調度品のハープシコードを頂きました。(FF11) 

「今度出るFF11のピアノコレクションのCDの初回版には、ゲーム内アイテムがプレゼントされる」。 しかも管理人の大好きな調度品で音もなるらしい・・・。監修の水田さんには申し訳ないですが、CD以上に調度品欲しさに予約していた 「ピアノコレクションズ ファイナルファンタジーXI」が届きました。

ピアノ・コレクションズ FINAL FANTASY XI
SMD jutaku(SME)(M)
ゲーム・ミュージック(演奏)
発売日:2008-06-25


公式ページで数曲聴けますので、そちらも参考にして下さい。 管理人的にはエジワ蘿洞のBGMであり、 アトルガンのクエスト等で流れている「Whispers of the Gods」、 西サルタバルタ〔S〕の「The Cosmic Wheel」、管理人がさっきまで「ヴァナディールマーチ4」と思ってた(だって、 1,2,3とくればあのオープニングで流れるのはヴァナディールマーチと思うじゃないですか)「Wings of the Goddess」辺りがいい感じ。

そして肝心のインゲームアイテムである「ハープシコード」ですが、 サンドリア様式の調度品という説明があり、ヴァナディール時間の22時にサンドリアのBGMを奏でていました。 (22時以外にもあるのかは不明) 結構大きく、4x2マスで高さもあります。

harpsichord.jpg


折角なんで、軽やかに演奏してみました♪ジャーン。


/panic motion 繋げただけですが・・・。 ごめんなさい(・∀・)

アトルガンで追加された調度品の「ワラーラ香炉」が欲しいのですが、 未だに購入に至らない管理人でございました。管理人のいるワールドだと25万ギルくらいの履歴がなんですけど、 どーも踏ん切りがつかないんですよねぇ。


Piano Collections FINAL FANTASY XI
http://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/ff11_piano/index.html




マイブラ、人前に現る 

とうとう現れました。マイブラの4人が。先週末、なんと今月末~来月始め+各国サマーフェスティバル用のウォームアップライブを行っていた模様。当ブログで、「どんなメンバー」で「どんな音」を出すのか分からないと書いていたのですが、6月13日にロンドンのICAで行われた音源を入手したところ・・・メンバーはケヴィン、ビリンダ、デビー、コルムでなんと変更なし。で、もっと驚いたのが音。なんと昔のまんま。恐ろしいほど昔のまんま。これにはびっくりしました。絶対当時なかった今っぽい要素をを入れてくると思ってたので、ここまでストレートに「マイブラ」っぽい演奏されるとは。

音を聞いた後、やっぱり映像が見たくなっていろいろ探してましたら、ありました。これが21世紀に蘇った最新版のマイブラッディバレンタインの姿。フジロック行く方々、これは期待していいのでは?



ビリンダさんはムスタングですかね、弾いているのは。容姿も変わってなくてこれまた驚いた。太った太ったと言われていたケヴィンもちょっとシェイプアップ?ケヴィン上手でビリンダ下手、中央にデビーさんでバックにはサイケな映像っていうのも当時と同じか。ただ当時はフィルムを映写してたから、その映像が4人に掛かってましたけどね。

音と映像から判断するにこのマイブラ復活劇、なんとか大丈夫そうな気がするのは管理人だけでしょうか。正直不安だらけで、「やらなくてもいいのに」と思っていた節もあったのですけど、これならいけそうな予感。フジロックも期待出来そうです。

ここまでマイブラ節で復活されて、意外すぎて空いた口がふさがらない管理人でございました。もっといろいろやってくると想像してたんですけどねぇ。因みに管理人が手に入れた13日の音源によりますと、「You Made Me Realise」は24分演ってました・・・。


my bloody valentine(オフィシャルサイトだと思われます)
http://mybloodyvalentine.co.uk/




70年代ボウイさん最高映像?「Cracked Actor」が発売されるかも? 

何でもこの度BBCとEMIがBBCに残されたEMI所属アーティストの音源等の発売に関するサインをしたとのこと。ここにプレスリリースがあります。BBCには貴重な音源が残されているのはご存知の通りかと思います。60年代当時はラジオが非常に有効なプロモーションの場であり、ビートルズを筆頭に何回にも渡りBBCで演奏した有名アーティストは数多く存在し、その後ジョンピール(JohnPeel)という名物DJが現れ無名バンドを紹介したりと、様々な音源を所有しています。それらの音源は今までアーティスト毎に編纂されて発売されていましたが、「EMI archive gems」と銘打ってシリーズ化するようです。

でですね、なぜかEMIがこのプレスリリースを書き直してるんですよ。管理人が読んだ時に物凄いニュースだと思った記述が書いてあったのが今のやつはない。(まあそれが表題なんですけど)それでおかしいなと思って調べたらやっぱり書き直していることがグーグルのキャッシュから判明。(そのうち変わっちゃうとは思いますが張っておきます) これについては後述。

我らがデビッドボウイさんもジギー期ちょい前位からBBCにはラジオ&TV共に出演していて、ラジオのものは数年前にオフィシャル盤として発売されました。日本の初回プレス盤はRとLの相違が逆になっていたらしいですが・・・。テレビも「トップオブザポップス(Top of The Pops)」に出演時のものがBest of Bowieに収録されていますが、BBCが持っているボウイものである意味一番貴重なものは多分75年に放送された「Cracked Actor」と題されたダイヤモンドドッグズツアーのドキュメンタリーフィルム。所謂スタジアムロックショーの先駆けと言われるツアーで、様々な仕掛けがステージ上に施され、ロープでぐるぐる巻きにされたり、デスマスクを持って歌ったり、ボクシンググローブ装着したりと見所多数。上段から椅子に座ったボウイさんが釣られて降りてきて、その際に椅子に付いている?電話を模したマイクに向かって歌う等、兎に角仕掛けが凄い。凄すぎて毎晩壊れては直しての連続だったそーです。オフステージの映像も面白く、カットアップについて語っていたり、サイレンを聞いて「警察におわれてるの?」と車の中でつぶやいてみたり・・・。薬漬けですっごい痩せいるのが痛々しい。これって現在まで数回に渡ってBBCでは再放送されているみたいで、近年にもあった模様。そんなこんなで海賊盤なんかで見れます。当然管理人は見てます。ここ数年のことですけど。これがついにオフィシャルリリースされるのか!と思ったのはこれを読んだので。前述した変更される前のプレスリリースにはこう書かれていました。

The deal will look to build upon the release of BBC content previously licensed to EMI by artists such as Coldplay, David Bowie, Queen, Roxy Music and Depeche Mode. Some of the EMI archive gems include live radio performances from Pink Floyd, including a session from 1967 featuring tracks from their first album The Piper at the Gates of Dawn; Coldplay on Inside Tracks performing a stripped down version of their first hit Shiver; and an Omnibus special titled Cracked Actor from 1975 devoted to David Bowie.

が、なぜか最新のプレスリリースにはこの部分がごっそり抜けている・・・。なぜだ。おいおい、なんかまだ決まっていない書いちゃいけないこと書いちゃったっていう理由じゃーないですよねぇ。「あんな薬漬けの俺様の映像を売ったら駄目よ」とかボウイさんから言われたとか、そんなことは流石にないか。多分この映像がちゃんとした形で出回れば、ダイアモンドの犬(DiamondDogs)ももうちょっとちゃんと評価されるのではないかと思っています。これを知っているかいないかで、あの頃のボウイさんに対する思い入れ度はかなり変わるかと。管理人なんかはまさにそんな感じでした。下の画像は管理人所有の海賊盤より。

PDVD_010.jpg PDVD_011.jpg

いちよ期待して待ってていいんですよね?これは。むっちゃ期待してますよ。最近のEMIは72年のサンタモニカ公演もオフィシャルで出したりといい仕事してますので、こちらもどうかよろしくお願いします。

「Cracked Actor」オフィシャルリリースの後、次のEMIの目標は「1980 Floor Show」かNHKの「ヤングミュージックショー」しかないと思ってる管理人でございました。


開催国オーストリー、あの負け方はもったいない。(Euro08) 

とうとう始まりました、07-08シーズン最後を飾る欧州選手権。日本ではTBSでちょこっとやって、wowowが全試合放送とのことですが、wowowはファイティングネットワークリングス(Rings)の放送から撤退した時に辞めてやったのでΨ(`∇´)Ψ、観たい試合が幾つか見れない。どーしよーかと思ってたのですが、2ちゃんねるのサッカー実況板でいろいろ方法を見つけてまいりました。その中でも以前1回だけ使ったことのあった「SopCast」を用いてのP2Pによるストリーミングがなかなかよさそうでした。

初日・二日目の一試合目は両方共に見たのですが、開催国の両者がいきなり負けてしまったのは残念。特にオーストリー。キックオフ直後、やってる選手も見ているこっちも落ち着かない時間帯にいきなりPKを与えてしまい、結局それが決勝点。クロアチアも1点取った後、あまり前がかりにならない時間帯が多く、それに乗じて攻めるオーストリー。特にサイドからの展開に活路がありそーにもかかわらず、クロスボールが悪かったりフィニッシュに精度が欠けたりでスコアが上げられませんでした。こーゆー大会は開催国が勝ち上がると、盛り上がる率も上昇しますのでぜひがんばってもらいたい両国です。

今日の深夜は所謂「死のグループ」であるCグループの2戦が行われます。注目度はイタリア対オランダの方が高いと思いますが、日本時間の深夜3時45分でしたっけ?のキックオフは流石に遅いので、フランス対ルーマニアを観戦予定。そこで気になるのが、おフランスの布陣。アンリのパートナーはモスクワでやってくれたアネルカなのか、それともベンゼマなのか。(アネルカ曰く、アップも出来ていない状態で出ることになったと言い訳をしていましたが) 管理人的にはチェルシー移籍後のアネルカを考えると、今オフ移籍市場を振るわせ損ねたベンゼマ君の方がいいようなきがするのですけど、どーなんでしょうか。と言っても、あまりリオンの試合を見たことないのですけどね。若い力の活躍を見てみたいものです。

リングスの最終戦であった横浜文体に当時のwowowのえらい人がきてスピーチを行ったのですが、そこへ向けて「リングス撤退するならwowowから撤退してやる」と叫んでやった管理人でございました。

追伸 昨日、近所の歩行者天国で起こった通り魔事件。多くの方が傷つき何人もの方の尊い命が奪われました。加害者とは何も関係のない方々が傷ついていることに憤りを感じずにはいられません・・・。亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。


euro2008.uefa.com
http://jp.euro2008.uefa.com/index.html




3G版iPhoneの国内キャリアが決定・・・。 

ここに管理人的に悲しいお知らせが。iPhoneの日本国内での発売はソフトバンクに決定したようです。ここにプレスリリースが。

管理人はauの携帯を使っているのですが、auには来ないと思ってました。ドコモとSBが争ってるって伝えられてましたけど、iPhone発表の時の会場にSBのしゃちょーさんいるんだからそーとー有利なんじゃないかとは思ってましたが。iPhone発表当初、当ブログにこんなエントリーをしてるのですけど、他の国だとその国で一番シェアを獲得しているキャリアに独占的に契約してるらしいのですが、 iPhoneが初めてシェア1位でないキャリアに渡される事になるのでしょうか。

ただですね、この「独占」ってとこがキモなんですよ。このSBのプレスリリースには「独占」って言葉が無い。独占契約ならば記載してもよろしいような気もします。全ては6月9日からスタートする「WWDC(Worldwide Developers Conference)」でお披露目って事なんでしょうか。ジョブス翁のスピーチが今まで以上に国内で注目をあびそうです。あとは「3G携帯は消費電力高過ぎ」って言ってた翁なんですが、その辺はどーなってるのかと日本国内向けに若干のチューニング、例えばワンセグとか電子マネー系だったりが導入されるのかも気になりますよね。早く情報カモーーン(ノ゜o゜)ノ

もし実は独占契約でSB一社になった場合、auとドコモからどれだけSBに移る人がいるかとっても気になる管理人でございました。


Apple - iPhone
http://www.apple.com/iphone/




マイブラのリマスターVer.発売のプレスリリース。 

ボックスセットは結局発売中止になったマイブラですが、その発売告知で謳われていた旧作のリマスタリング。なんとこっちは正式発売が決定した模様。Sony/BGMのプレスリリースはこちらから(pdfです)。ってよく見たらこのプレスリリース文、出てるのちょっと前のことみたいですね・・・('з')。リリース自体ももうすぐみたい。


アマゾンさんで「この商品を買った人はこんな商品も買ってます」を見てたら、多分これの日本盤と思われる商品を発見。こちらはUK盤と価格もあまり変わらず、あとタイトルの所にある(紙)っていうのはきっと紙ジャケ仕様なんでしょう。発売日だけちょっと遅めですが。
ラヴレス(紙)
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
発売日:2008-07-02

どっち買うかなぁ・・・。とりあえずリミテッドに弱い管理人。日本盤ポチっておきました。ただ現在アマゾンさんに「Isn'tAnything」の日本盤情報がない。「Loveless」の日本盤リリース元であるらしいソニー・ミュージックジャパンインターナショナルのWebサイトにもなーにも情報がない。「Loveless」のリリース情報すらない。無い・ない・ナイ(;´д⊂) しょーがないから、「Isn't Anything」はUK盤購入で~。

さて、これでリマスターVer.の発売はほぼ決定的となったでしょう。ってことは今度は新生?リユニオン?なマイブラによるギグでございます。ロンドン・マンチェスター&グラスゴーで今月末から来月頭にかけてある訳ですが、はたしてどんな面子ででてくるのか。出す音は轟音なのかミニマムなのか。海外のサイトとか探せばいろいろ情報も出てるのかもしれませんけど、最近音楽系のサイトのチェックを怠っているので分かりません(・∀・)

リマスター盤と旧版、両方聴いてみて違いが分からなかったらちょっと悲しい管理人でございました。今更NMEを見ていたら、こちらにもリマスター盤発売にニュースを発見。