DVDとTVで観た「20世紀少年 <第2章> 最後の希望」。 

やっと観れました、映画「20世紀少年 <第2章> 最後の希望」。いやー、前作も「原作そっくりさん」のオンパレードでしたが、今回の目玉はなんと言っても小泉響子役の木南晴夏さんではないでしょうか。似てるっていうの通り越して、そのままですよねぇ・・・。びっくりしました。ユースケのサダキヨとか、古田新太さんの春先生、坂田のお嫁さんの高須役とかもよかったと思うんですが、木南晴夏さんが群を抜いてました。浦沢先生も始めてあった時に「小泉響子 決定」と書いたらしいですから。カンナちゃんがバイトしている中華料理屋の店長が、変な日本語を駆使するんですけどいったいだれかと思ったら小松の親分でふいた(*^-^*) これもナイスキャスティングではないでしょうか。あとは新宿の教会の神父さんとかですかねぇ。

第2章の中で語られる場面だと「ともだち」が殺されて復活するところは重要な箇所だと思うのですが、予告編から原作と異なることは知らされていましたが、あれはあれでなかなかのもんだと感じました。特に有明コロシアムの構造をうまく使って、屋根を開くとともだちの塔がっていうのは素晴らしいなと(実際にあんなに早く屋根は開閉できないはず)。まあ世界規模で展開されるような作品で、ローマ法王を原作のように出すのはさすがにNGだとは思いますが、結構あの場面が好きな者としてはどーなるのか心配だったんですけどね。

前作もそーですが、原作の長さ故にカットするという以上に原作とは異なるところが多々あり、これはこれで楽しめるのがいいです。しかもテレビ放送版には新たに「撮影+再編集」という力の入れよう。DVDだけでなく、こっちも保存しておきたくなります。

ちょっと前に20世紀少年についてエントリーした際に、最後のフェスティバルに出演するケンヂのギターがテレキャスの方がいいんじゃ?って思ってる理由なんですが、長くなりますが書いてみます。浦沢先生が好きなアーティストにボブディランという人がいます。フォークの神様なんていわれていたこともある人です。その人が突如バックバンドを従えてエレキギターを持ってステージに上がったもんで、今までのフォークの信者からは非難轟々。ステージに上がるディランに対して裏切り者と罵しり、ブーイングやら罵声を浴びせたという逸話が残っています。あの万博会場でのフェスティバルの前ってケンヂはずーっとアコギ一本で歌ってましたよね。ディランのニューポートジャスフェスティバルじゃないですが、万博会場で今までとは異なりエレキを持って歌う姿がディランと重なるんですよ。しかも庶民や13号までの心を開いた例の「スーダララの歌」こと「Bob Lennon」は演奏さえしないと。ケンヂなりになにか思うところがあってあの歌の演奏を拒否したと考えます。あえてみんなが知っているにもかかわらず。そこまでやるんだったら、浦沢先生的にはディランっぽくテレキャスの方がよかったんじゃないかなぁと思うしだいなんです。よりディランが投影される形になっていいのでは?と。まぁ、あえてそーしなかった理由があるんだとは思うんですけどね。ケンヂが大学時代のバンドでレスポールを使っていたから、あの場面でもレスポールってことではないと思ってます。そんな単純ではないじゃないかと邪推しております。(映画ではマルオにあげたことになっているのが、テレキャスターというタイプのギターです)

本日から公開となった、「20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗」。最終章で期待している出演者はなんといっても、ケンヂと大学時代にバンドを組んでいて、今は焼き鳥屋の主人になっているビリー。まさかユキヒロさんが登場するとは(*^-^*)確かに原作を見直すと似てるんですよねぇ、どことなく。ただ残念なのはビリーのパートはベースなんですよねぇ、ドラムじゃなくて。まあドラムの姿は見かけるんで、逆にベースを持ってステージに上がるなんて初めてなんじゃないですかねぇ。最後のフェスティバルの場面は楽しみです。そ・し・て、遠藤ケンジの元ネタとも言える、「日本のニールヤング(こんな風に言う人はもういないか)」、エンケンこと遠藤賢司さん。元ネタがどーも、ケンヂを助けるらしいんですよね・・・。で、ちょっとしたやり取りがあるようです。

*このあとの文章は原作を知っていないとネタバレになります。映画を楽しみにしている方は注意してください。ちょっと伏せてはいますが、知らない方は読まない事をオススメします。










第2章のDVDだったりテレビCMだと「ともだち」が二人いるシーンがあるんですよねぇ。あれが気になってしょうがない。立っている方が座っている方にマスクをかぶせている?みたいな感じで・・・。しかもですよ、時間の流れが過去に戻ってないとすると、すでに****は亡くなってる。なのであのシーンは****が生きている頃、最初の「ともだち」である****と復活以降の「ともだち」である****なの??? ということになると、****は最初から****を2人目の「ともだち」として予定していた・・・? 分かんなーい('∇') こればっかりは映画館で確かめてきます。あとこれもテレビCM出しか流れてないと思いますが、学校と思われる場所の屋上で、ほうきをギターがわりに弾く少年(多分これはケンヂ)と、ナショナルキッドのお面を横に置く少年(ようは「ともだち」でしょう)が肩を並べて座っている場面。これも原作に無い場面だけに何が起こるのか楽しみです。

映画館ではグッズもいろいろ購入できそーなんですが、物語のきっかけ?でもある地球防衛軍バッチが欲しいなぁと思っている管理人でございました。折角だから、駄菓子買って当たらないと貰えないとかにしたらよかったのに('~') さすがにそれはやりすぎか。


遠藤ケンヂはニールヤング?(20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗)。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-451.html


20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗
http://www.20thboys.com/index.html




再発されるビートルズレコーディングセッションズ(完全版)。 

前回紹介したデジタルリマスター化されたCDを中心に、2009年9月9日前後には他にもファブ4関連の物が多数発売されるのですが、その中でも管理人的には目玉商品だった、「The Beatles: Rock Band」のWii盤は結局日本発売は無し?こーゆーときにWiiのリージョンコードの設定を恨みます(The Conduitとかもやりたいのに・・・)。書籍関係ではファブ4好きにも60年代当時のレコーディングの模様を生々しく記録されているのでバンドマンに是非手にとって貰いたいと思っていた「ビートルズレコーディングセッションズ(The Beatles Recording Sessions)」が装いも新たに完全版と銘打って再登場するそーです。

ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版
マーク・ルーイスン
シンコーミュージック・エンタテイメント
売り上げランキング: 18769

最初に邦訳が出たのが1990年。当時は日本版が白黒で本の大きさが小さくなったことにどーだこーだ言う人もいたと思いますが(英語版はカラーでよくある絵本のような大きさ)、逆に資料として調べる際には今の大きさの方がよかったと思ってる人のほうが多いのではないでしょうか。当時は海賊版のテイクととっつき合わせてみるくらいしてましたが、その後アンソロジーシリーズが出たりしてもっとこの本の価値が上がったように思えます。この本によりますと、「EMIの幹部からビートルズが録音したテープを一切捨ててはならない」と録音スタッフに御達ししていたようで、詳細な日付とテイク番号からどのように4人とサー・ジョージ・マーティンが曲を構築していったかが計り知れます。その価値を分かっていたEMIの幹部に拍手。

あとこの本から読み取れる重要なファクターとして、「録音形態の進化」という点も見逃せない箇所。実質8年くらいの間ですが。まあ簡単にいいますと、ビートルズの我がままにアビーロードのスタッフが右往左往して機材が発展していったと(*^-^*)ダイレクトボックスを用いての録音やダブルトラッキング、「A Day in The Life」の24小節の低い音から高い音へ上っていくオーケストラの録音の際に使った4トラックレコーダーを2台をシンクロさせるとか。彼らの要求に答えることが現代のレコーディング技術の礎になっていたりする訳ですよ。今だったら何十トラックも使用してエフェクターをトラック毎にかけるようなDAW環境が個人で所有できる時代ですけど、制限ある中で当時の技術者がいかに20世紀の音楽的リーダーと渡り合ってきたかという方向から読んでも非常に楽しい本です。当人達はすっごく辛い時も多かったようですが・・・。ジョン・レノンって人のずぼらだったり我がままがこんなに人に役立つとは、当時の彼は全くそんなことはおもってなかったでしょうねぇ。

管理人の持ってるのが、1990.7.20と日付の入った初版本なんですが、これの総ページ数が351ページ。今回のヴァージョンがシンコーミュージックのサイトによると368ページとなってます。アンソロジー関連と21世紀になって発売されたアイテムが加わるようです。表紙も異なる模様。正直、買いなおすかどーかは内容見てからにしようかと思ってます。ただ持ってない方には非常にオススメできる本ですよー。

1963年の2月25日のところに著者のマーク・ルウィソーンさんがこんな事を書いています。なんでビートルズのステレオ盤はリズムが左でボーカルが右チャンネルみたいなミックスなのか?という問いにジョージ・マーティンが答えたのを受けて、「レコーディング個々のパート細かく分析できるという理由からステレオ・ヴァージョンを好む人が多いということだ。サウンドのよさでは、モノ・ヴァージョンのほうが数段上である」と。多分こんな記事が頭の中に残っていてモノボックスを予約することになった管理人でございました。


Mono or Stereo、どっち買います?ビートルズのデジタルリマスター盤。
(購入熟考エントリー)
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-446.html



HATSUNE MIKU ORCHESTRA - HMOとかの中の人(PAw Lab.)。 

2008年の1月に、「HMO(初音ミクオーケストラ)に夢中。」というタイトルでエントリーしたことがあるんですが、そのページに結構な数の方の来訪がありまして、「へぇ、初音ミクオーケストラって言葉が意外にも浸透してる?」なんて思っていました。実際どーだかは分かりませんが。なんだかだんだんページビューの数が増えていったので、なんだろうなと思って本家のニコニコ動画を見てみると・・・なんとCD化されるなんて書いてあるじゃないですか。で、調べてみると今までもイベント等で即売はあったようですが、そーゆーイベントには興味ないので知りませんでした。今回はインディながらも流通に乗るそーなので、アマゾンさんでポチリ・・・。明日発売のCDが今日届いたので聴いた感想なんかを。

Hatsune Miku Orchestra
HMOとかの中の人。(PAw Lab.)
JOINT RECORDS / Third-Ear (2009-08-26)
売り上げランキング: 31

iTunesにHMOとかの中の人がカヴァーした「以心電信」のmp3を抜き出して、カヴァーフロウ用に画像まで抜くほど愛聴していた音源が、とうとうもうちょっと普通な音質で聴ける事を楽しみにしておりました。サイトに視聴用の音源があって聴いてみたところ、これですら既に音がよくなっていて驚く。圧縮率の問題なのか、これが小池さんの仕事の力なのか・・・。っていうか、本家YMOのエンジニアである小池光夫さん起用とか、所謂「第四のYMO」こと日本シンセサイザープログラマー協会会長の松武さんも絶賛とかYMO周りのお堀埋めすぎ(*^-^*)ここまでくると間違いなくハリー細野氏辺りも「HMO、ミクちゃんでしょ?知ってますよ。いいよね(ボソッ)」とかって言ってそーですよねぇ。もう羨ましいかぎりですよ、ちょっとしたカヴァーがここまで広まってCD化までされて、その音源には関係者が加わってくれてるなんて。

21世紀にまさかの復活を果たしたYMO(やHASYMO)は、ラガービールの宣伝に使われた「RYDEEN 79/07」のようなシーケンスパターンを極力減らし曲の骨格を剥き出しにするようなミニマム方面に向かっていきましたが(現代の流れにそった方向だと思いました) HMOとかの中の人のカヴァーは全体的に原曲を21世紀モードにブラッシュアップしたかのような音色とリズムが中心。特に今作の「Nice Age ~ Technopolis ~ Rydeen」の流れはうっているリズムのせいもあって熱い('∇') 元々Nice Ageをこんな風にカヴァーしていたとは思うんですけど、実際この曲順で聴くのはいいですねぇ。

大好きだった「以心電信」は勿論、今回改めて聴いていいなと思ったのが「Cue」。メインでなってるパッドのシンセの音色の雰囲気とかもそーなんですがモジュレーションのかけ方とかも(なんて書いてて心配になり、BGMのアナログ盤を聞いて確認したへたれな管理人・・・記憶が湾曲されてないかと思いまして)。作品の構成の理解度が物凄く高くないとここまで迫力を出せないと思います。あとチコチコバックでなってるシーケンスとかこの音は本来は無いと思うのですが、なんで本家は無いんだと思ってしまう程でした。前述した通り、アナログ盤をひっぱりだして「Cue」を聴いたんですが、別にミックスが似てるとかそーゆーのはないんですね。ぜんっぜん違いました。違ったからどーだってことはないんですが。細かいとこだと「ナイスエイジ↓」じゃなくて「ナイスエイジ↑」だったりとか、「何いってるのー」等々小ネタもぐー。あとおじさんアイドル化したYMOのアルバムを持っていないせいか、あまり印象がなかった「Lotus Love」。正直、HMO経由で改めてYMOの「Lotus Love」が好きになりました。これは本当に感謝してます。やっぱりハリーの歌はいいなぁと。

全体的に「頭クラクラ みぞおちワクワク 下半身モヤモヤ」感のあるアレンジが多く、YMO御本人達には悪いんですけど、この作品がYMO入門編でもいいんじゃ?と思ってしまうほどのクオリティで驚きました。セレクトされている曲も有名なものが多いですしね。HMOを経由でYMOにたどり着く若い世代とかいると思いますが、今なら初期行くよりもいきなり中期の「BGM ~(いわゆる)Technodelic」にいっちゃっても十分耳はついていけるんでしょうね。当時のリスナーは初期から中期への変動のふり幅にはそーとーショックだったと思いますけど。中期のこの2枚は「YMOの存在意義」を決定付けた良盤だと思います。ディスコグラフィを見てみるとベスト盤みたいなのがいっぱいあってなんだか分かり難いと思いますが、アルファ商法ってやつなんで気にしないでください。

BGM
YMO
ソニー・ミュージックハウス (2003-01-22)
売り上げランキング: 4704

テクノデリック
YMO
ソニー・ミュージックハウス (2003-01-22)
売り上げランキング: 18142

techodelicjpg.jpg

こーしてまとめて聴いても楽しめるとはやっぱり中の人の実力はそーとーなもののようですね。今度はYMO周辺人物編とかいかがでしょうか?特に「三国志 愛のテーマ」とかは、かなりはまりそーな気もします。そうそうインディーでこの価格とは思えない程の仕上がりのブックレット形式になっていて、漫画とかイラストとかも。そっち系が好きな人はいいのではないでしょうか。温泉マークのあのシャツが学生風っていうのは初めて聞いた・・・。

Nice Ageの歌詞が「She's at a Nice age Ripe age、ねぎミクきざみ中」に聞こえてしょうがない管理人でございました。ミックミックにねぎなんで、あってるちゃーあってるんですが('~')



HMO(初音ミクオーケストラ)に夢中。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-349.html


PAw Laboratory
http://hmo.client.jp/


Third-Ear JPN Ltd
http://thirdear.s12.coreserver.jp/



Mono or Stereo、どっち買います?ビートルズのデジタルリマスター盤。 

もうなんと2週間ちょっとと迫ってきました、BeatlesのCDのデジタルリマスター盤の発売が。管理人、アビーロードに観光に行ったことがあるものの、ビートルズの全タイトルを持っているってこともなく、ちょうどいい機会なのでボックスセットの購入を目論んでいました。

The Beatles In Mono
The Beatles
EMI (2009-09-09)
売り上げランキング: 88

The Beatles (Long Card Box With Bonus DVD)
The Beatles
EMI (2009-09-09)
売り上げランキング: 168
そこで問題となってくるのが、モノバージョン or ステレオバージョン。さてどっちを買うか。「今更モノなんて」って思われている方々!ちょっと待ってくださいね。なんでわざわざ今回モノバージョンが発売されるかといいますと、まだ60年代だとモノが主流を占めていて、まずはモノミックス、そしてステレオミックスという工程で仕事がなされていたようです(参考図書 ビートルズレコーディングセッション 著マーク・ウィルソン)なので「オリジナル盤に近い」って話になりますと、モノバージョンがそれにあたるのかもしれません。(2009.9.11 追記 モノボックスに付いていたブックレットによると、クラシック好きかジャズ好きかくらいしかステレオセットを持っていなかったと記載されてます) モノミックスとステレオミックスで使用しているテイクが異なったりするので、ヴォーカルとかギターが異なるなんてこともあるようです。ミックス作業にファブ4はあまり興味をみせず(多分当時のミュージシャンは殆どなんだと思いますが、その作業自体に帯同していない。ただ諸説あるようでモノミックスには立ち会ってるなんて話もあるよーです。詳しくなくてすいません)。

で、どこまでモノミックスが存在していたかと申しますと、純粋なファブ4の作品だとホワイトアルバムで、旧ヴァージョンのイエローサブマリンも両者がある模様。つまりアビーロード以降はステレオミックスのみとなっているようです。(UK盤はこんな感じなんですが、US盤もこれにほぼ準じているんですけど、ホワイトアルバムのモノ盤は未発売のようです)

元々モノミックス盤って聴いたことがなかったので、購入はモノミックスボックスへ傾いていたんですが、よくよく調べると、

  • ステレオミックスボックスに入っているDVDが付かない。(モノミックスは各作品に付くクイックタイムの映像特典も無し?)
  • CDを入れる箱がステレオミックスの方がかっこいい?
  • 当然、モノミックスが存在しない「Abbey Road」と「Let It Be」は無し。
  • 価格がモノミックスの方が枚数が少ない上に高い。
とステレオミックスボックスの方がいいんじゃ?と思わせておいて実は、

  • ただモノミックスのCDは分売しない様子(今のところはこう明言中)。
  • モノミックスのみ紙ジャケ仕様。
  • 「Help!」と「Rubber Soul」の未CD化のステレオミックスがそれぞれボーナストラックとして収録。
とまあ、どっちもどっちな仕様となっております。「Let It Be」と「Abbey Road」が無い件は、アビーはアナログで持ってて、レットイットビーそんなには聴かないからいいのかなーと(レットイットビーは映画で十分のような気もしてます。といいますか映画がいい)。因みに日本のアマゾンさんで売られるのはUS盤。UK盤も当然あるんだろうと思い、UKのアマゾンさんをみると、パーラフォン盤が。さすがにここまで拘ることもないか・・・。

ステレオミックス盤にちょっと心動かされましたが、取り合えずここは今しか買えないかもしれないモノミックス盤の方を購入しようと決定。あとは覚悟を決めてポチるだけとなりました。

アビーロードのアナログ盤、持ってるのは確かなんですけど、実は未だに未開封な管理人でございました。シュリンクされて「LIMITED EDITION」っていうシールが張ってあったんで開けるのを躊躇して早10年くらい?どうも調べてみると95年にプレスされたUSアナログの最終プレス盤らしく、ジャケットの裏の右上にバーコードが入っているのが特徴のようです。


The Beatles in Mono、やっと聴き終わる。(モノ盤感想編)
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-453.html


再発されるビートルズレコーディングセッションズ(完全版)。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-448.html



続きを読む

えこさんのライブ@浅草KURAWOOD 

約3年前のエントリーで水戸ホーリーホックのサポーターソング、「走れ☆ホーリーホック」についてここにエントリーしたんですが、コメント欄の返答でこの歌を歌っていらっしゃるえこさんに対して「ぜひecoさんのライブにも行ってみたいと思ってる次第でございます。」と書いてこんなに年月が流れることになるとは。とうとう「eco」さん改め「えこ」さんのライブに足を運ぶことができました。

きっかけはえこさんが発行されているメールマガジン。1~2ヶ月位ごとに出演・活動予定だったり、リリーススケジュールが記載されているのですが、なによりいいのが冒頭にあるえこさんのちょっとした文章。季節のことだったり今感じていることなんかが数行に渡って書かれているのですが、これ読んでるだけでお人柄が分かるのがほほえましい。今月はじめに届いたメールマガジンにはアラスカに旅行に行ったことが綴られており、とても貴重な体験をなされてきたようです。そしてライブスケジュールの欄を読んでみますと・・・、

◇「輪音 vol.2」2009年8月18日(火) 東京・浅草KURAWOOD

!!!これってもしや前に調べたことのあるあそこか!この浅草にある「KURAWOOD」さんというライブハウス。ここの存在自体は浅草ジンタについてエントリーした時に知りまして、一度は訪れてみたかった所。何でかと申しますと、兎に角家から近い。自転車で15分くらいの距離なんです。ふらっと訪れられるライブハウスなんて、東東京にはなかなかないですから貴重でございます。今回のライブは「輪音 Vol.2」という女性中心のSSWが出演するイベントで、演奏時間は僅か30分ほどの予定のようでしたがここまでえこさんが近くにきたことも多分ないので行ってみることにしました。

前の出演者のNAADAさんの機材撤去&えこさん用のキーボードのセッティングも早々に終わり暗がりの中、椅子に座り開演を待つえこさん。そして会場に流れるSEはレゲエと全くかみ合ってない('∇') ちょっと可笑しい。程なくしてSEも落ち、ライブのスタート。1曲目終了時の「冷房と緊張(でしたっけ?)の為か喉が渇き歌詞を間違えてしまった」というMCにちょっと笑いが。茨城放送で彼女がやっているラジオのテーマソング?、「はなうた」。学問ノススメじゃないですが、「はなうたノススメ」とも思えるMCと主に演奏してくれたんですが、3枚目のアレンジされたVer.もいいですけど、キーボード一台の弾き語りVer.もよかったです。

物凄く「ライブハウスっぽいなぁ(ハート)」と思ったのが「喫茶ハーモニカ」の中の1曲、「響(きょう)」を演奏された時のこと。演奏前におもむろに飲み物が乗っている台の方に振り返る。別に飲み物を飲む訳でもなく。演奏が始まって理由が分かったんですけど、キーボードの音の他に海岸の波の満ち引きのSEがスピーカーから流れたのですが、多分えこさん、この音をポン出ししていた模様。MP3プレーヤーかなんかで。「自分でやるんだ」と妙に関心してしまいました。(喫茶ハーモニカをめぐるもっと素敵?なエピソードを後述します)

短かったとはいえ、えこさんの演奏を感じられて大満足でした。しなやかで、ちょっと視線を上げて歌い弾く姿がとっても素敵といいか、とてもかっこよかったです。まさかえこさんをこんな風に思うとは思いもよりませんでしたが・・・。

管理人、当然ながら歌うえこさんはもとより、しゃべるえこさんや動くえこさんを初めて見ることになったのですが、その距離僅か3メートル位とちょっと恥ずかしいくらい近い。しかも見ている人は登場したアーティスト+スタッフ含めても20人ちょっとくらいな環境なんで尚更です。ライブの時もキーボードのフットペダルを踏むと「キュッ」っていう音が席まで届くんですから(*^-^*)弾き語りっていうスタイルですし、別段音が小さいってこともなく、観客も静かに聞きいっていたってこともあるんでしょうか。えこさん、当日は素敵なサンダルを履かれていたんですけど、ペダルが踏み難いのか右足はぬいで演奏してましたよ。ちょっとした発見♪(フットペダルの件はスタッフの方も気付いたらしく、えこさんのライブ終了後キュッキュやっていたが解決せず('~'))

終了後、物販ブースにえこさんがいらっしゃったので、前から欲しかった絵本付きのCD?、CDつきの絵本?「喫茶ハーモニカ」を購入。ここでえこさんから衝撃の事実が(*^-^*) なんと「実はCDが今なくて、CDをプレスしていまして」とのこと。これには管理人も驚きましたよ(;゜ロ゜) えこさんのなんとも困った顔含めて。CDは後ほど送付して頂けるそうです、これはこれで楽しみが増えました。

帰り際にえこさんにお写真をお願いしましてそれがこちら。ちゃんと掲載許可も頂きましたんで、載せてみたいと思います。お疲れのところ、ありがとうございました。

えこさん

今回訪れた浅草KURAWOODさん。中も綺麗でいい感じ。お客さんの数にもよるんでしょうが、椅子とテーブルが当日はあり、椅子は座面がたたみになっているハンドメイド品なんでしょうか、あれは。でも座面に同じ柄の装飾が施されてたし、売ってる物なのかも知れません。テーブル等に灰皿がなく、ステージ前は禁煙なんですかね。タバコ吸わない派にとってはとってもありがたいです。だいたいライブハウスって床にタバコの灰が落ちた後があったりしますが、床も綺麗だった気がします。そうそう、箱の大きさ的にあの規模でシナロケとか観れるのはかなりいいなーと。今回行っただけでもオススメできそーなライブハウスです。

ゆったーりした雰囲気の中で聴けたえこさんの歌。弾き語りのスタイルだけでなく、他の方との競演したものなんかもぜひ体験したいと思いました。えこさんのライブ、オススメですよー。

えこさんのライブの後に、吉川みきさんという方が歌われたんですが、声量もあり衣装というか格好が濃いなぁと。で、自宅に帰ってきて彼女のフライヤーを読んでみますと、「元アース・ウィンド&ファイターの初代KB」・・・。妙に納得してしまった管理人でございました。イカ天に出た頃のキーボードは吉川さんだったんですかねぇ。


走れ☆ホーリーホック! (管理人がえこさんを知ったきっかけの曲)
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-206.html


えこ on website(ここが多分現在のHPだと思います)
http://eco-sing.net/


浅草KURAWOOD
http://www.kurawood.jp/top.html



4845歩のマーチ(イーブイ孵化行進曲)。 

管理人、ポケモンの中でもイーブイの進化系、特にサンダースが大好きなんです。今まで使用していたサンダースは「10万、石火、みがわり、電磁波」と対かみなりポケモンになったときに、とことん何も出来ない事をバトレボで感じ、どーしたものかと思っていました。石火ある分、タスキで耐えられても落とせるのはいいのですけど。その枠をシャドボにしてもいいのですが、そこで今回勝手に夏休み企画を考えたまして、それが、

めざパ氷67以上のイーブイの孵化+その過程で誕生したイーブイをシャワーズ等に進化させて対戦用持ちポケモンを増やす。
というもの。めざパ氷サンダースってとってもメジャーで読まれやすいかもですが、それだけ汎用性があるっていうか、雷属性が無効になる地面タイプに対して、一泡ふかせるにはめざ氷or草しかない?現状があると思います(ではなんでめざ水という選択肢をとらない人が多いのか想像しますと、めざ水になるタイプが「cDS」だからなのかと、もう一つは氷だと草タイプandドラゴンタイプにも2倍撃になるからでしょうか)。サンダースの育成について最近の流行?ですと、持っている「すばやさ」を生かし(所謂すばやさ130族の1種)、豊富な各種サポート技(バトンタッチ、あくび、ねがいごと、あまえり、ひかりのかべ等々)でパーティに貢献するようなセッティングが多いようですが、ここはあえて 「アタッカー」的なポジションのサンダースを育成したいと思います。まあ管理人が主戦場としているバトレボの6:6見せ合いの3on3だと、すばやさを生かして結構ごり押しでもいけちゃうのでは?ということもあり、大好きなサンダースに暴れてもらえるような構成を考えました。

なので性格は「おくびょう」ではなく、とくこうが上昇する「ひかえめ」を採用。 「ひかえめ」のすばやさの固体値が最速だと「150」。ここに努力値252振りますと、「182」に(いくつかのツールを使って調べたんですけど、 50戦だと248振りと252振りって差がないと思ってました。理由:50戦は8振るとステータスが1上昇。 100戦が4振ると1上昇という上昇率のはず・・・。248振りで計算すると「181」って出るんです。これって勘違いですかね?)。参考までに、せいかく「おくびょう」ですばやさ252振りすると50戦だと「200」に。 「おくびょう」と「ひかえめ」のすばやさの差は18。この18の間にすばやさ最速に振ってあり対戦なんかで見かけそーなポケモンで、どんなのがいるかと申しますと、マニューラ、ジュカイン、スターミー、ペルシアン、エテボーズ・・・(伝説幻等は除く)。なにが残念かって、スターミーにすばやさたったの「1」追いつかない。スターミーとかエテボーズの次に速いのがブニャット(意外すぎる)で、 これが最速「180」。これを無視して、この次のグループより「1」早くしようかなとも思ったんですけど、ここで悩み中。調整して得する事が果たしてあるのか。115族を抜けないのは痛いなぁ。

それでアタッカーってことなので、とくこうにも252振り。残りはぼうぎょ辺りにしようかと。技構成は「10万ボルト」をメインウェポンにするのは今まで使用していたサンダースと同様。そこに「めざパ氷」をいれて、基本氷4倍撃狙いでその他として対地面タイプ+ドラゴン用に。そしてサンダースといえば?「みがわり」。もう一つを今回のイーブイには遺伝技として「欠伸、願い事、甘える、嘘泣き」と他の進化系にも使えそうな4つの技を入れてまして、サンダースは「欠伸」を採用しようかと考えてます。イーブイは卵グループが「陸上」ってところなんで、画伯ことドーブルとかけあわすことが可能なポケモン。なのでドーブルの♂に遺伝技をスケッチしておけば、比較的簡単に遺伝させることが出来るのでオススメです。持ち物なんですけど、管理人は今まで使ったことのない「命の珠」を候補に。めざパの威力しだいでもあるんですけどね。

頭の中でこんな風に考えるのは、そんなに難しい話じゃーないんです。何が大変かってめざめるパワー氷である程度の威力を持ち、最速のイーブイを生む為には「特攻、特防、すばやさ」の固体値が所謂「V」でないいとだめってとこ。ようは「3V」とか「CDS」ってやつですね。で、「CDS」のイーブイを生ませる為に一番確率が高いのが、オスメス共に「CDS」にしてあげるというもの・・・。管理人、今までパール以降それなりに孵化作業をやってきたつもりであります。牧場には200以上?のロコンとかアブソルとかフワンテとか群生してますし。もっとかも。大体作業の終息点が「すばやさがほぼマックスで、もう一個の要点となるステータスもほぼマックス状態」というもの。簡単に言いますと2V+アルファくらいまでねばって終了ってことが多いのですが、今回はそんなもんじゃーありません('∇') なにせ3V前提ですから。まず親から(i-i)

技の遺伝に関してはよくよく考えたら、今年の4月頃にやってたのを忘れてました。それでほっぽっちゃったんだった・・・。この作業中に「C」だか「S」だかのイーブイが生まれてきて、それを親にして本格的な孵化作業に。これは先月の中旬くらいから進めて、オス「CD」 x メス「CS」の状態でやっていたらオス「CDS」が誕生。オス親を生まれた「CDS」にしてから1日か2日後、

イーブイ 28-26-10-31-31-31 めざパ氷69

!!!キターーーー。メスなんですがこの時点では所謂「爺前固定」ではなかったり(あとで孵化数がとんでもなくなってボックスが窮屈になり爺前に移行)。生まれちゃいましたよ&めざパ氷でしかも69と高火力。68以上なら即採用と思ってたんですけど、まさか69がでちゃうとは(なんでも威力67と68の間に大きな差がある模様)。ぼうぎょに若干不安があるので、終わってもよかったんですが折角なのでもうちょっと粘ることに。この子を親にするのもいいのかもしれませんが、なんかもったいないので、CDS x CSで続行。

続いて生まれたのが、

イーブイ 27-21-27-30-31-31 めざパ電68

イーブイを「ふしぎなアメ」でレベル5にしてV判定を行うと、5の時点で固体値が「30 or 31」まで識別できるのでまたキタかと思ったら特攻が「30」でした・・・。(例えば今回の「ひかえめ」イーブイですと、とっこう・とくぼう・すばやさがそれぞれ「12・13・12」だと30or31確定。「おくびょう」だと「「11・13・13」になると思います。)でこの子をメス親にして再び孵化開始(これが若干あだとなる)。そのあとめざパ氷65のメス「CDS」が生まれてこっちにチェンジするんですが、遺伝技の「欠伸」が消えていた・・・。もし消えてなかったら「ハイポン、めざ電、シャドボ、欠伸」のシャワーズなんてよかったのかなぁと。ちょっと後悔しています。もう一個攻撃技いれて、スカーフシャワーズなんていうのも有りなんでしょうか。

その後、「CDS」になってもめざパドラゴンが2体。氷67が1体。結局CDS x CS時代を抜けず。ただその過程の中でこんな2体が生まれました。

イーブイ 22-9-31-31-31-31めざパ ドラゴン68
イーブイ 27-0-27-31-30-31めざパ ゴースト68

被ダメージ計算したら、HPが多い下の子の方が多少特防で受けるダメージ減少もいいようで、この子はシャワーズにしてみようかと思ってます。あと管理人の中で「4V」は初めてのような。「3V2U」っていう子はここにいるんですけどね。うちの絶対的なエースです('∇')

ここまできても、まだだらだら孵化作業を前述した通り、「爺前固定+透かし卵」でやってはいるのですが、なにが辛いってイーブイの孵化にかかる歩数。「ほのおのからだ」持ちを入れても4845歩って大変ですよ・・・('∇') 「透かし卵」を最近知って使ってるのですけど、これなかったらもっと辛いとは。



ポケモンの中には「ほのおのからだ」持ちが入れば1900歩ちょっとで孵化するやつもいるというのに、約5000歩は本当に大変です。まあそれでも素敵なイーブイが生まれれば、とっても嬉しいのでがんばれるんですけどねぇ。そうそう、能力遺伝のルーチンの関係上、親がCDS x CDSぐらいでやりますと、生まれてくる子供の半数くらいは「2V」持ちとかなんですね。「1V」の子の方が少なく感じます。なんかボックスに入れておくだけっていうのは勿体無い。なので、

オスのイーブイ、性格「ひかえめ」で「CDS」のうち1V~2V程度で構わないという方、里親になってもらえませんか? 交換していただけるポケモンの主要ステータスが1V位あると嬉しいですが、その辺はお任せします。(ステータス関係なく、遺伝技が「欠伸、願い事、甘える、嘘泣き」のオスなので遺伝技が欲しい方もokです。あとサブロムで孵化しておりまして、親名&IDが通信する際のロムと異なりますことをご了承下さい)

但しWi-Fi環境での交換が前提です。改造ポケモンもご法度とさせて貰います(今回の交換対象だけでなく、普段から改造ポケモンを使用している方も含みます)。交換して頂ける方はコメント欄に書き込んで下さい。基本は平日ですと21時~24時位の交換になると思います。交換後、固体値チェックの為の100 vs100戦をご希望ならそちらも可能です。その旨を書き込んで下さい。交換してくれる方が現れるか不安ですがまずは取り合えず3人まで、期間はHGSS発売前日までとします。ご要望があれば追加もあるかもです。交換、お待ちしております。

流行に逆らって「ひかえめ」サンダースを育成しようとか言ってる割に、今爺前で固定しているのはオスの「おくびょう」だったりするチキンな管理人でございました。これがメスだったらとか考えないようにします。

これは管理人のトレーナーズカードです。ここのサイトで作れますよ。ほんとは保険でガブリとかいれてます、すいません、すいませんm( __ __ )m 

管理人のトレーナーカード


『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/special/hgss/