みんなのニンテンドーチャンネルに有野課長降臨中。 

毎週水曜日更新のWii専用コンテンツである、「みんなのニンテンドーチャンネル」。発売間近のタイトルだったりDS用の御試し版のダウンロードが出来たりと、なかなか充実していまして毎週楽しみにしている管理人。「さて、今週も更新されてるかなー」と思い覗いて見ますと・・・。

ゲームセンターCX番外編 「ロックマン9野望の復活!!」Vol.1の文字が。ちょ、有野課長ついにWiiに降臨ですか('∇')ゲームセンターCX本編でも以前取上げられていた(ギブアップ回もありな)、ロックマンシリーズ。この度「ファミコンテイスト」に拘ったという「ロックマン9」がWiiwareとして発売されたのを記念しての番外編のようです。これはいい宣伝を考えましたな、カプコンさんは。

Wiiのヴァーチャルコンソールの作品にCXの名物企画、「有野の挑戦」で取上げられた作品が数多く発売されているのは有名だと思います。(ex.スーマリ3、コンボイの謎、迷宮組曲、いっき、忍者龍剣伝etc) CXがある程度放送されてから一時任天堂タイトルが挑戦に一切出てこなくなり、どーなったのか色々噂もありましたが、去年?だか地上波で64のマリオ64の挑戦が放送されて、その際に「マリオ64はバーチャルコンソールで購入出来ます」みたいなテロップが流れたので、これはなにかしらの進展があったのかなぁと当時思っていました。そのいい流れが今回の番外編に繋がっているのならば、これはよかったです。

で、問題の今回の挑戦なんですが、課長有野を知ってる方はとーぜんなんですけど、序盤からあぶなっかしいプレイ続出で見てる方がハラハラします。まあ以前の作品のように絶妙にトラップが仕掛けてあるロックマンシリーズですから、そう一筋縄にはいかないと思いますけど。

今回のロックマンの新作のこの「9」、実は今の今までWiiに乗っかっているファミコンのソフトウェアエミュレータ上、つまりバーチャルコンソールで動いているファミコン作品と同様な感じで動作するものを作ったのか、それは凄いことだ、なんて勝手に関心してたんですけど、それって絶対無理ですよねぇ。普通に考えれば。だってファミコンの言語とか知ってる現役プログラマーなんてそーそーいないと思いますし。多分Wiiの言語でファミコンサウンドを表現したり、ドットをファミコン色調?(こんな言い方しないかな)っぽくしてることによって、再現してるんでしょうか。いやー、それにしてもまさに「ファミコン」な動きと音に驚かされました、このロックマン9には。

GCCXの方はそろそろDVDのボックスのVol.5がでるそーで、こちらも楽しみ。あの2007年の年末を震撼させた、「カイの冒険」はどの程度のボリュームで収録されるのか、またされないのかも管理人的には注目です。


ロックマン9、一体どれくらいの期間でどの程度の予算、そして規模をもってして作り上げられた作品なのか非常に気になる管理人でございました。ある程度ペイ出来るならば、他のメーカーさんもこの手のBack to The Famicon的なWiiwareは有りなのでは?


メトロイドと私~課長はなぜメトロイドに助けられたのか~。 (スーパーメトロイド編)
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-488.html


Wiiウェア
http://www.nintendo.co.jp/wii/wiiware/


Wiiウェア「ロックマン9」公式サイト
http://www.capcom.co.jp/rockman/9/main.html


ゲームセンターCX
http://www.fujitv.co.jp/cs/gamecenter/index2.html



空飛ぶヒンバスはミロカロスへの進化の夢を見るか?(ミクルのみでのポフィン作り) 

ヒンバスからミロカロスへ進化させる為に必要な「うつくしさ」のアップ。これにはポフィンを使用する訳ですが、今まで殆どポフィン作りに精を出したことのなかった管理人。自前でミロカロスへ進化させることを目標に数回の練習を経て「ミクルのみ」を使用したポフィンを使い、ミロカロスへの進化を成功させたエントリーはこちら

それからですね、何体かヒンバス→ミロカロスへの進化をやってきたのですけど、あの時はかなり難しいと感じていた「Lv.43以上のしぶあまポフィン」。かなーり運にも左右されるのですけど、 3~4回に1個くらいはなんと出来るようになってきました。因みに今までの最高レベルは46っていうのが有ります。多寡だか20~30ヶくらいしか作っていない管理人が言うのもなんなんですが、なんとなく注意している点がありまして、

最初のゆるゆる状態の時が勝負。一回くらいこぼしてもいいくらいな勢いで(ホントはこぼしちゃだめ)、ちょっと固まってくる2段階目まで内容物をグリングリン回して入れ物の外周付近際にキープしましょう。

それさえ出来ちゃえば、後は運任せ。反対回しの指示が出る数が減れば、それだけレベルの高いポフィンが作りやすいのでしょうか。この辺曖昧なんですけど・・・。実は一回位こぼしても、Lv.40~41くらいなら狙えます。諦めないことも肝心。一回もこぼさずに39秒台が出るとLv.42か43以上確定だった気がします。

ミロカロスに進化する為の美しさの必要レベルは、170と言われておりまして、先日ポフィンのレベルが43x3と41の計170ぴったりにしたヒンバスのレベルを上げてみたところ・・・。じゃじゃーん、ちゃんとミロカロスへ無事進化しました。

milotic170.jpg milotic255.jpg

画像を見ていただきますと分かる通り、170ぴったりミロカロスはけずやがマックスじゃありません。それまではミクロのみのポフィン4つにシーやのみのポフィンを1つあげて、over 170にしていた訳ですが、シーヤのみ1個得した気分('∇')

右の画像のミロカロスは10日位前に孵化して個体値計って狂喜乱舞した子なんですけど、未だに努力値振ってない・・・。プラチナも殿堂入りしたことなんで、バトルタワーも解禁になったことですしいいかげんやらないとなぁとは思っています。この子を産むためにかなりの数のヒンバスのタマゴを孵化したんですけど、ミロカロスに進化させて里親さんに引き取られていった以外の子がポケモン牧場にいっぱいいまして、この間見てたらこんなことになってました。

空飛ぶヒンバス

DPのアニメで出てきたミクリさんのミロカロスは、どうも地上を飛んで移動しているようで(ニャース曰く「さわると気持ちいぃ」)、そんなミロカロスになることを夢見てか風船つけて空中散歩なヒンバスでした。

今までGTSで交換してもらって使っていたミロカロスは、「どくどく・なみのり・アクアリング・じこさいせい」とどくどくふって、あとはこっちで勝手にやってますなミロカロスだったのですが、前述した管理人的には阿鼻叫喚な個体値を持った子、なんのなしにめざパ判定したら「くさ70」・・・。取り合えず、アクアリング外してやってみようと思っている管理人でございました。


ミクルのみでのポフィンは、しぶあま過ぎ!(ミロカロスへ進化編)
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-410.html


ヒンバスとったどー。(ヒンバス捕獲編)
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-409.html


ポケットモンスターオフィシャルサイト
http://www.pokemon.co.jp/



さぁ、ポケモンリーグへ挑戦だ(ポケットモンスタープラチナ)。 

元々ポケモンパールをプレイしていた管理人としては、ある意味2周目のプレイというかサブロム的なところにあるポケモンプラチナ。果たしてどの程度の時間でストーリークリアとなるか本人も全然分からなかったのですがバッジ5つ目取得以降、一気に話が進み始めました。理由はプラチナプレイ当初からパールにいたポケモンをプラチナに送ってプレイしていたのですが、他のトレーナーのポケモンとはいえどーにもこーにもレベルが上がらない。そこでもう一回パールに戻してレベル高いポケモンを先頭に、プラチナで使用していたポケモンに「がくしゅうそうち」を渡してリゾートエリアへGO。ここだと一体倒すと500exp以上が貰えるのでプラチナでちまちまやってるよりは、かなりスムーズに。で、プラチナで使っていたポケモン6体がレベル40くらいまで育ったところで、再びプラチナへ・・・。

プラチナに送ったポケモンの中にはWiiのバトレボで既に活躍してもらっていたキュウコンがいたのですが、このキュウコン実は所謂フラット50ルールで遊ぶ用だった為、努力値振っただけの子。なのでレベルが30と低い。この子も今回の騒動でレベルを上げて、いざジム戦。「ねっぷう」遺伝済みのキュウコンですから、「はがね」タイプがまるでごみのようだ('∇') その他には「ひこう」タイプで気になっていたプテラ。プテラは兎に角バトレボでいやな目に散々あわされていて、あのすばやさから地震を撃ってくるポテンシャルに惚れて今回は使ってみたのですが、 この子も例の北の方にあるジムの「こおり」タイプにつおい。物凄く表裏一体ですけど。こおり技撃たれますとこっちも大ピンチ確定ですが持ち前の「すばやさ」から撃たれる前に殺る感じで圧勝。普通だったらそのままキュウコンでこのジムも押しちゃうかと思いますが、最終的にキュウコンのレベルを50で止めたい思案がありまして、ここで登場させたくなかったのでプテラにやって頂きました。

そしてむかーしパールのバトルタワー攻略用に孵化していた、「げきりん」遺伝のようきフカマルくん。かなりの数をGTS経由で里親さんに引き取られていったのですが、ボケモン牧場にまだ数体いたのを一匹拉致って、これまたプラチナ用に。この子にもわざマシンで「じしん」を覚えされていたのですが、これまたかなり活躍してくれました。というか大活躍。一番の見せ場はなんと言ってもチャンピオンのシロナさん戦。

パールの時、シロナさんの前でレポートを書いて3~4回やっても勝てず、もう一回レベル上げに行ったりして初戦からかなり時間をかけて倒すことの出来たシロナさん。その手前の「してんのう」でもかなり苦戦したと記憶していましたが、今回はなんと四天王には一回も敗北することなくチャンピオン戦へ。(因みに最後にレポートした場所は四天王と対戦前のリーグの建物の中。つまり四天王にはストレートで勝つ気満々) 「ほのお」なオーバちゃんにはガブリアスのPPを温存してプテラに任せる。プテラの地震で傷つくことなく勝利。しかしながらゴヨウさんのエスパー軍団に意気揚揚とゴーストタイプのフワライドで挑むも、いきなりシャドーボール撃たれて涙目な管理人でしたが、なんとか勝利。

満を持してのチャンピオン戦。こちらのポケモンは前述したようきガブちゃん。一方シロナさんは「おんみょ~ん」のミカルゲ。このミカルゲにかなりやられたんだよなぁ、と今更思い出してます。管理人の1ターン目はポケモンリーグ参戦前に購入しておいた 「プラスパワー」でガブちゃんをドーピング。シロナミカルゲは「あくのはどう」。悪の波動ヒットもガブリアスのHPは1/4ちょいのダメージか・・・。ここで突然思い出しました。この場面、どっかで見たな。・・・、ピカーン。あれだ、バトレボだ。バトレボにバトル後に必ず回復してもらえるわけではなく、どんどん連勝を重ねて100連勝するまでバトルするキャッスルコロシアムのサバイバルバトルというのがありまして、ここで何回か遭遇した場面でした。バトルスタート時に先発ガブリアスが「つるぎのまい」で一回積むとあちらのミカルゲの「あくのはどう」。全く致命傷にもならないので、こちらは2ターン目も「つるぎのまい」。HPがやっと黄色くなった3ターン目から 「じしん(これでミカルゲKO)」→「げきりん(ミカルゲ以降のポケモンKO)」で相手にそれ以降何もさせずになぎ倒す。さすがにガブリアスの攻撃力を持ってすれば、2回積んじゃうとNPC戦に限れば手をつけられなくなる存在に。(多分ですが、「剣の舞」はこうげきをx2でプラスパワーはx1.5なんですかね?詳細不明)

それを思い出して、2ターン目も「プワスパワー」投与。ミカルゲは再び「あくのはどう」を撃つもガブリアスのHPはやっと1/2を切った辺り。ここからガブリ無双スタート。逆鱗終了時の混乱状態を避ける為に、まずは「じしん」でミカルゲ粉砕。次に現れたのが、シロナさんもガブリアス。シロナガブリアスの方が若干レベルが高かったと思いますが、先手はこちらから。「げきりん」をお見舞いして一撃でガブリアスアウト。3体目はミロカロス。管理人がミロカロス使いになったのは、元々シロナさんに影響されてなんですが、やはり相手にするミロカロスは凄く嫌な感じが・・・。当然耐久高いですし。ここで危機を感じるもしかしながら、これまた一発の「げきりん」でミロカロスダウン。次に登場するは多分DPのシロナさんでは使用してなかったと思われるトゲキッス。どっちがすばやいかで勝負が決まると思いましたが、先手は管理人ガブリアス。これで地震+逆鱗でなんと4体のポケモンをガブリアスが始末してくれました。パールの時は4体倒すのにどれだけかかったか。

5体目はルカリオ部長。「かくとう」タイプの部長なんで混乱状態のガブちゃんからゴーストタイプで対抗しようと思い、フワライドにチェンジ。 この交代がよかったのかわるかったのか。なぜかルカリオ部長に一方的にやられる状況に(・∀・) どーにもこーにもならないので、最後の悪あがきで「みちずれ」。当然これでルカリオ部長もア・ウ・ト。シロナさんの6体目ですが、「多分ロズレイド?」と予想してグレイシアに登場を願いますと、ビンゴ。「れいとうビーム」で勝利でした。

プラチナで殿堂入り

四天王+チャンピオンシロナ戦、結局一回もお金払って「ごめんなさい」することなく勝利をゲット。しかもトータル時間は21+α時間。なんとなく前回の教訓やらバトレボでの経験を生かすことが出来たようです。しっかし、シロナさん戦でこちらのポケモンが一体も瀕死状態にならなかったのは、戦術がはまったっていうより「陽気ガブリアス」のポテンシャルってとこでしょうか。(ただこの子は、すばやさがVとかUとかじゃないのですけどね) まあ管理人的に言わせて頂ければ、 「ラモスミカルゲが悪い」。シロナさんの一体目がルカリオだったらとか、正直今考えたくありません。

シンオウ図鑑完成をナナカマド博士に報告に行くと、川柳の人ことオーキド博士が全国図鑑へとパワーアップしてくれたんですけど・・・。パールで現在446体登録されて、しかもあとはポケモンを経験値や石等で進化させれば全国図鑑が完成する図鑑があるので、プラチナ購入前から 「プラチナでは図鑑完成させなくてもいいよね?パールでがんばれば」と自らに言い聞かせていたのですけど、図鑑完成したらなにかプレゼントとかあったらどーなることやら。パールではそんなに凄いプレゼントはないですから、逆にここでどかーんときたりして? ('∇') 逆にそれ困るなぁ、本気で困ります。

さて、管理人的には「The End of The Beginning」であるチャンピオン戦を含むストーリーががいちよ終了とあいなった訳ですが、実質上こっから始まりですよね。ポケモントレーナーとしては。バトルファクトリーもありますし。でもざっと見た感じ、BPで交換できるものはDPのバトルタワーと殆ど変更無し?なんですかね。ビンゴカードがあるくらいで。まあオンリープラチナのアイテムがあると整合性とれませんしね。DP同様、こつこつやっていきますか。

麗しのチコリータちゃんにシンオウチャンプリボンが着いたのですが、チコリータ育成時当初考えていた味方のピンチ時に「アロマセラピー撃ち逃げチコリータ」の状況なんか殆どなくてちょっとうるっとしてしまった管理人でございました。


Welcome to The Pokemon League(ポケモンパールその4) パールの時のCL激闘編
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-231.html


ポケットモンスタープラチナ
http://www.nintendo.co.jp/ds/cpuj/index.html



イーブイが座ったの!ポケットモンスタープラチナ。 

ダイパ発売の時、見事に予約していなかった管理人。発売日の夕方、仕事帰りに有楽町のビックカメラに行ってみると・・・。とんでもない数の行列が。で、どうもこれがポケモンの列と知り、「この列を並んでまで買うの無理」と諦めて退散。結局発売日から数日後くにパールを入手した気がします。


でもって今回ですよ、プラチナ。管理人、予約する気満々だったのですが結局せず。取った行動は「朝、早起きして上野へGO」。上野へ行ったのですが、だれもいなくて急遽アキバへ。アキバのヨドバシカメラには流石に列がありまして、並んだのですけどびっくりしたのがちっちゃい子が一切いなかったこと('∇') 場所がらなんですかねぇ。

取り合えずバッジ5つ取得まで進ました感想。ダイパのマイナーチェンジ版とはいえ、ストーリーもいじってあるのには序盤から驚きました。あとプラチナをプレイしてダイパをもう一回やるとそのバトルのテンポに驚くかと。最初、プラチナで多少早くなったなぁと思ってましたが、ダイパ゚に戻るとその差に歴然としました。こんなに違うのかと。パールでのバトルが早くもだるくなってきました・・・。発売前からアナウンスされていた、ポケモンのグラフィックが一部書き換えられているのがいるやつですが、驚いたのがこれ。

プラチナ版のイーブイ

イーブイ派な管理人としてはこれは嬉しい驚きでした。あと例の振り返るポケモンなんですけど、今のとこグレッグルくらいしか見れてません。そうそう、プラチナでのグレッグルの優遇振りにはびっくり。ポケモン図鑑の説明とか、ノモセシティのあれも驚きました(・∀・)ついつい無駄に顔を入れてしまいます。さすがアニメでの現在のタケシくんのメイン?ポケモンと言ったところでしょうか。

現在までプレイしてのプラチナとダイパの相違で一番評価できそーなのが、GTS~グローバルターミナル絡みかと。ポケモンの検索で、「レベル10以下」というのはよいとして、その次が「レベル10以上」、以降10ずつ上がっていくあの方式だとどーしてもひっかけたいレベル帯がひっかからなかったりする訳で。今回のプラチナで用いた、1~10、 11~20みたいな範囲指定だとかなりいいと思いました。それと管理人以外にも多くいると思われるジオネットへ地名登録マニアにはたまらない、トレーナー在住の地域指定。ただちょっと残念だったのは、指定できる範囲が国までだったこと。日本やUS、UK、フランス、ドイツ辺りは県とか州まで指定できるので、そこまで対応していたら尚更嬉しかったかです。

ポケモンというのを、「ストーリーを攻略するRPG」とみるか、「育成・対戦RPG」とみるかで随分判断は変わってくると思いますが、管理人の場合は「ストーリーが終わってからが、本当のポケモンの始まり」だと思ってるので、ある意味まだまだ始まってもいないポケモンプラチナ。チコリータを未進化(理由:進化系がちょっと怖くなるから・・・)で「四天王+ホウエンチャンピオンのシロナさんに挑む」という勝手な縛りを儲けて進んだのが間違えだったのか、時間の割に進まない。一体、始まるのは何時くらいからか心配であります。確かパールが60時間ちょっとで初めての殿堂入りをしたと思うので、それよりは短いとは思いますが・・・。あぁー、早くバトルフロンティアに乗り込みたいです。まあレンタルポケモンで戦うやつは、エメラルドにしてもバトレボにしても苦手だったので、今回も多分だめなんでしょうけど。

パールにおいてのGTSでの交換は優に200回近くに達するはずですが、未だに「北海道の稚内」が埋まらない管理人でございました。何度か見つけたことはあるのですが、交換条件が・・・。まあ日本国内もまだまだ埋まっていない所も多いのですが。


ポケットモンスタープラチナ
http://www.nintendo.co.jp/ds/cpuj/index.html



Cat PowerちゃんのSpace OddityのカヴァーVer.がなかなかです。 

以前ちょこっと紹介したことのある猫力ちゃんことCat Power。近年、評価も高いようでそれなりに知られる存在になってきたようです。その猫力ちゃんがボウイさんの出世作、Space Oddityのカヴァーをしているらしく、それがあのリンカーンの車のCMソングとしてあちらでは使用されているみたいで早速探してみました。



まあ、感じとしては彼女の普段のスタイルに曲や歌い方をアレンジしてっていう、以前からの他人の曲を歌うときの趣はそのまま。これ普通に彼女の曲でしょ?って言われても、原曲知らなければ言っちゃう人も多いのではないでしょうか。それ程人の曲のアレンジが彼女の場合、サイコーです。CMの方はといえば、曲のイメージからか、このまま車が宇宙に飛んでいってしまうようなものになってて驚きました。白と黒を基調したキリリとした映像作品ですね。

でですね、ここで一つ問題が。「これ何処で売ってるの?」。彼女の最新作のJukeboxの中からなんてアナウンスされていたサイトもありましたが(もしかしてプロモーション盤のみ収録?)、管理人知ってる限り限定の2枚組みの方にもこの曲はなかったような・・・。まあ彼女のアルバムやらシングルを全て所有している訳ではないので、既発なのかも知れませんが多分未発表Ver.だと思われます。多分ですよ。なので早く売ってちょーだい>猫力ちゃん。

最近気に入っているカヴァー曲はこのCat PowerのSpace Oddityと土岐麻子さんがやってる真心ブラザースの「サマーヌード」な管理人でございました。っていうか、サマーヌードっていうのは目のつけ所がやはりこの方は違うなと・・・。さすがCymbals(シンバルズ)でThe Kinksの「Situation Vacant」をカヴァーしているだけはある方です。管理人これのPVを見たことがあるのですが、映像もかなりかっこよかったと記憶しております。(ニコニコ動画では既に削除済みでした、残念)


マタドールレコードのCat Powerのサイト
http://www.matadorrecords.com/cat_power/




ミクルのみでのポフィンは、しぶあま過ぎ! 

結局90尾くらいゲットしてたヒンバスなんですが、親にできそーなのが意外にも少なくて残念だった前回のお話しから数日経ちました。あの時準備し始めた「ミクルのみ」が先程結実し、新たに24個の木の実を手に入れられました。なので、さっそくミクルのみを使ってのポフィン作りに挑戦です。

実は今まで片手で数えるほどしかやったことのなかったポフィン作り。ミクルのみは貴重ですから、他のきのみで何回か練習しておきましたので早速本番です。(・∀・)ぐるぐるぐるぐる・・・・。はい、出来あがり~。ここでかなり驚きました。出来たポフィンのレベルにびっくり。いきなりLv.41!!いくつか画像を取ったので掲載したいと思います。

ミクルのみのポフィンのステータス poffin2.jpg poffin3.jpg


その後調理出来たのが、各36、38、37、40と平均38.4のしぶあまポフィン。ヒンバスがミロカロスに進化する為に必要な渋さは170位と聞いてますので、十二分に届きそーな予感。ただこれだと5つのきのみが必要ですけど、170÷4=42.5。もしLv.43のポフィンが出来れば4つでクリア出来るのかもしれません。難しいのかもしれませんが・・・。現実路線としてLV.38平均くらいのミクルのみのポフィンを4つと、そこで届かなかった分をシーヤのみのポフィンで補えば効率的にはいいのかも。シーヤのみでもやってみましたが、一回くらいこぼしても23~25くらいはいけそーみたいなので、ミクルのみ4つ+シーヤのみ1つはわりといけるかも。ただこれもミクルのみの結実の遅さを考えると、シーヤで全部補う派も否定は出来ないかなーと。

早速ポフィンをヒンバスに与えてみました。因みにこのポフィン、なめらかさ59だったのですが、なめらかさの合計が255になるまでポフィンを食べてくれるみたいですね。つまりこのポフィンだと5つめを与えた時点でこれ以上ポフィンを食べなくなるのかと。要はここが難しい訳ですよね。けずやがマックスになってしまうと、ポフィンを与えられなくなる。つまりミロカロス進化へ必要なうつくしさを確保できない。それ考えるとミクルのみでやるのは精神的には非常に楽っぽいです。かなり高レベルなポフィンが調理できますので。

ぜーんぶのレベルを足すと192なので、「これは間違いなくいけるだろう」とふみ、がくしゅうそうちを持たせてはらっぱへ突進。そしてレベルが上がりますと・・・、

ミロカロス milotic ミロカロス milotic ミロカロス milotic


進化キターーー。とうとう管理人の手でヒンバスからミロカロスへと進化させることに成功です('∇') これはメデタイ&スバラスィ。やりました。これで育てやさんから貰うヒンバスのたまごからミロカロスへ進化させる自信がつきました。まぁ、肝心の個体値に満足できるヒンバスが一向に生まれてこないのですけどね・・・orzそんなに数をこなしていないっていうのもあるのですけども。取り合えずのヒンバス進化ミッションは成功とあいなりました。

イバンのみ未入手の頃、正直ミクルのみの効果よりもイバンのみの「ピンチ時に行動が早くなる」っていう効果の方がいいなと思ってたのですけど、今回の件でぜったーいミクルのみの方が断然良くなってしまった管理人でございました。


空飛ぶヒンバスはミロカロスへの進化の夢を見るか?(ポフィン作り激闘編)
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-414.html


ヒンバスとったどー。(ヒンバス捕獲編)
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-409.html


ポケットモンスターオフィシャルサイト
http://www.pokemon.co.jp/



ヒンバスとったどー。 

さあポケットモンスタープラチナVer.発売まで2週間をきりました。因みに土曜日発売と知ったのは、今だったり・・・。土曜こむなぁ、間違えなく。


プラチナ発売まであと僅かとなりましたが、最近またまた対戦用にポケモンを幾つか育成していまして、ズイタウンを走り回りWi-Fiで100vs100戦をやるのが日課となっておりました。(←100vs100をなんでやるかと申しますと、所謂「個体値」っていうのを見るためですね) この間からフワンテの育成に取り掛かり、一日目くらいで既に親が2V同士になったまではよかったのですが、孵化までの歩数が多いのもあってかタマゴを孵す数が比較的少ない模様。ワンボックスやるのも一苦労という有り様。そっからなかなかいい息子&娘達が生まれてこず、ちょっと飽き気味になっていた時、面白い記事を見つけました。

ヒンバスにやるポフィン、今までだと一人で調理する場合、シーヤとかウイのみでLv.20以上のポフィンを作るといいっていうのが定説でございましたが、なんと今年の映画の配布ポケモンであった「シェイミ」が持っていた「ミクルのみ」というのを使ってポフィンを作ると、比較的安易にヒンバス→ミロカロスの進化基準をクリアできるというもの。

管理人も友人の子供達共々映画を見てきてまして、シェイミも貰ってきてました。ミクルのみの効果、「ピンチ時に命中率が上がる」っていうところにだけ注目していたのですけど、確かにミクルのみのタグを見てみますと、「しぶい」。かなーり、しぶい。これならば今までしり込みしていたミロカロスへの進化、いけるんじゃーないの?という甘い考えを持った&管理人が対戦時に使用しているGTSで交換して貰ったミロカロスではなく、自らの手で釣り上げ、ポフィン作って進化させたミロカロスで対戦したいという思いは以前からあったので早速決行。

ミクルのみ

まず第一段階として、「ヒンバスをゲット」&「ミクルのみを増やす」。ミクルのみは50番台以降定番の96時間で結実するタイプなので、がんばって栽培。10個程度まで増やしておいたのがこんなところで生きるとは。で、問題なのはヒンバスを釣るってところ。管理人、DPで進化させるより、ルビサファエメの第三世代ポケモンで釣って進化させた方が簡単と聞いたので、エメラルドでヒンバス釣りに挑戦したのですが、あっけなく敗退('з') ぜんぜん釣れませんでしたよ・・・。つまりそれ以来諦めていたってことですね。

DPの舞台のシンオウ地方のヒンバスの生息場所は、テンガンざん内部の霧が立ち込める地下にあるなんとも神秘的な湖。アクセスはカンナギタウンからが一番近いでしょうか。そうだ、シンオウのチャンピオンであるシロナさんの手駒にはミロカロスがいますけど、カンナギタウンがシロナさんの故郷らしいので、なんとなく納得できる設定かなと。

ちょこっとネットで調べて、とりあえず乗り込んで釣ってみました。・・・、結果は3時間以上やったけど釣果0匹Ψ(`∇´)Ψどーなっとるんだぁーーー(涙)。あれだけしがみつぶししらみつぶしにポイント探ったのに。しかし、今回はこれで諦めません。なんていったって、フワンテの孵化作業に飽きてましたから。なんとしても姿を見るまでは・・・。

ここでもう一回情報を集め直す。その中で幾つか気になったものがあったので書いてみます。
  • ヒンバスの爆釣ポイントは4箇所ですが、 その4箇所はあの湖を横に3分割した4つのエリアに1箇所ずつ現れるらしい。(プラチナでもヒンバスの生息地を図鑑から参照すると同じ場所なので同様の模様?同じだったという報告をネット上で見ましたが、管理人自体はプラチナでは釣っていないので未確認です)
  • エメラルド等は「流行語」 が変化するとポイントが移動するが、DPはDS内部の時計機能によって、 日付が変わると場所が移動。
  • とくせい「きゅうばん」を使うといいかも。
なるほど。特に一番目の情報を信じるならばですよ、あそこの湖は縦34マス×横18マスなので、全体で612マス。それを4で割ると153。その中にも岩等々の障害物で釣れない場所もありますので、120~140くらいの場所を調べればOKってことなんですかね。一番北のゾーンは障害物が少ないので、ここは多くなりそーですが・・・。あと特性のことは完全に失念してました。「きゅうばん」っていうのは釣れる確率に変化がでるよーで、釣り時には有効らしい。管理人が所持しているDP用の攻略本には特性の逆引きリストがあり、これがなかなか便利。因みにこれ。逆引き技リストもかなり便利だったりします。


そこをみますと、「きゅうばん」っていうのはオクタン、リリーラ、ユレイドルが持つらしい。最近は出来るだけボックスを開けて、ポケモン牧場に送っているのでリリーラとユレイドルがいなかった。オクタンなんですが、ここで貰った所長のオクタン。なんと特性「きゅうばん」だったので出動を願いました。フィールド上でのポケモンの特性は瀕死状態でも有効なので、とりあえずやられてもらったんですけどね。(・∀・)

一個のエリアを調べるだけでいいようなので、縦約9マス×横18マス分のエリアを重点的に釣っていきます。竿はなんでもいいらしいのですが、「ボロ」だとコイキング&ヒンバスの2択になるよーなので、ポイントを調べる際はいいかもです。ただヒット率が他に比べると悪いのでポイント発見後は変更するのも手。この「ボロのつりざお」のヒット率っていうのは、意外と盲点かも。前回3時間以上やって見つからなかった時、今考えると「ヒンバスポイントに当たってるのだけど、ヒット率が悪い為かそこでヒンバスを釣り上げられなかったのではないか」と思っています。それを補完してくれるのが、所長の(瀕死中の)オクタン。なんとなくですが、ボロの釣り竿でもヒット率は上がっているように思えました。

一つのポイントで4~5回程度竿を振って、釣れなければ横へ横へ移動して2列制覇。3列目に入って直後に・・・、ヒンバス、ktkr!!

ヒンバス FEEBAS

管理人のヒンバスとの最初の対戦風景です。いやー、長かった。爆釣ポイント発見まで1時間はなかったくらいでしょうか。ひとまず安心。1匹ゲットしてとりあえずセーブ。一度戻って、オクタンOut、とくせい「シンクロ」を持ったラルトスin。ヒンバス、正直釣らなくたって手に入る訳ですよ。ダイパだったらシナリオクリア以降ならば。まあWi-Fiが使用できるっていう前提ですけど。なんでそこまでして釣りたかったかと申しますと、ヒンバスの性格をある程度まで「ずぶとい」で固定したかったと。まあ、最終的な目標地点が「ずぶとい」ならば、別にずぶといメタモンを使えばいいのですけど、あんまりいいのもいなそーだったし、やっぱり釣ってみたかったというのもあったんですよ。ですけど、ここまで長かった・・・。

しかーし、これで終わりではありません。むしろこっからが始まり。ラルトスを瀕死状態にして、再び先程発見したポイントへ。ここで管理人は上の方でもちょっと触れました通り、竿を「いい」に交換して、いざ釣り開始。ボールなんですが、管理人はクイックボールを使用していたのですが、初ターン時に投げても100%逃げられませんでした。これは凄く楽でよかったです。リピートとかネットボールなんかもよさそーですね。あとはダイブボールか。実際にヒンバスを釣ってみて驚いたのは、意外とレベル差があったこと。下は10くらいから、上だと20くらいまでいたでしょうか。まあ釣ったポケモンのレベル差ってあるからそれと一緒なんですかね。

で、結局60匹くらいヒンバス確保していったん終了。そのうち性格が「ずぶとい」だったのはオスメス併せて約半数程度。まあこんなもんでしょ。ヒンバスのヒット率が非常に高かったので、時間的にはそれ程でもなかったかと。恒例の100vs100でざっと見てみたら、1Vくらいなら数匹いるよーでしたが、1V1Uとか2Vは残念ながら確認できず。Hとこうげき29とかいて、ちょっとふざけるのもいいかげんにしろとか思ったのは内緒。

もうヒンバス釣る事もそーそーないだろうと思い、再びポイントへ。釣る→ボール投げる→ゲットだぜーの作業がなんか楽しくなってしまって、今度は多分30匹くらい確保したよーな・・・。釣る事以上に確認したかったのが、日付またぎでポイント移動の話し。やはりその説は間違ってはいなかったようです。ポケモン牧場のウォンテッドリストにもそんな風に掲載されているみたいですしね。

これで下準備は出来ました。あとは親決めて孵化させるのとポフィンの作成。こっちの過程が始まりましたら、再び掲載したいと思います。→(追記 次回はこちらです。)

今回の件でいろいろググっていたところ、ポケモンのデータの改造等々のページが・・・。どんだけ悪の組織みたいな事をやっているのかと。ポケモン映画の悪いやつみたいなことを自分達がやってるっていうのを、分かってるんですかねぇ。あと所謂配布系のポケモンやらポケッチを取りに行くことが出来ないからといって、データをいじってにフラグを立てて取り込むとか・・・。「がまんする」っていうことを親は教えたりはしないのかと真剣に思ってしまった管理人でございました。

追伸 任天堂及びソフトメーカーがマジコン会社を訴えた件は、やっと動いてくれたかという思いで読んでいました。


空飛ぶヒンバスはミロカロスへの進化の夢を見るか?(ポフィン作り激闘編)
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-414.html


ミクルのみでのポフィンは、しぶあま過ぎ!(ミロカロスへ進化編)
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-410.html


ヒンバスとったどー(ポケモンホワイト編)。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-504.html


今度はミロカロスが釣れた・・・(ポケモンホワイト)。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-505.html


ポケットモンスターオフィシャルサイト
http://www.pokemon.co.jp/