AX

トルコから頂いたアタチュルク像の移転が決定したようです。 

ヤフーを見ていたらこんな記事が。

トルコ建国の父、アタチュルク銅像 新潟から和歌山・串本に移設へ

トルコ共和国政府が新潟県のテーマパークに寄贈したものの、閉園などによって、屋外に放置されたままとなっていたトルコ建国の父、ムスタファ・ケマル・アタチュルク初代大統領の銅像が和歌山県串本町に移設されることが決まり、18日、串本町が発表した。トルコの軍艦「エルトゥールル号」が串本沖で沈没した際、地元漁師が救出活動にあたったゆかりがあるためで、沈没から120年にあたる来年6月に除幕される。(全文はこちらに)

トルコ共和国がこの銅像を寄贈してくれた訳っていうのは多分これですよね。日本に表敬訪問しにきたトルコ(オスマン帝国時代ですけど)の軍艦が日本近海で沈没して、それを知った地元の人々が乗組員の人を助けた話・・・。ネットの時代になってきて管理人も知りました。それが「エルトゥールル号遭難事件」。この事件での出来事(+当時は大国ロシアに勝ったってことも?)でトルコの国民の人達が日本に対していい感情を持ってくれてるみたいなよーです。 (これを受けた有名なエピソードにイラン・イラク戦争時に日本がイラン在住の民間人を出国させることが出来ず、トルコの旅客機が日本の民間人を救出。その理由が100年近くも前の「エルトゥールル号」の時の恩を受けたからだったとか)

そんな大切な銅像が放置されていたなんて・・・。しかもですよ、その経緯が酷過ぎるんですよ。この放送がそれ程間違っているとは思えないんで載せてみます。



有志の方々の尽力のおかげで、この度和歌山県串本町に移設されることになって本当によかったと思います。なんでこんな大切なものがここまで酷い扱いを受けなければならないのか。柏崎市議会が正常に運営されていないと感じるのは管理人だけでしょうか。柏崎市議会の政治のバランスがどーだこーだレベルの問題じゃないっていうのが、なんで分からないのか・・・。なんでこんなに話が入り組んでしまったのかがとても問題のよーなきがします。

まあ問題は収束の方向へ向かっているようですが、今後もちょっと追っかけてみたい問題であります。沈没したエルトゥールル号の5カ年計画の発掘調査が現在進められているようで、こちらの動画も参考にしてみて下さい。エルトゥールル号沈没の話も出てきます。



小学校で今でも歌い伝えられている当時の哀悼歌にちょっと涙してしまった管理人でございました。


トルコから寄贈され、野ざらしになっていた
『友好の銅像』をなんとかしたい! まとめ
http://www19.atwiki.jp/torco/


アタチュルク像が串本へ トルコの初代大統領(from 紀伊民報)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091218-00000005-agara-l30



ふろくがなんとエレキギター、「大人の科学マガジン」。 

毎回今度はいったいどんな付録で驚かせてくれるのかすっごい楽しみなのが、学研から出版されている「大人の科学マガジン」。前回の二眼カメラもよさそーでしたし、他にもいっぱい欲しいのがあったりします。そして今年最後のお題はなんと「エレキギター」。正直、驚きました。たかだか3000円ちょっとで、しかもあんなに小さくて通常の弦を使用してレギュラーチューニングとか・・・。それ+スピーカー内蔵ですよ。学研の力、恐るべし。


本日購入してきまして、早速「ふろくギター」の作成開始。学研の科学のふろくで遊ぶのがうん十年ぶりな管理人(*^-^*) まず一通り設計図を見て気付いたのが、「ピックアップのコイル線を巻かせるとこ」。これはギター弾きならどーなってるか興味がある部分ではないでしょうか。巻き数で音が変るのは知ってますけど、強く巻いたり弱く巻いたりでも変わるんですかねぇ・・・。雑誌によると今回のは約180巻きくらいになるそーです。なんでも手巻きでやれる細さが0.3mmくらいらしく、通常のピックアップだともっと細いのを巻くんだとか。

CA370648.jpg CA370650.jpg

あと画像を見てから気になっていた、弦は一体どーやって張っているのかってとこなんですが、弦はほぼボディを一周してるんですよ。そーやって長くすることによってテンションを稼いでいるよーです。ネックの部分んを貫通するアイディアは驚いた。学研の人達は松下工房の方からサジェスチョンを受けているよーで、このアイディアはさすがの松下工房の人も驚かれてました。それでも普通のエレキギターに比べたらゆるいんですけどねぇ。まあ、弾きやすいっていう効果もあるんでいいのかなぁと。

ふろくギター

何だかんだで2時間くらいかかってやっと完成。エイヤとスイッチをいれてバーンと弾いてみると・・・あれ?スピーカーから音が出てない? ならばと思い、ギターアンプを用意してシールドで繋げてみますと・・・なんか出力が小さいよーで、アンプのヴォリュームを弄るとなんとか聴こえてきました。でもどーも違うなと。スピーカーはチリチリなっているのが聴こえているんで、多分こっちは大丈夫? だとするどっか他の部分なのか。一回分解しましてあーだこーだ弄っていると、思い当たる節が。ピックアップとリード線を繋げる時にかなり適当にやったんで、もしやそこかと思ったら予想的中。繋ぎ直したらちゃんとした音量に。この内蔵アンプ、安いとこを逆手にとってなのか、物凄くチープなファズサウンドがいい\(^O^)/ 誌面に「星条旗よ永遠なれ」のギター譜を載せた意味を理解しました。これでジミヘンになれと。このミニギターでウッドストック気分を味わってくれと(*^-^*) 

一方アンプに繋ぐとクリーントーンになる訳ですが、意外っていったら失礼かもですけど、ちゃんとエレキギターの音なんですよ・・・これが。もしかするとこっちの方が実はいけてるかも。多くの人が驚くと思います。意外に普通過ぎて。絶対これ使ってライブに出演する人とかでてきそう。因みにちゃんとストラップも付けられるような仕組みもございます。ただですね、チューニングがことごとくずれる。ここが最大の問題点。はっきりと理由は分からないのですが、ネック内に弦を止めるツバ付きネジのとめ方が悪いのかもという思いもあるにはあったり。この辺はもー少し研究が必要な感じです。

作ってみて、弾いてみての感想。エレキギターの入り口としてはこれは素敵なものなんじゃないかと。価格もお手ごろですし。誌面には初心者用の講座や練習曲がタブ譜付きで掲載されているので、その辺の心配もなし。ギターを弾かれる方々でした、間違えなく「ネタ」にもなりますね、これは。チューニング問題は弦をもう少し太い弦にしたらもうちょっとはましになるのかしら・・・。弄りがいがありそーなギターでございます。そうそう、誌面にも書いてあるんですけどポジションマークを付けた方がよさそーです。ちょろっと付いてはいるんですけど、全然判んない。これは各自工夫してやるところっぽいです。「○」型のシールが手っ取り早いんでしょうか。色塗ってもよさそーですし。「☆」型とかにでもしよーかしら。

大人の科学シリーズ、今回のギター以外にも色々楽器系がございまして、これからも楽器シリーズに期待してしまう管理人でございました。「手回し鳥オルガン」はちょっと欲しいんですよねぇ。

大人の科学.net
http://otonanokagaku.net/index.html



まさかの今年も発売されたイーブイコレクションシリーズ2。 

昨年、偶然ポケモンセンタートーキョーで知ってわんさか購入してきたイーブイのぬいぐるみ達+α。今年もコレクションシリーズの続編が年末に出ることが告知されていたので楽しみにしておりました。どうもイチオシの商品が等身大のイーブイのぬいぐるみらしいので楽しみにしていたのですが・・・。

皆さん、あれ見てどー思いました? 管理人的には「似てなくない?」って感じなんですよねぇ・・・特に顔が。「人形は顔が命」、ということでこんだけイーブイ好きなわりに意外にもパス。一方、昨年とは違うキャンパスシリーズというものでイーブイ+全ての進化系がぬいぐるみ化されたのですけど、ブースターが可愛すぎる(*^-^*) 凛々しくてかつ可愛いとでもいいましょうか、管理人的にはイーブイ進化系でもそれ程好きな対象ではないブースターにここまで萌えてしまうとは。目じりと首周りのモフモフが・・・(´∇`) やばい、勘違いして育成しそーで怖いです。・・・、物理炎技が充実していれば(涙)。 で、サンダースは去年のやつが酷過ぎたこともあって、まともになったと思います。(去年のはこちらで見て下さい。上に張ったリンクと一緒ですが)

エーフィとブースター@ポケモンキャンパス シャワーズとサンダース@ポケモンキャンパス

その他にはシャワーズとエーフィを購入。去年買ってなかったエーフィを買った理由は、「最近バトル用に孵化をしてた」っていうのと、ポケパークWiiのエーフィが素敵過ぎるのですよ。口調からして多分♀の子なんだと思いますが(ポケパークWiiは全体的に、カッコイイ系はよりカッコよく、可愛い系はより可愛らしいグラで表現されていてグッとしちゃいます。ポケパークWiiはまた機会をあらためてエントリーしたいです)。シャワーズも歩いて止まった後にバトレボなんかの待機スタイルをしたりします。モンコレの旧ヴァージョンって言った方が通りはいいでしょうか。欠伸っぽいモーションもあって最後に目を細めたりします。

エーフィ@ポケパークwii エーフィ@ポケパークwii エーフィ@ポケパークwii
シャワーズ@ポケパークwii シャワーズ@ポケパークwii

あと今月に入ってのショッパーがエーフィ&ブラッキーなんですが、これのデザインがまた優秀。ブラックとパープル基調で大人な感じでございます。ティーセットとか砂時計なんかも欲しかったんですけど、ちょっと高いんで・・・。あとお土産的によさそーなのが、「プチ缶コレクション」という260円で買えるイーブイが印刷された缶に入ったマーブルチョコ。缶に印刷されているポケモンが見えないよーに包装されていて、どれが当たるのかお楽しみというもの。管理人は一個買ったらリーフィアでございました(シークレット缶もあるよーです)。ポケセンのお菓子によくある、食べ終わったら他の容器したくなりそーなものなんですが、これピックケースなんかによさそーな感じでした。管理人の場合、最近はサムピックを使用しているんで厚さ的に入らないんですけど。でもちょっと前にポケモンタイムシリーズの印鑑入れを買いまして、これだとボトルネックも入るんでいい感じ~。印鑑入れの大きさを見て、ボトルネックを想像するのもなんですけど。

CA370641.jpg

ポケモンキャンパスシリーズのぬいぐるみはイーブイシリーズ以外にも商品化されていまして、どれも甲乙付けがたいくらい素敵なものが多いです。管理人的にはポケドールシリーズよりもこっちの方が好みのだったりします。今回購入しなかったポケモン達も次に行った時にでも連れて帰ってきたいと思ってます(*^-^*)

等身大のイーブイを見て最初に思ったのは、「意外と小さいのね」。全長って1.5ℓのペットボトルくらい+モフモフな尻尾分なんですね。もっと大きいものと思っていた管理人でございました。ヤフオクとかで購入をお考えの方、届いてみたら小さくて驚いたなんてことにならなければいいですが。確かに進化すると違和感ないくらいの大きさなのかなぁ。進化系で等身大やったら大変なことになりそーですね。欲しいですけど・・・。


イーブイズ好き驚愕の「イーブイコレクション」シリーズが登場。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-423.html


ポケットモンスターオフィシャルサイト
http://www.pokemon.co.jp/index.html



リマスター盤解説の決定版?「ザ・ビートルズ全曲バイブル」。 

デジタルリマスター盤登場で今年のファブ4関連の盛り上がりはなかなかでございました。それ用の解説本も数々出版されておりましたが、管理人は全て未購入。それはこんな本が出版されるのを知ったからです。


まず価格からして、気合はいったものだなと。しかもリマスター音源の発売後、かなり時間が経過しての出版ですから、そーとー聞き込んでくるんではないかと予測(案の定、そのよーでした)。この本を紹介するwebに、10大特徴というのがありまして、

<10大特徴>
  1. リマスターCD完全対応!
  2. 従来のサウンド研究を精査してその成果を集大成!
  3. 楽曲の基本情報に加え、ボーカル、コーラス、使用楽器などの聴きどころを詳細に解説。
  4. ステレオ音像配置図、マスターテープの構成などを図示することで、より深い楽曲鑑賞をアシスト。
  5. 世界初の試み! 独自開発のソフトを駆使したパソコンにより全楽曲を徹底解析。
  6. パソコンによる解析箇所の波形図、レコーディング解明図など、多数の図版を収録!
  7. パソコンによる客観データに加え、人間の聴覚を駆使してバージョン違いの全貌を解明!
  8. マスターテープの不備など、マーク・ルイソンも知り得なかった数々の新事実を次々と解明。
  9. 日本初公開のものも含む貴重なビートルズの写真も収録!
  10. イギリス公式発売盤からアメリカ独自編集盤までの全オリジナル盤を著名写真家が撮り下ろし。
3番目と4番目が凄く気になってました。特にギター弾きとしては、どの曲でどのギターが使われたのかっていうところ(まあちゃんとギターの音を聴いたり、楽曲が録音された年代から容易に予想もできますが、ちゃんと明文化されているものが欲しかった)。ビートルズレコーディングセッションズにはそこまで詳しく記載されていないっていうのもありますし(ただ、この文献がなければこの本もありえなかったとは思います)。7番目の「客観的なデータ」っていうのも面白そうだなと。数値化が難しい音という物をどういう風に捕らえるのかっていうところに注目したいなと。

購入してみての感想。当然価格がこんなですから、装丁は豪華。各曲の解説が、4トラック時代がパート1と2~8トラック時代と分けられているのがこの本を物語ってるかと。具体的な例を挙げますと、「Drive My Car」は第4テイクがOKテイクで、トラック1はジョンのタンバリン、ポールのベース、ジョージのストラト、リンゴのドラム。トラック2にジョンとポールのボーカル、ジョンとポールとジョージのコーラス。トラック3にジョンとポールの2つ目のボーカル、ジョンとポールとジョージの2つ目のコーラス、ジョージのストラト。最後のトラック4はジョージのイントロとエンディングのストラト、ポールのピアノと間奏のスライドギター。これはカジノを使用。リンゴのカウベル。

こんな情報が表で示されていてとても理解しやすいかと。これはレコーディングセッションズより、ぱっと分かるのがいいですね。これプラス、ステレオで左右どんな音が聞こえてるのか図説されています。2トラック時代はなかなか複雑な録音構成を取れなかったが、4トラック時代以降は思うような録音構成が可能になってきて、そこでポールがギターの録音をし始めてジョージの居場所が・・・、なんていうのもこの本から読み取れます。ベーシックトラックの録音が終了してしまって、そこからオーバーダブが始まる訳ですが、それが非常に手間のかかる作業になり始めると、今度はリンゴの手が空く時間が多くなると。そんなこんなで「ペパーの頃はオーバーダブが長すぎて、チェスを覚える時間が云々」の発言につながって行くんでしょう。

モノorステレオVer.や87年の旧企画CDとの比較だけでなく、様々は編集版との音源比較なんかもかなり詳しく載っています。ここまでやる必要があるのかっていう位に。モノorステレオVer.で比較すると、どこのトラックのADT処理が2秒遅いとか、モノ版の方が1%程遅いとかそんなとこまで書いてあります・・・恐ろしいです('∇') というか、呆れる位素晴らしいと思いました。波形データなんかも色々あって、かなり詳しい分析がなされていました。

ビートルズの音をデータとして読み取りたいと思ったら、この本とレコーディングセッションズがあればもうばっちりかと思います(録音当事者系はサー・ジョージ・マーティンのこれと、中期後期のミキシング・エンジニアのジェフ・エメリックのこれでしょうか)。あと1冊となると、この本に凄い興味はあるんですが、ずーっとout of stockなんですよねぇ。白衣を着ているEMIのスタッフがもうなんとも(*^-^*) もう一歩踏み込んでファブ4の曲を演奏してみたいってなるとこれがなかなか良かったです。何より安い。

The Beatles Complete Scores
Hal Leonard Publishing Corporation
Hal Leonard Corp
売り上げランキング: 409

ただこーゆー類の本は、絶対に間違っていないってことはないっていうのは当然のことと思っていないと危険だったりします。今回「ビートルズ全曲バイブル」を購入してこのバンドスコアの「なんとっ」っていう所も発見しました。曲は「Girl」。スコアだとジョンのアコギは8フレットのCmってなんてますけど、「バイブル」の方はそこは8カポのEmなんでは?とのこと。確かにカポしたほうが弾きやすそーではありますが。「ハイフレットで難しいなぁ」なんて思いながら練習していただけに、ちょっとへこみました('~') どっちで録音したかは定かではありませんが、カポした方が楽ではありますよねぇ、絶対。

楽器云々とか抜きにしても、どーゆー経緯で曲が出来たとか、レノン=マッカートニー名義の曲でどっちがどんな事をしたとか、その部分の詩を褒めたとかを、今までのインタビュー等からの資料を基に書かれていて、これもなかなか興味深い点でありました。ジョンがAll My Lovingをあんな風に評価しているのは、とてもジョンぽくていいなと。

リマスター盤購入者なら、この本は絶対面白いと思います。もし購入されたリマスター対応の解説本に満足されていなければ、ちょっとでも覗いて見る事をオススメしますよ。重いんで立ち読みは大変かと思いますが。

ジョンがレコーディングに使用していた、12弦のアコーステックギターが西ドイツのフラマス(Framus)というメーカーってことがこの本に記載されていて初めて知ったのですが(映画ヘルプで悲しみはぶっ飛ばせの場面で弾いているらしい)、ちょっとこのメーカーに興味を持ち始めた管理人でございました。なんかビザールなギターも作っているようですし。


再発されるビートルズレコーディングセッションズ(完全版)。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-448.html


The Beatles in Mono、やっと聴き終わる。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-453.html


リマスターCD完全対応 ザ・ビートルズ全曲バイブル 
公式録音全213曲完全ガイド ―― 大人のロック!編|日経BP社
http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/rock/beatles-bible/


The Beatles
http://www.thebeatles.com/



東京スカイツリーを見てきました。 

千葉方面から東京へ向かって帰宅途中、京葉道路~三ツ目通りと右折し北上していくと・・・見えてきたのが建築中のあれ。そーです、現在絶賛建設中の東京スカイツリー(ツリーなだけに生育中?)。ランニングコースにしている汐入公園など、遠くからは見た事はありましたがここまで傍に来たのは初めてのこと。折角ですのでもうちょっと近くまで行く事にしました。(汐入公園から見える感じもいいんですよ・・・壮大な感じがして)

建設中の東京スカイツリー 建設中の東京スカイツリー 建設中の東京スカイツリー

遠くからでもかなりの大きさまで完成してるのは分かってましたが、近くで見るとまあびっくり。こんなに大きいのかと・・・。もう200メートルをゆうに突破して、220メートル前後まで伸びているようです。来年のちょうど今頃から次の春辺りまでには完成を予定しているよーで、その時には634メートルになるそーです。凄いぃぃ(゜▽゜;) こっからあと400メートルも伸びるのか。

あと今更ながらなのですが、建設されているロケーションの業平橋と押上駅の間。台東区に住む管理人にとっては目と鼻の先なんですよね。浅草から一個目の駅が業平橋ですし。殆ど行く機会の無かった地域ですが、タワーが建設された後はいろいろできるでしょーし、訪れる機会も増えるかもしれません。あー、あとこれは多分タワーが出来たら見ものの一つになるであろう、花火見学。墨田川の花火大会をタワーから見るのは人気が出そう。あと北千住付近で行われる荒川の花火なんかも見えると思いますし、他にも見れるかもです。4尺球で800メートル、2尺球で500メートル程度上がるようなので、花火を見下げるってとこまではいかないのか。でも第二展望台が450メートルってなっているんで、いい勝負そーですね。

完成まであと1年以上かかるこのタワー。またそのうち建築中に見に行ってみたいと思っています。

実はある場所から最初にタワーを見た時、これは違う建築物と思っていた時期があった管理人でございました。こんなに近くだったのね・・・。


TOKYO SKY TREE
http://www.tokyo-skytree.jp/