

今回のライブの予習のつもりでダウンロードするだけして見てなかった?バルセロナで行われたPrimavera Soundっていうイベントへ2008年にDirty Delta Bluesと出演している正味60分ほどの映像を見たんですが、これがまたなんといーかブルース一直線なテイスト。元々ショーンの歌い方って一般的な女性SSWっていうよりは、ブルースっぽさが近年顕著に増えているような気がしますし、このバックの4人の演奏がはまるのは当然かと。ジョンスペは新宿リキッドルームとかで見たこともあって元々好きなバンドだったんですが、一番目を引かれたのがドラムのジムさん。お年は高め?のようですが、ステックからマレットからブラシからいやぁー、素晴らしいドラムプレイを披露してくれてました。

実は物凄くシャイとか、ライブが苦手とか、結構気分屋さんなんていう情報を伝え聞いていた者からすると、その映像のなかのショーン・マーシャルは意外や意外という程がんばってました。結構あっちゃこっちゃに動いたり。いや、がんばって歌っているっていうよりはごく自然体な雰囲気で。でも歌い方が喉の奥から絞るよーに歌うんで、やっぱりがんばっているんでしょう・・・。この映像見てなかったらここまで期待して見に行ってなかったのも事実です・・・。

そんなこんなで期待大で観に行ってきましたが、これが非常に素晴らしいギグとなりました。やっぱりシャイな一面なのか、ライティングはちょっと落とし気味でステージに青いシャツにジーンズ、そして首にはスカーフを巻いたショーン登場。The Covers Record以降の「他人の歌も自分の歌もベースになってるアレンジの趣旨はほぼ一緒」っていうのりなんで、半分くらいの曲がわかんなかったのも事実なんですが('~') それ抜きにしても楽しめた。他人の曲をあそこまで自分の曲にしちゃう彼女の才能?には惚れ惚れします。MCも殆ど無く淡々と曲が終わっては次の曲が始まり、そしてまた終わっては始まる感じは逆にそのほーが彼女らしのかと。そしてやっぱりバンドで来てもらって正解でした。DVDで見たときもそーだったんですが、ジュダのトレモノの使い方が非常にカッコよく、参考にさせて頂きたいなと。当然ジムさんも素敵♪最後には花束を一輪一輪解いてお客さんにプレゼントしたかと思いきや、どかーっと会場になげつけてみたり、本気で二階席まで投げるそぶりを見せたりとお茶目なショーン。会場からの大きな拍手にめーいっぱいのお辞儀で答えて舞台の袖に消えていきましたが、最後は手のひらだけを舞台袖から出して感謝を表していましたよ。そんな姿がなかなか素敵でした。

最初は一インディーのSSWだった彼女もMoon Pix以降?かなり知られるような存在になり欧米ではそれなりの人気もある模様。このキャパで観れるのはそーゆー意味では貴重なんでしょうか。こーゆー音楽性でそれなりのセールを記録しちゃうっていうのにも驚きますが、まさか雑誌の表紙を飾ってたりファンションモデルもしたりするっていう事実も驚きます(いろんな意味で)。この10数年で色々変化はあったと思いますが、この10年より次の10年の方が管理人的には楽しみなんです。最近のこのままブルージーな路線+彼女の個性がでた作品をリリースし続けてくれればなぁと思い会場をあとにしました。

会場の後ろの方に陣取って開演を今か今かと待っていたんですが、O-Eastはキャパが1300人程度の会場に開演前には管理人の周りはもうなんていうかいっぱいっぱいな感じ。こんなにチケット売れ売れなのかと思いきや、どうもオールスタンディングスペースのフェンスの設置の仕方の為か、前の方のお客がいったん後ろに下がるとなかなか前に戻れないようで、どんどん後ろがいっぱいになっていくという仕様を聞いてちょっと残念がった管理人でございました。その為か、後ろは人の密度高かったです・・・。


Cat Powe - My Space
http://www.myspace.com/catpower




「チャンプのみち」、きましたよ。 

あけましておめでとうございます。遅ればせながら、本年も当ブログ「Life on Mars?」 をお引き立てのほど宜しくお願い致します。

今年は4年に一度のワールドカップイヤーな訳ですが、その前にアフリカネイションズカップというものがございまして、「アフリカン・好きー」 な管理人としてはとっても見たいのですが、どっこのテレビ局でも取り扱ってないですかねぇ・・・ (他国のネット放送は当然あるよーですが)。 ただそんな暢気なことも言ってられず、 ご存知の方も多いかと思いますが現地入りしようとしていたトーゴ代表を乗せたバスが襲撃されるという惨事がありました。 テレビで見たアデバイヨールが狼狽している姿が忘れられません。亡くなられたスタッフの方のご冥福を祈りたいと思います。

閑話休題。タイトルのポケモンの話へ。一段落付いた後、休止中だったポケモンSSなんですが、12月の中旬くらいから再開。 色々ポケモンの孵化なんかをやっておりました。新年早々にはとんでもないヒトカゲとか生まれて、 もはや今年のポケモン運は使い果たした感が('~') 今週からポケウォーカー用の「チャンプのみち」の一般配信が始まりました。13日からというアナウンスがされてましたが、 実は12日の夜には受けるとことが出来て、さっそくお散歩を開始。

夕食後に一回ポケモンを戻して、その後コースを「チャンプのみち」にしたため、 歩数的にはレアポケモンが出現するのに必要と言われている9000歩以上あったのですが、肝心なワットがリセット。 その為ってことでもないんですが、ポケウォーカーを持って夜のランニング。結局300ワット以上溜まって、こっからが勝負。今回「!」 の時はドーミラーとタッツーが。「「!!」はタッツー。この「!!」のタッツーを2回も逃がすという失態を・・・ ('~') 20回前後くらいで「!!!」が。出現したのはこのコースの多分目玉的存在の「ゴンベ」。なんとか捕まえられてラッキーでした。

トリル持ちドーミラー だくりゅう持ちタッツー じばく持ちゴンベ

管理人、てっきりここに出ている珍しい技を持ったポケモンっていうのは、「!!」以上のポケモンだけかと思ってたんですが、実は「!」 で出現したドーミラーも普通にトリックルーム持ち。 ダイパだとトリルの技マシンって一点ものだったはずなのでそれ考えるとなかなかお得なんでしょうか。 あれ以降でもそんなに入手が簡単な技マシンじゃなかったような気もしますが、どーだったっけかなぁ。「!!!」でのゴンベなんですが、この 「チャンプのみち」の情報が出てから兎に角楽しみにしてました。それはこのゴンベの特別な技が「じばく」って話だったから。自爆持ちのゴンベ・ カビゴンっていうのはゲームキューブのポケモンXDの教え技にじばくがあって、そこで教えてもらわないと不可能の組み合わせで、 管理人も知ってるくらいなんでそれなりに有名は有名だったんでしょうか。 それが今回XDを持っていなくてもいけるよーになったのは嬉しい限り。しかもちゃんとたべのこし持ち。で・す・が、ポケウォーカー内のポケモンなんで当然厳選は至難の業・・ ・。なかなか気に入った子と会うのは難しそーではありますね。

今回の「チャンプのみち」で謳われている特別な技ですが、まとめてみますとこんな感じに。

しばくゴンベポケモンXDの教え技
しねんのずつきダンバルレベル62のメタグロス
だくりゅうタッツーHGSSからの遺伝技
とびはねるコイキング教え技(HGSSだと32BP)
トリックルームドーミラー技マシン92
ふういんヨワマル遺伝技

私見ですが、やっぱり自爆ゴンベが断トツにおいしそーな気がしますが、みなさんはいかがでしょう。「だいばくはつ」と「じばく」 には攻撃50の差がありますけど、カビゴンの攻撃種族値ならそれなりに突破しちゃうのでは? (ex.Aに無振りのカビゴンがHB振りのハピナスに自爆すると、確1で落とせる模様。但しシングルバトル時) バトルで使えそーな子を捕まえてみたら、 ぜひ自爆持ちの子を育ててみたいと思っています。ただ遺伝技を覚えされられないのがとっても残念ではありますねぇ。

ランニングから帰ってきたのが、23時50分くらい。歩数がたまっているうちにポケトレしないとレアポケと会えなくなってしまいそーなので、 脱衣場でポチポチやってたら風邪をひきそうになった管理人でございました。24時前までにゴンベが出てくれてほっとしましたよ。


ポケットモンスターハートゴールドソウルシルバー公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/special/hgss/



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。