AX

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援団 is Back! 燃えろ!熱血リズム魂。 

お、おぅーーえんだーーーん!」だれしも辛い時、 心の中で彼らの応援を望んだ事でしょう。とうとう私達の応援団がパワーアップして帰ってきました。その名も 「燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2!」。


Elite Beat Agents」という海外ものがあったにせよ正当な続編ではなかったわけで、 一本木や団長の復活を楽しみにしていた人も多いと思います。購入して間もない事もあり、 まずはファーストインプレッション的なエントリーをしたいと思います。(あまりネタバレはしない方向で) まあゲーム内容的には前作と全く変更点はないと思って頂いて結構かと。ただ応援する内容の漫画を飛ばすことが出来たり、 いきなり開始画面までショートカットがあったり、失敗した場面の2小節分程度のリプレイを見れたりと前作での不満点をことごとく解消。 ワンカートリッジでの「みんなで応援」もあったりと、「飲み屋に持っていって遊んでくれ」仕様には大満足。あと前作をプレイした人がにやりとする場面が度々登場。 これはぜひともやってみて確認して下さい。

一本木のラスト?まで進んだのですが、 知らない曲が殆どなので譜割りがいきなり頭の中に浮かんでこないのが厳しい。 私の場合はマーカーにぎゅーっと円が小さくなっていくあの部分が五線譜上の音譜になって浮かんでくるとクリアが早くなる気がします。 そのイメージ付けに時間がかかりそうです。

前作を未プレイの方も大勢いらっしゃると思いますが、 まあトライして失敗しての繰り返しで出来ない事は無い程度の難易度だと思ってもらって構わないかと・・・最初はね♪。 そのうちに奥深い世界を覗くことになると思います。あと一番最初の団長のチュートリアル面で一回DSの蓋を閉じてみるといいかもです(゜∇゜)

今作の取説の裏表紙こそ「応援団の心意気」と思って疑わない管理人でございました。 とりあえず今回はここまでで。


燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2!
http://www.nintendo.co.jp/ds/ao2j/index.html


前作の特集ページ。実はアーケードで「扇子コントローラー」でやりたかったというくだりがあるのですが、Wiiでやればいいと思ったのは管理人だけでしょうか。

スポンサーサイト

アルタナの神兵 ~ Wings of the Goddess。 

驚きました。PS2のHDDの関係でもはやアペンドディスクは不可能なんて言われていた「ファイナルファンタジーXI(Final Fantasy XI)」。国内最大アカウント数を多分今でも誇っている、スクウェアエニックスの国産MMORPG。本日と明日の両日開催される 「SQUARE ENIX PARTY 2007」において、突如お披露目になったようです。 過去を省みるとUSで名前のパテント登録?があったとかで分かる事が多いと思いましたが、今回に限ってはそんな噂すらなかったような。邦題を 「アルタナの神兵」。英語では「Wings of the Goddess」となっているようです。(ってことは、 英語ユーザーさん達はWoGミッションってことになるのかな?シャウトは)しかも発売は2007年の冬を目標にしているようで、 間隔が前作とかなり短いスパンでの投入となるようです。



最近ちょぼちょぼ復活して遊んでいたのですが、いやー驚きました。しかもどうやら舞台は過去へと遡る様子。 公式サイトにあるムービーにはオークに襲撃される前と思わしきダボイや城壁が築かれたソロムグ?西サルタバルタにあるアウトポストの位置には魔法塔とは違う建造物・ ・・。北の調査隊やハイドラ戦隊。オープニングムービーのあの戦いの頃の話だったりするのでしょうか。 ヴァナディール史ともいうべき背景の話しには興味がずーっとあったので、少しでも解き明かされればいいなと思ってます。

黒のレベルが75になったことで一段落したため、 赤い羽根帽子の為だけにがんばって昨日レベルが60に到達した赤魔道士なしげきっくすでございました。猫+赤AFはいいですねぇ。あ、にゃー。


オレ達は前に進むしかねぇってことよ!(アルタナの神兵TGS版トレーラーより)。
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-320.html


ファイナルファンタジーXI公式サイト
http://www.playonline.com/ff11/index.shtml


ファイナルファンタジーXI アルタナの神兵
http://www.playonline.com/ff11/altana/index.html


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。