AX

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表 vs ボスニアヘルツェゴビナ代表@国立競技場 

今年初の生観戦は日本代表とボスニアヘルツェゴビナ代表とのインターナショナルフレンドリーマッチ。オシム前監督が希望して対戦が決まった両国ということもあり、オシムおじいちゃんも一緒に観戦。15キロくらい体重が落ちたようですが、元気そうな姿を国立のお客さんに見せてくれて本当に嬉しく思いました。

一方試合の方ですが、あんまり勝敗がどーだこーだ関係ないとはいえ点をとって点を逆に与えなかったのは収穫か? (FWが点を取ってないとか別に興味なし。誰がとっても1点は1点) 特に管理人的にいいなと思ったのは3点目のシーン。大久保out、はにゅーin直後のリスタート。今ちゃんからトップの播戸目掛けて浮き球→DF二人を背負ってヘッド→ノーマークで走りこんできた山瀬がスコア。まあ日本ボールのリスタートなので、こっちが集中を切らすというのはあまりないことですけど、すばやく放り込んだので山瀬には誰もついていませんでしたね。落とした播戸が一番いい仕事をしたと思います。相手の集中の欠く時間を上手くついたグッドフィニッシュ。

ボスニアヘルツェゴビナ代表はあまりコンディションがいい状態ではなかったようで、それを差し引いたら評価すべきところは少なくなってしまうのですかねぇ。あと怪我をして交代した選手がいるので、それがちょっと心配ではあります。あとは後半、タカが完全に空気化してた。あの時間帯は何だったのか・・・。

岡田監督の戦術面の話ですと、

  • 内田君って使いつづけるのか?
  • ワンアンカーでの4-4-2
この辺りが気になったところです。内田君の話ですが、本気であのポジションを任せるとは思ってないと感じています。やっぱりまずはKING KAJIありきかと。試すにはいい機会だったでしょうし。ただ管理人はバックスタンドで観ていたのですけど、サイドの関係で観やすかった前半のゴエモンと後半の内田君ならば、後者のほうが断然光ってました。相手のスタミナの問題も大きいかと思いますけど。(あと憲剛からのロングフィードが内田君にぽんぽん決まっていたのが印象的過ぎるので、それも理由の一端)

もっと注目しているのが、「ワンアンカー」で前回のチリ戦も今回の試合もこれで試合に入っている点。本気でディフェンシブMFを1枚でやるならば、これは楽しみ。4-4-2の中盤の4人をダイヤモンド型に配すると、やはり攻撃面でツーアンカーよりも秀でるでしょうし。(但しランパートみたいな人がいるなら話は別) かなり格上と目される対戦相手でもワンアンカーで戦い出したらいいなぁ。ただ憲剛out、今ちゃんinの時にツーアンカーにチェンジしたので、入ってる選手や相手を考慮しつつ、アンカーの枚数を変化させるのでしょう、きっと。

来週はW杯の3次予選がスタート。埼スタのフォーメーションがどーなっているか楽しみです。その後は中国で東アジア選手権なんだそーです。中国で大会っていうのはオリンピックを睨んではいいのでしょうけど、選手に何もなければいいなぁと。(こっちはなでしこも参加)2月は代表の試合が多くくまれていて驚きました。

国立で一番「あぁーあぁー」となった瞬間は、実はハンドボール日本男子代表が韓国代表に3点差で負けた事実がオーロラビジョンに発表された時。前半終了時にもアナウンスがあったりと、好感が持てました。日本サッカー協会から応援グッズ提供などの話もあったようですし、今後もサッカー協会とハンドボール協会がいい関係を持ってくれたらなと考えいる管理人でございました。

スポンサーサイト

体幹チャレンジでトレーナーに喝っ! 

前回の「Wii Fit」ネタでも触れています「身体水平支持」。エクササイズでは90秒がマックスなのですが、運動時間が増してくると隠れてあるメニューに「体幹チャレンジ」という項目が現れます。取りあえずあれ以降も続けていたら、90秒では物足りなくなってきました。で、120秒をストップウォッチで測ってやったりしてたのですが、手付かずだった「体幹チャレンジ」を始めてみました。


それこそ最初の頃は20秒程度でトレーナーがダウンするのですけど、100秒の戦い終了後、なんとトレーナーは山篭りを敢行。そして最終決戦?ではいきなり180秒の戦いに。最後がここまでになるとは露知らず、軽い気持ちで始めたらあれよあれよと秒数が。3分なんて今までやったこと無かったのですが、無事にこちらがクリアすると、トレーナーはダウン('∇') やーい、また勝ったぞー。弟子入りを志願されて、晴れて「仙人級」の称号ゲットです。始めた頃は30秒でいっぱいいっぱいだったのを考えると、いやー続けてよかったと本当に思えました。たかだか50日くらいですけど、効果は出ているようですね。

一方、かなり苦労していた「バランスMii」の上級編ですが、その後なんとかクリアー。しかし70回程度してゴールまでいったのはわずか3回・・・。しかも最短タイムが52秒台。最後の左右に高速移動する蜂と細くなっている川がなんともいやらしい。バランススノボーは慣れちゃえばなんとかなるもんですね。やっぱり本物の方がむずかしそう。

最近ちょっとがんばろうかと思っているのが、バランス系の最後に出てくる「座禅」。ガレッジセールのゴリさんがCMでやっていますけど、あれのノーカットヴァージョンが現在「みんなのニンテンドーチャンネル」で見るとことができます。「喝っ!」を入れられ「沖縄の青い空、青い海ずーっと考えていたのに」と頭を抱えるゴリさん。実は凄くおしぃいいぃーー。あんなに長い間がんばっていたとは。途中から目を見開いて冷静に蝋燭を身ながら座禅を組む姿は圧巻です。見習いたーい。あやかりたーい。

いっつも30秒前後で喝を入れられ、これこそ最難関項目かもと考え始めた情けない管理人でございました。


一日で一番辛い90秒間、Wii Fitの「身体水平支持」。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-345.html


Wii Fit
http://www.nintendo.co.jp/wii/rfnj/index.html

HMO(初音ミクオーケストラ)に夢中。 

ニコニコ動画を見ていて知ってはいたんですよ。こーゆーソフトがあってDTM界に衝撃が走っているのは。

VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク HATSUNE MIKU
クリプトン・フューチャー・メディア
発売日:2007-08-31

「サンプリングした人間の音声に、音階を付けかつ自然な感じで日本語を歌う(しゃべる)」。これって文字にすると「へ?それって凄いの」って感じになっちゃいますが、「物凄く、ス・ゴ・イ」です。たかだか10年位前にこれをまともにやってみようと試みると、1000万円級の機材がないと出来なかったんですよ。(シンクラビアで、かのTKがこれに似たことをやってたとか) それがですよ、ちょっと性能のいいPCがあれば2万円しないソフトで出来ちゃう世の中になるとは・・・。

で、その世の中には才能を持った人達がまだまだ隠れている訳でして、このソフト+ニコ動でとんでもないムーブメントが起こってしまいました。それは初音ミクオーケストラ、略して「HMO」。YMO meets Miku Hatsune = HMO.最初はたんにYMOの曲にミクで歌わしただけだったのでしょうけど、ある日そこへ「HMO」というCue(手掛かり)が付いてから、一気に「おっさんホイホイ」化。素晴らしい作品に触発されてか、それでまたクオリティの高いものが次々と発表されておりまして、



まず何より「バックトラックのクオリティ高い」。リズムがいい感じ。こっからYMO好きにはたまりません。それでミクに歌わせて、ナチュラルに聴かすのはそれほど簡単なものではないらしいんのですが(これを専門用語で「調教する」といいます)、もうこれで売っててもおかしくないくらいなレベルですよねぇ。ユキヒロさんって歌うときのビブラートの波が大きいので、こーゆーソフトウェアでも再現しやすいっていうのもあるのかもしれません。まさに「高橋ミクヒロ」。あとこの方(本家HMOの中の人)は、ミキシングが上手いのかなーと、思っております。

(2009.8.26 こちらにHATSUNE MIKU ORCHESTRAのCDの購入した簡単なレビューを書いております。よろしかったら参考にして下さい)




これは上の方とは違う方の作品。このソリッドステイトサバイバーもいい。まさに「うp主教授だろ」。サムネールのミクちゃんはショートカットというか、テクノカット・ミク。才能が才能を呼び、こんな可愛らしい派生作品も。



アフターサービス・ミクですね。当のご本人達はこんな作品達を知らないと思いますが、管理人は思うんです。所謂、後期YMOの頃に初音ミクというかヴォーカロイドアプリケーションがあったら、絶対デュエットしてますよ。もしくはこれだけで作品作るとか。シングルVer.はヴォーカロイドで、アルバムVer.はユキヒロさんとかの展開もありそう。

ネット発の自作系ミュージックムーブメントといいますと、管理人が思い出すのは「ムネオハウス」。鈴木宗男議員が例の「ムネオハウス」疑惑で沸く一方で、2ちゃんねらー宅録系の人達がこの事件等に関わる様々な人の声をサンプリングしてハウスミュージックをクリエイトし、さらには箱を借り切ってイベントを実行。最終的にはムネオさん本人が「MCムネオ」としてイベントに降臨するというところまでいっちゃったんですよね。管理人が聴いていた頃は確か7~8枚目のアルバムまで編纂されていたのは覚えていますが、今や20枚以上に上るとは。フラッシュとかジャケ絵も含めて、全てが面白かったです。

こーなってくると、HMOもここまで凄くならなくても、何か動きが出てきたらなぁと思わずに入られません。何かのアルバム1枚カヴァーとかありませんかねぇ。期待しちゃいます。

YMOの遺伝子達がこんな風に凄いことを始めたことに驚きを隠せない管理人でございました。これからも作者自身が楽しんで作品を作ってもらいたいものです。


HATSUNE MIKU ORCHESTRA - HMOとかの中の人(PAw Lab.)。
(CD購入レビュー)
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-447.html


クリプトン・フィーチャー・メディアのヴォーカロイドのページ
http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/


ニコニコ動画での「HMO(初音ミクオーケストラ)」のタグ検索結果

猫力(ねこぢから)ちゃん。 

pict.fmでアバターを作っている時に出会った一枚の画像。「そーいえば、Cat Powerって猫って名前の割には猫が登場するジャケットって無いな・・・」。物凄く好きって訳でもないのですが、なんとなく気になってるのが彼女。もう10年以上前になるのですが、「nude as the news」っていう7インチのシングルをお店で見つけて即購入。(物凄く猫満載な曲を想像したいたあの頃・・・)

Cat Power

Cat Powerという名前にやられてジャケ買いならぬ、名前買い。だって「猫力」ちゃんですもん。彼女のようなスタイルの音楽はそんなに好きなタイプではないのですけど、何でか知りませんが数枚持ってたりします。しかもそんなに聴きやしないのに。ただ、ボケっーと流して聴く時なんかは、この声にやられちゃうですよね。ちょっとしゃがれ気味の声に。あと来日した際のライブか何かで、「後ろの人が見えないから、前の人座ってあげられない?」と。お客さんにやさしそうなイメージそのまんまの話も嬉しくなってしまいました。

最近の彼女がどんな活動をしているとか全然知らなかったのですが、モデル業ってどーゆー事?管理人のイメージしてるCatPowerちゃんはぽっちゃり系な近所のお姉ちゃんタイプなんですが。何年か前、彼女がTVに出た映像を見たのですが、「おいおい、顔パンパン気味じゃん」でちょっとがっかりした思い出が。でもそれだからといって可愛くないって訳じゃなかったんですけどね。確かにここで彼女のいろんな写真を見てみますと、意外と痩せてる感じのやつが多いかなぁ。あの映像のはいったい何だったのか。ただ単にはずれだったのか。でもこれって本当にCat Power?な写真もあって、これとか。まあ目の辺りは猫力っぽいですけど。因みに管理人のイメージしてる猫力ちゃんはこれとかこれな感じ。差が結構ありますよねぇ。

あと彼女の写真で不思議に思うのは、彼女が抱えているエレキギター。いったいどこのギターなんのかと思ってたのですが、これ見て分かった。一本はダンエレなのかー、なるほど(=´∇`=)。ただこっちのやつはなぞすぎる・・・。管理人もダンエレクトロのギターは一本欲しいなと思っているので、これで購入意欲倍増です。しかもこれって「56-U2」ってやつなのか。知らなーいです、このタイプは。ジミーペイジ翁で有名な「59-DC」じゃないとこがさすが。

Jukebox
Matador
Cat Power(アーティスト)
発売日:2008-01-22

もうすぐ新作がでるんですね。カヴァー集ときましたか。ディランとかJB、ハンクウィリアムズにジャニスジョップリンと古いナンバーが多い中、ニックケイブの名前を発見。ただこの「Breathless」っていう曲が分からない。で、調べてみますとこれみたい。



比較的最近の作品のようでした。ノイバウバウのブリクサが抜けた後のバットシーズの作品は聴いたこと無かったのですけど、これはなかなかよさそう。ニックケイブもかっこよさは変わりませんねぇ。Cat Powerちゃんのヴァージョンにも期待したいです。(ただこの曲のカヴァーは2枚組みの方にしか収録されていない模様)

改めて「nude as the news」の歌詞を調べてみたのですけど、こんなに怖いことを歌っているとは思っていなかった管理人でございました((((゜д゜;))))


マタドールレコードのCat Powerのサイト
http://www.matadorrecords.com/cat_power/

last.fmのウィジェット、 Album Quiltsを見てたら・・・。 

最近知って面白そうなので当ブログのサイドにも張ってみました。last.fmのアカウントから情報を取得してリスニングしたアルバムジャケットをまるでパッチワークのように並べて表示するWidget、「Album Quilts」。下のやつは、横表示ヴァージョン。

で、しげしげと見ていたらふと気付いた事が・・・。90年代以降の作品がまぁ少ない少ない。(-_-)頭固くなってきたってことは無いと思うのですが、いつからこんな風な趣味に変わったのか。ぱっと見ですけど、Asobi SeksuCat PowerRadioheadMassive Attackくらいしかないような。うーむ、新しい音に対する欲求がないこともないのですけどねぇ。まあ「PCで聴いたCDのみ」のデータの蓄積なのでレコードなんかは除外されてますし、iPod等もちゃんとScrobbleさせるとまた違った結果になるのか・・・いやならそーだ。だって今年になって購入したCDで、これとこれですもん。

Third
Sony Japan
発売日:2007-03-20

ソフツの「Third」はアマゾンさんでちょっとお安くなっているようで、ポチった一品(今現在、価格もどってるっぽいです!)。1st~2ndのサイケなアヴァンギャルドポップ調からジャズテイストが多くなってきた3枚目。フーの「Sell Out」は前から欲しかったのですが、やっとのことで購入。こっちはあんまり聴いてないですけど(期待しすぎたのが間違えだったか)。昨年購入した「A Quick One」の方が現在はお気に入りかなぁ、どちらかといいますと。

最近の聴く傾向があんまりにもあれなんで、ちょっと聴いたことのない新しいアーティストを探したいなーと思う今日この頃。こーゆー時こそネットがあるとホントに便利。視聴は出来るはバイオグラフィもディスコグラフィも調べたい放題ですしね♪いろいろ探してみたいと思います。

「去年、純粋な新譜って買ったっけかな」とふと思いを巡らせた管理人でございました。


mini_red_rev.gif
Last.fm - The Social Music Revolution

Qステアのマイティフロッグ君。 

なんだか世の中でトイちっくなんだけどかなり遊べそうなラジコンが流行っているのは何となく知っていました。 ちょっと興味はそれぞれにあったのですが、先日こんなものが有るのを知って即購入。

マイティフロッグじゃあーりませんか。 80年代のラジコンブームを経験している身としては、なんとも懐かしい車種。 なんでもQステアというタカラトミーのチョロQのラジコン化をするシリーズが、タミヤとコラボしてホーネット、 グラスホッパーそしてマイティフロッグを商品化したようで、これらの車種がジャストの世代としてはもう感涙モノかと。

mighty flog mighty flog

サイズ的には本当にチョロQと同等くらい。こんなに小さいにも関わらず、 なんとこのバギー君達は前後輪にサスペンションがあるという本格派だったりします。ですからちょっとした障害物なら走破可能。 可愛いのに頼もしい。走らせて見た感じですけど、ちょこっと遊ぶのには申し分ないと思いました。 ダッシュボタン押しっぱ走行だと結構キビキビ。絨毯と畳の上でしか走らせてませんが、 これがフローリング+後輪を滑らすように改造したりするとドリフトしたりしてもっと楽しそうです。

本来ならばホーネットを購入するつもりで勇んでお店に行ったのですが、 ホワイトとピンクのカラーリングの可愛さに負けてマイティフロッグを購入した管理人でございました。セージさん、ごめんよぉ。


Qステア タミヤRCバギーシリーズ
http://www.takaratomy.co.jp/products/qsteer/tamiya/index.html

一日で一番辛い90秒間、Wii Fitの「身体水平支持」。 

そのうちエントリーしようと思っていたのですが、とうとう初めてから1ヶ月近くになろうとしています、「Wii Fit」。いやー、ここまで楽しくヨガ&筋トレが出来るツールとは思いませんでした。


多少体が固めな管理人。ここ一ヶ月で「三日月のポーズ」でかなり安定して左右に曲げれるようになってきました。一ヶ月前よりも曲げれるのが体感できるとは我ながら驚きです。ウエストをぎゅ~と気持ちよく伸ばすのがなんともいい感じ。あと多少慣れもあると思いますがちょっと難し目な「ダンスのポーズ(弓を引くポーズ)」もなんとか形になってきたよーな。いやー、なかなかやってみると面白いものですね、ヨガというのは。

「肩立ちのポーズ」なんかは学生時代、ちょっとがんばれば出来たのですけど、今回久々に挑戦したらちょっと危うい感じ・・・。これって完全に腹筋の力が減退してるって事ですか? 「これはまずーい」と思い腹筋&インナーマッスルを高めるヨガと筋トレを中心にがんばることにしたのです。そこで目をつけたのが筋トレにある「身体水平支持」。これがマックス辛い(-_-) とてつもなく厳しい。どんなことをするかと申しますと、ここの説明をそのまま引用させてもらいます。、

バランスWiiボードの上にひじから先を乗せた状態で、そのまま足を後ろに伸ばした状態をキープさせます。

これ、見た目以上に大変ですよ。管理人、最初の30秒間のモードでも始めた瞬間からお腹がプルプル振るえて、30秒経つ頃には顔に冷や汗まじりでした。何回かやり続けていると、60秒間モード、そして90秒間モードが選択できるようになるのですが、 90秒間モードの最後の20秒とか想像以上に厳しい世界。終わった直後はへろへろです。ただ最近はこれもなんとか慣れてきたようでして、以前よりは余裕がでてきたかなーと。しかしまだまだがんばらなければ・・・。

他にも「ジャックナイフ」、「ゲットアップ」、「コブラのポーズ」等をノルマに組み込んでやり続けてきましたら、始めた頃よりは「肩立ちのポーズ」もさまになってきましたよ。ちょっと進歩しているようです('∇')顎をお腹の方へという指示がトレーナーさんからあるのですが、確かにこーすると腹筋がぐっと引き締まる気がします。

体を動かすことですが、元々ランニングはしてましたしこんな大会にも参加しましたけど、筋トレはノーサンキュー(-_-)本当に筋トレが嫌いな性分なので、「果たして続けられるのだろうか」と不安でした。ただダイエットで体重が減った増えたで一喜一憂する様は管理人の実体験としては持っていましたけども、あれがグラフ化されるだけでここまで深まるとは。BMIや体重の増減具合をグラフで見れることがこれほど面白いものなのかと関心させされました。やり続けてるのはグラフ云々だけの為ではないですが、やっぱり人間ってどっかで「健康でありたい」と多くの人が考えていると思います。だけど人それぞれにいろんな理由(時間等)があってなかなか出来なかったりしますけど、ここまで求心力のある体重計(というかバランス計)が登場しますと、小さな障害ならそれをうっちゃって飛びつく人も出てくるのではないでしょうか。というか飛びついた方がいいです、これは。それほど凄いものだと思います。

管理人、かなりバランス感覚が悪いらしく「バランスMii」の上級編がゆうに20回は挑戦してると思いますが、未だにクリアならず・・・。実は筋トレが鬼門ではなく、バランス系だったと知った管理人でございました。(バランススノボーも本物のスノーボードよりも難しですよ、絶対!!)


体幹チャレンジでトレーナーに喝っ! (身体水平支持のその後の様子)
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-350.html


Wii Fit
http://www.nintendo.co.jp/wii/rfnj/index.html

foobar2000でshnの再生&Last.fmにScrobbleパート2。 

shn」という拡張子をご存知でしょうか。正式名称を「Shorten」というロスレス系の音源の圧縮フォーマットなんですけど、「flac」等に比べれば些か地味な存在かもしれません。ただこのファイル形式でネット上で過去のライブ音源なんかの交換なんかも行なわれていまして、対処する必要がある人もいらっしゃることでしょう。

今までは正直うっとうしい存在でした。なにしろ知っていた対処方法がetree.orgで配布されている「mkwACT」というアプリケーションを用いて、「shn→wave」に変換するもの。まあwaveファイルになってしまえば数多くのプレーヤーで再生可能なのですが、だんだん変換するのがおっくうになってきました。(-_-) それでちょっと調べていましたらグッドニュースを発見。なんと管理人も「flac」ファイル等を再生するのに用いている 「foobar2000」という高性能かつ軽いアプリケーションがありまして、これにshn再生用プラグインを追加することで再生が可能になるというもの。早速、ここから落としましてfoobar2000のフォルダに入れてみて、「shn」を再生してみますと・・・聴こえたー('∇') 大成功です。

それと以前、「foobar2000からLast fmに上手くScrobble出来ない」というエントリーをしているのですが、これもいつの間にか方法が分かってしまい、いちよ訂正の記事を以下に書いてみます。

  1. foobar2000の再生リスト上にtagを記述したい曲を入れる。
  2. 曲名を右クリックして「properties」 を選択。
  3. 「Metadata」欄の「Artist Name」や「TrackTitle」等を記述する。
  4. この状態でfoobar2000対応のLastfmのScrobbleする為のプラグインが正常にインストールされていれば、 Scrobble可能になるはず。
これで晴れて、foobar2000で再生した曲もLast fmの「Top Artist This Week」等に登録されます。管理人の場合、殆どがトレード音源なので正式なアルバムタイトルを入れてませんが、アーティスト名と曲タイトルがあればちゃんとScrobbleされているようです。これが分かってから、どうも登録される音源が一段と古いアーティストばかりになってきて・・・うーむ。まあそーゆー趣味なんですからしょうがないですよね。たまーに海賊盤なんかでもちゃんとアルバムタイトルもひっかかったりしてびっくりしますけど。

このエントリーを書く為に「Last fm」でちょっとぐぐってたら、なんと「音楽SNS「Last.fm」日本語版、11月5日に閉鎖」というCNET Japanのページを発見。去年で日本語ページの運営からエキサイトって手を引いていたんですね。(日本語の選択は現在も可能) まあ管理人もそーなのですが、エキサイトの運営していた日本語版は決定的な欠陥があったので多くの日本人ユーザーもそちらを使用しなかったのではないでしょうか。Neighboursさんの聴いている音楽をだらーっとLast fmで聴くのが意外と好きな管理人でございました。ただメタルだけはカンベンして(;´д⊂)


mini_red_rev.gif
Last.fm - The Social Music Revolution

Radioheadからのハッピーニューイヤーの贈り物、「scotch_mist」。 

2007年のNew Year Eveにwebcastで放送された、レディオヘッド(Radiohead)からのお年賀?ちっくな映像、「scotch_mist」を結構きれいな映像で手に入れることが出来たので見てみました。内容としては、 CDとして販売された「In Raibows」の楽曲のスタジオライブ+イメージ映像で正味50分程。

In Rainbows
Radiohead
発売日:2007-12-27
元々、これが放送されたのはあのアルゴアさんが率いる「Current」という動画の視聴者投稿型websiteのようなのですが、ですから多分youtubeとかニコニコ動画のような「flv」フォーマットと推測。しかしなぜか管理人の持っている映像は投稿者曰く「ニュースグループから引っ張ってきた」という高画質なもの。しっかりDVD-Video形式にオーサリング済み。CurrentTVにある元映像もかなりきれいだと思いますので、とりあえずこれを見ることをお勧めします。

見た感想。トムヨークさん、髪の毛伸びた('∇') こんな感じ。

ThomYorke

ギタリストのお二人はいつもながらの、すうっと聴くとあまり気にならないが、よくよく聴いていると実は変態系な音作り作業に没頭している場面多し。管理人、ダウンロード販売で「In Rainbows」を購入済でして、こっちであんまり好きじゃない的なエントリーを投稿しておりますが、なんか映像とあわせてみるとまた違う印象なんで不思議なものです。楽器とか管理人もいじるので、「(なんちゃって)演奏者の視点」で見てしまうというか。あの当時は「これって実際に5人だけで演奏できるのかな?」と思ったりもしてましたが、十分可能みたいで驚きました。特に打ち込みを用いているってことも無いように思えます。まあ今までだってかなり複雑な楽曲を再現性の高いライブパフォーマンスを見せてくれてましたしね。

「In Rainbows」が好きな方は必見のようなこの「scotch_mist」。今年はヨーロッパツアーもとりあえずあるようで、「In Rainbows」の楽曲がライブでも披露されると思うので非常に楽しみです。

夏フェスじゃなくて、ちゃんとしたツアーで来日して欲しいと願ってやまない管理人でございました。


Radioheadの「In Rainbows」購入記。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-324.html


Radiohead 「Dead Air Space」
http://www.radiohead.com/deadairspace/

ベイベー、キヨシローはもどってきたぜ。 

新年明けましておめでとうございます。本年もどうか当ブログ「Life on Mars?」をご贔屓に m(__)m

2008年一回目のエントリーは「忌野清志郎が帰ってきたーーー」について。ちょっと古いニュースですが。喉頭癌ということでいったいどうなってしまうのか。本当に復帰なんて出来るのか?そのニュースをネットで見たとき、仕事中にも関わらず叫んでしまったほどショッキングなニュースでした。(この事実が発表される前に柏のがんセンターで栗原清志という名前が呼ばれたのを聞いた人がいたとかいないとか)ロッケンローラーにとって大切な咽喉の病を患ったことを、もう管理人の中でどう整理していいか分からず本当に心配しておりました。声だって、もとの通りにならないのではないかと・・・。

だかしかし、キヨシローはそんな病気に負けるようなロッケンローラーじゃーございません。どうもジョンレノンスーパーライブで歌ったというニュースは見たのですが、実際のところどんな感じか見てみたかった・・・。ですがやっとれ見れました、とうとう年明けの再放送で。「Mother」(というか、キヨシロー的には「おかあさん」が正しいのか)~「A Hard Days Night」の部分を。実際にはこの後、あの「天国はなーい、ただ空があるだけ」も演奏したようですが。

「Mother」というか「おかあさん」なんですけど、いつものキヨシロー解釈日本語訳ヴァージョン。RCのリスナーならよくご存知でしょうが「Covers」のあの感じ。だって「おかあーさーーん」で、サビが、「Mama don'tgo.Daddy come home.いかなーいでー、かえってきてーよ」。ちゃんとキヨシロー節健在です。本当に嬉しい瞬間でした。

で、次にMCがあって「あのジョンとヨーコのヨーコさんから手紙を貰ったんだぜ」と闘病生活中にオノヨーコさんから直筆の手紙をいただいたことを話すキヨシロー。「ジョンとヨーコのヨーコさん」って所を強調したくなる意味がビートルズとかジョンレノンに興味がないと分かりにくいとは思いますが、なんとなくは管理人は分かりましたよ。だってジョンとヨーコのヨーコさんですよ。「ジョンとヨーコのバラード」のヨーコさんですよ。自慢したくなっちゃう気持ち、分かりますよぉ。

そして「復活してこれからハードデイズが待ってるぜ」と前置きして、なぜかドアーズの「ハートに火をつけて」のイントロからスタートした「A Hard Days Night」。これは意外にも普通の歌詞で歌うキヨシロー。管理人が見た再放送内には無かったのですが、この後に前述した忌野清志郎訳の「Imagine」を歌ったようです。リリースに際し、すったもんだがいろいろあったあの「Covers」に収録されているあれでございます。

カバーズ
USMジャパン
発売日:2005-11-23
カバーズの中のイマジンは「何言ってんだー、ふざけんじゃねえー、核などいらねー」とか「原子力発電所が建っていた(コーラス by高井麻巳子)」みたいに過激に訳したというか作詞したもとは異なり、イマジンはあの頃のキヨシローがフィルターになって出来た良訳詞かと。ようはジョンの言いたかったことの根幹をキヨシローが歌った。イマジンを普通通り訳しても伝わり難い部分とか、長ったらしくなる部分を天性のロッケンローラーが自分の言葉をそこに紡いで簡素化したら、いい訳が出来てしまったということなんでしょう。どこ入れて、どこを引くか。歌詞の足し算と引き算、そして要約の仕方が抜群だと思います。このイマジンは。

兎に角映像を見て安心しました。大好きな人達からするとどこかに違和感があるのかもしれませんが、管理人のようなそれほど熱心とはいえないRCリスナーだったら、変わったところ全然わかりませんもん。このライブの後には年末のイベントにも出演したようで、これが最新型のキヨシローの映像です。チャボさんも元気そうでなによりです。



以前、娘さんか息子さんの学校関係で父母の方からPTAの会長を頼まれたキヨシロー。卒業式でのPTA会長の挨拶で開口一番、「ベイベー、愛し合ってるかい」と言っちゃうPTA会長の話なら何分でも聞けてしまうであろう管理人でございました。(父母の方々から出来るだけフォローしますと言われたようですが、残念ながらこの話は断ってしまったようでした)


忌野清志郎オフィシャルサイト「地味変」
http://www.kiyoshiro.co.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。