各国語版のポケモン図鑑の説明が面白そう。 

現在、管理人のポケモンパールの全国図鑑の登録数はここ数日間「みつけたかず 433」、「つかまえたかず 433」で停滞中・・・。 所謂伝説幻系もマナフィ以外は全部登録済みだったりします。で、見つけた数と捕まえた数が一緒ってことは、 GTSで図鑑を埋める楽しみが全く無いという、GTS好きにはちょっとつまらない状態。 まあそれでもジオネットの地名埋めはコツコツやってまして、ほんとかどーか分かりかねますがブラジル、アルゼンチン、チリなどの南米、 はたまたホンジュラス、ドミニカ共和国、エルサルバドル等々のカリブ海周辺諸国なんていう登録者もちらほら見受けられ、 ポケモンのワールドワイドぶりには驚かされます。あとアンティグア・バーブーダって国を初めて知りましたよ・・・ジオネットの登録で。

そんなこんなで幾分GTSにこもる時間も減ってきていたのですが、いいネタを思い出してしまいました。ポッちゃんですよ、ポッちゃん。 そう226番水道にいるマイスターと交換したコイキングのポッちゃん。ポッちゃんを交換してもらうと、ポケモン図鑑のコイキングの覧にドイツ語版の説明が追加されるんですよね。で、 その後もお楽しみがあって、 マイスターの家に書かれている14匹のポケモンのそれぞれ英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語の各ヴァージョンで生まれたポケモンをGTS経由?で交換するとこちらのポケモン達も図鑑に各国語Ver.が追加されるのです。

それを今更思い出しまして、ちょっとGTSで検索してみますと・・・いかにもそれっぽいポケモン達を数体発見できましたので、早速交換開始。 預・ソーナンスと求・ディアルガとかそーゆーのは放っておいて、簡単に交換できそーなものを数体確保出来ました。 昨晩&今晩で英語ドイツ語フランス語込みで7体の交換に成功。パチパチパチ。ドイツ語は全く理解不可能。 フランス語は第二外国語で取ってはいましたが、今はぜんぜーん分かりません('∇') ということで、「もっとえいご漬けSランク」('з') な管理人としては英語の説明がどんな感じが見てみますと、日本の説明とは全く異なったことが書かれていて、結構楽しめました。 例えば英語版ポニータはこんな感じ。(改行もそのままで書いてみます)

Its body is light, and its legs are
incredibly powrful. It can clear
Ayers Rock in one leap.

なかなか素敵な説明文です。特に「It can clear Ayers Rock in one leap.」なんていうのは、 海外ならではの文章なのでは?

この文章そのままググってみたらやっぱり検索にひっかかり、各国版のあらゆるVer.の説明文を掲載しているサイトへ。 (実はこのサイト自体は昔から知っていた) マイスターのお気に入り14体中ポニータ以外の英語Ver.のポケモンはロゼリアとコダックがいるのですが、この三体だけをみるかぎり、 ファイアレッドorリーフグリーンの英語版の説明が掲載されているよーです。このサイトで調べてしまえば、 全14体のあらゆる言語Ver.の説明が分かっちゃいますけど、まあそれじゃーつまらないのでやめておきますか。

これで多少はGTS交換にも「はり」が出てきて「いいかんじ~♪(ロケット団風)」なんですけど、 努力値振り終わったアブソルのレベル上げ&ロコンの孵化活動へ若干の影響が懸念されますが、まあ大丈夫でしょう、きっと。

現在だとスペイン語Ver.とイタリア語Ver.もその国々では発売されているよーですけど、名前がどうも英語版と同じみたいで、この図鑑登録ミッションはなかなか困難だと分かってきた管理人でございました。まあ、 なんて書かれているか分からないのはとーぜんなんですけどね。


The Ultimate Pokemon Center(各国版の説明等、詳しいです)
http://www.upokecenter.com/



Nadeshiko Be Ambitious(なでしこジャパン、4位おめでとう)。 

初戦、格下のニュージーランドにまさか2点リードされ、そこから追いついて勝ち点1ゲット。続く強豪アメリカ戦は管理人的にはつまらない失点で負け・・・。ここで正直、「これはやばいんじゃない?」と思った人も多いと思うのですが、彼女達はやっちゃいました。ノルウェーに1点リードされた後に、怒涛の5得点。危機的状況を(何度も)乗り越えて予選突破。

開催国中国との準々決勝は終戦記念日の8月15日ということもあり、テレビ放送にはのってないですが観客席でかなりの小競り合いがあった模様。「加油!加油!」のコールが鳴り響く中、東アジアチャンピオンの風格を見せて見事勝利。予選リーグで敗退したアメリカとの決勝をかけた試合は、前半なでしこが先制するも前半終了間際に2点奪われるというまずい展開。後半ずるずると2点取られるも、最後の最後に1点取って、2-4で終了。

そして本日、銅メダルをかけての対ドイツ戦。ここでメダルに手が届くことになると、日本フットボール界においてはあの釜本邦茂さん擁する長沼ジャパン?のメキシコ五輪の銅メダルを取った男子チーム以来に。

前半はなでしこペースと言ってもいいくらい優勢な展開に。解説の山本"人間力"昌邦さんのしゃべりも快調。実況の野地アナウンサーの的確な指摘も然り。山本さん、なんで解説だといろんな意味でこんなにいいのに、監督になるとなんていう思いはここでは置いておき、試合に集中。前半いくつかのチャンスを産むも、得点にはなりませんでしたが、最終ラインの4人でボールを廻している際なんかも、前に繋げないでだらだら廻しているというより、相手に食いつかせてそっからみたいないい感じだったので後半に期待がかかる。

が、しかし、前半のようになでしこが押すというより、逆にドイツが攻勢になる場面も多くなる。展開がどーだこーだいうより、フィジカルの強さを前面に出した攻撃。170cm台の選手が皆無というなでしこにとっては単純にごんごん入れられてくるのが、かなり辛そう。だってセットプレイ時なんか並ぶと頭一つ分違うマッチアップもあるくらいですから・・・。そーゆー有利な部分を使ったドイツの攻撃が得点に繋がります。なでしこの左サイドからクロスボールを中央で競り合ったボールをキーパーがフィスティング。そのボールが逆サイドのドイツの選手の目の前に。で、角度のない所から、多分狙って蹴ってないボールがキーパーのナローサイドを抜けてネットの上部に当たるフィニッシュ。「あそこ抜けちゃあ・・・ねぇ」としか言い様がないゴールだったかと。まあこのフィニッシュを運が無かったの一言で終わらせては当然いけないと思いますけど。

今回の五輪のいままでのなでしこだったら、こっから何かが起こるんじゃないの・・・。と思って見てたのですが、トップの二人に収まっても、押し上げが遅くて?ボールが繋がらない。トップの二人も納められない場面も多くなる。効果的な中盤でのショートパスでの繋ぎも数が減少。両サイドが上がってきても、ドイツもいいクロスボールを上げさせないディフィンスに苦労する。ギアがもう1個上がらないなでしこに対して、またしても簡単な攻撃から失点を喫してしまう。こっからなんかしてくれるかと再び思うも、その思いは届かず。ブロンズメダルへの挑戦は0-2でタイムアップ。

いやー、しかしながらどっかのU-23のチームと違っていい夢を見させてもらったなでしこの数日間でした。本当にお疲れ様でした。世界4位ですよ、4位。まあFIFAランキングも一桁~二桁の前半あたりにいるなでしこなんで、どっかのU-23のチームよりは日本のフットボールファンならばなでしこに期待している人も多かったかたとも思います。正直メダルのチャンスがあっただけに、彼女達に取って欲しかった。けれどもこれで終わりじゃないですから、ぜひ次に続く世界第4位にして頂きたいと思います。本当にご苦労様でした。

このブログを書いている最中、女子ソフトボールチームが悲願の金メダル。こころからおめでとうと言わせてください。おめでとうございます&ご苦労様でした。なでしこジャパンも女子ソフトチームと同じように「プロジェクトX」に取り上げられていたら、銅メダルぐらいいっちゃったんじゃないの?と今更思っている管理人でございました。解説の宇津木さん、本当のおめでとうございました・・・。




ポケモンセンタートウキョーからのお誕生日プレゼント。 

新しい映画&新しいポケモンのソフトにつられて、三度始めだしたポケモンのパール。管理人、夏生まれでして、先日誕生日を迎えました。DSに誕生日を登録していますと様々なソフトでそれについてイベントが起こりますが、ポケモンもしかり。主人公に選ばなかった男の子or女の子が祝ってくれますが、その他にもポケモンで誕生日といいますと・・・。そうです、ポケモンセンタートウキョーにDSとダイパ、そして誕生日を証明できる書類等を持っていきますと、何かプレゼントが貰えるらしいと聞いてましたので、行ってきました、年甲斐もなく・・・。

会計中にレジのお姉さんにそのことを聞いてみますと、ポケモンセンターに併設されているユニオンルームにてプレゼントを貰えるとのこと。ユニオンルームは「きあいのハチマキ」プレゼントの時に行ったことがあり、雰囲気は分かってたのですけど、午後7時に近い時間も関わらず夏休み中ということもあってか、かなりの人ひとヒトが。10名以上いたと思います。こちらのお姉さんに誕生日の件の旨を伝えますと、まず「お誕生日おめでとうございます」の一言とハッピーバースディのカードのプレゼントが。そして新書版より大きなポケモンカードを渡され、「ここに名前を書いてください」とマジックも一緒に渡されます。書き終わるとお姉さんがにこやかに「これで~さんだけのカードが出来上がりましたー」。いやー、ここは恥ずかしかった(*^-^*)あんなに人のいるところで&しかもいい大人がポケモンセンターでお姉さんに言われると照れます。

ポケセンのバースディカード

この大きなポケモンカード。ピカチュウがバースディケーキを持っている絵なんですけど、目がなんとも可愛い。手にもった感じ、材質とかまんまポケモンカードっぽいよーです。実はこの他にもポケモンセンター内のモニターに「~くん、おんたんじょうびおめでとう」みたいなメッセージのプレゼントがありまして、これは以前たまたま見たことがありあんなの見せられたら泣いちゃうこと確実なので、パス。あとユニオンルーム内のPBRにてプレゼントバトルもあるのですが、こっちはギャラリーが多いので恥ずかしくなってパス。今考えると、バトルだけでもやってくればよかったかなーと・・・。

そして肝心のダイパへのプレゼント。管理人、何をくれるかは事前に知っていたのですが、その方法がちょっと面白かったので書いて見ます。その方法とは映画や今までさまざまなプレゼントをダイパへ転送してきた「ふしぎな カード」によってもたらされます。ですがこれまでのは不特定人物へ送るのでワイヤレス?で貰っていましたが、今回のは誕生日プレゼントなのである特定の人のみに送らなければなりません。その方法がなんとGBAのスロットにGBAのソフトっぽい?ものを挿すことによってプレゼントが転送されてきました。あとはいつもの通り、お店へ行ってそこにいる配達の人と話せばok。そして貰った際にお姉さんが「このポケモンは普段では覚えない技をおぼえていて、技の名前の頭文字を上から順に読んでください、ポケモンセンターからのメッセージです」とのこと。

hitokage01.jpg hitokage02.jpg

ヒトカゲはポケセントウキョーのマスコットキャラ?になっています。そーゆーことでプレゼントはヒトカゲなんでしょう。因みにヒトカゲのレベルは40で、おやは「トウキョー」。説明には「PCトウキョーでLv.40のときにうんめいてきなであいをしたようだ。」となっていました。そしてお姉さんが示唆していた技ですけど、

おんがえし
めざめるパワー
でんこうせっか
とおぼえ

となっておりました♪。ポケモンセンタートウキョーの皆さん、素敵なメッセージをありがとうとざいました。そしてなによりヒトカゲが持っていたアイテムが「しあわせのタマゴ」。管理人は以前苦労して手に入れていましたが、持っていない方はこれもきっと嬉しいのではないでしょうか。

ヒトカゲのわざ、めざパをやっと技マシンで覚えるだけでその他は進化しても全く無理。ここまでネタに走ったポケセンに天晴れといわざるをえない管理人でございました。


ポケモンセンタートウキョーのインフォメーションページ
http://www.pokemon.co.jp/pokecen/tokyo.html