スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイシイペペロンチーノヲ、ツクリマショウ。 

最近ちょっと話題になっていて興味があった、「しゃべる!DSお料理ナビ」。 買っちゃいましたー(^0^) 「しゃべる」ってうたっているだけあり、 シェフがしゃべってレシピや調理方法を教えてくれます。 あと、「オッケー」「くわしく」等々の音声入力でページがめくれたりするのが、 なかなかいい。 しかし、ちょっと過剰に反応するのが難点といえば、難点か。

ただこれは「今まであまり料理をやったことない人」や、 「多少はやれるけど自身が無い人」あたりにはもってこいなソフトと思います。 私も普段は殆どやらない人なのですけど、 これを買ったことによりキッチンに立つ機会が増える予感…。 レシピをあれこれ見てるだけでも、結構楽しいのがびっくり。 「今度は何を作ろうか」と思案するだけでも、うはうはです。

で、本日はこれを作ってみました。

SN310212.jpg

ちょっと最後で手間取ってしまって、麺が延びた…(-_-) 写真の見栄え的には、もうちょっと量を減らせばよいのかしら。 お味の方は70点くらいかなー。 そのうちリベンジしたいレシピです。

次回はどれにチャレンジしようか、わくわくしながら考え中の管理人んでございました。


しゃべる!DSお料理ナビ オフィシャルページ
http://www.nintendo.co.jp/ds/a4vj/index.html



スポンサーサイト

ニンテンドーDSブラウザのあれこれ。 

昨日帰宅後、あれやこれやといじくっているうちに 管理人なりにいろいろ分かってきました。 手書き入力がかなり気持ちいい。 元々ここ4~5年程、Palm(Visor→Clie)を使用していまして、 スタイラスペンですらすら書く感じを知ってしまって 携帯でポチポチメールをうつのが億劫でした。 が、DSのタッチペン手書き入力ならばノー問題。 それこそ昨日のエントリーを丸ごとDSブラウザで行える程の快適さでした。

通信速度。 実はこれがボトルネックになっているのでは? ハードの事はあまり詳しくないのであれなのですけど、 DSの描写能力>通信速度の力関係で速度が遅い分の「もっさり感」なのかなーと。 Impressの実験で「約158kbps程度」と出てまして、 これと同じ計測をしたところ我が家ですと約144kbpsと判定されました。 管理人、携帯のキャリアはauなのですが、 winと比べてみても体感速度もあまり変わらないですし、 使いやすさの点で圧倒的にDSということもありまして、 無線Lanさえきてれば、DSに軍配が上がりそうです。 まあ、その無線Lanが最大のネックなんですけど。

可能なサービス。 自らやってみたものは、
・hotmailの受信
・amazon.jpでのお買い物
・某SNSで日記のエントリー
・クラブニンテンドーのポイント登録
ブログのエントリー(昨日分) hotmailはまあ大丈夫そうだろうとふんでましたが、
amazonでの購入も出来るとは素敵過ぎ。 ちゃーんと、amazonギフト券も使用可能でした。
SN310205.jpg

amazonでのオーダー終了画面。

某SNSなんですが携帯用の所謂「非公式モバイル~」と比べますと、 余計な画像を読み込まない分「非公式モバイル~」は高速。 画像読み込みOFFにしましても、 テーブル等も独自のものを使っている理由もあるのか、ちょっと遅め。 これは「非公式モバイル~」みたいに有志の方が DS用のサーバーを立ててくれると解決される問題なのでしょうか。 非常に気になります。(多分違うと思いますが)

2画面表示。 これはDSならではですね。 大きなページを上手く閲覧するには、 「2画面モード」にして「上下の入れ替え」をするのが一番かと。 2ちゃんねるのように縦長のページは1画面がいいようです。

感想など。 正直、そんなにキビキビ動くことはないです。 しかしながら、DS用のOpera8.5の実力は相当なものと思いました。 画像等も綺麗に表示されるので、びっくりです。 もう少し雑な感じなのかと思ってましたので。 手入力+ATOKも携帯と比較すれば、かなりのアドバンテージがあるでしょう。 タッチペンと2画面でのブラウジングが新鮮なので、 「もっさり」しててもそれなりに遊べます。 しかしながら何かいいツールなりポータル、 専用HP等々が出てこないと部屋の中でどの程度使うのだろうか多少心配。 まあ、管理人的には「外でのFreespot等でのアクセス」に対してのDSブラウザなもので、 その辺りは物凄く期待しております。 なので今後野良APがどれだけ増えていくのか、これが最大の焦点でしょうか。 (特に待ち合わせ場所や、駅、飲食店の導入)

このブラウザ購入で昨年の10月から入った「クラブニンテンドー」の合計ポイントが 490ポイントになり、ゲーム&ウォッチコレクションにあと一歩たらない管理人でございました。 (お料理ナビ、買ってやるっ!)


ニンテンドーDSブラウザ オフィシャルページ
http://www.nintendo.co.jp/ds/browser/index.html



ニンテンドーDSで更新中 

オーダーしておりましたDS用のブラウザが、 本日届きまして早速DSからエントリーしてみますo この文章はタッチペンによります手書き入力でかいてますo いや一、これが結構快適でして、 ATOK+Operaの威力なんでしょうか。 あと文字の識字能力がハンパじゃなくすさまじいです。 かなり気持ちよく書き進めました。

hotmailもokですし、 SNSあたりも取りあえず大丈夫そうでした。 なかなか遊べそうなアイテムになりそうです。

遊びに行く先々に早くFreespotが設置されないかと切に願う管理人でした。


ニンテンドーDSブラウザオフィシャルサイト
http://www.nintendo.co.jp/ds/browser/index.html



R.I.P.Syd Barrett 

元ピンクフロイドのリーダーであるシドバレット(Syd Barrett)さんが、 ケンブリッシャー(cambridgeshire)のご自宅で7月7日に亡くなったそうです…(涙)。 享年60歳。死因はNME.comには癌とでてましたが、 糖尿病による合併症というのが真相のようです。

生きる伝説、ここに死す。 正直、受け入れがたいです。

シドは去年のLive8の4人フロイドをいったいどんな気持ちで見たのでしょうか。 「あそこに自分も加わりたい」という気持ちはなかったのでしょうか。

安らかに眠ってください。 本当にありがとう。

ただ、ただ無念な管理人でございました。


Girl from California 

中央通りを道なりに御徒町方面から上野駅前へ。 上野駅にバイクを停車して、駅前の丸井にお買い物♪と思った矢先、 「★Ω#$〇≦、Hotel Kinuya?」。 ほえ?と振り返ってみると困ってそうな女性が一名。 「Do you know the Hotel Kinuya?」的な事を言っている模様。

きぬやホテル…? うーむ、これは分からないなぁ。 でも分からないって言ったら可哀相ですから、 「Do you have a map?」 と質問。

すると彼女は「Tokyo」と題されたかなり分厚いペーパーブックを差し出し、 「Here」と場所を指差してくれました。 そのマップには上野近辺の建物に番号が振られていて、 右上に英語と日本語でその建物の名前が羅列されていて、 「Forty?」と確認すると「Yes」とちょっとこの人大丈夫かしら? と心配そうな感じで返事が。

異国の言語で書かれているマップに少々戸惑い、 「上野駅のそばだけど場所の感覚がー」とちょっと焦ってしまいました。 少しばかり悩んでいると、丸井の場所を発見。 見ると丸井の裏手にあるようです。 「なんだ凄く近いな。OK,I'll take you to the Hotel Kinuya」。

えぇ?とちょっと驚きの表情を見せた彼女。 なんだか感謝されたようなので、 「You're welcome」。 荷物を一緒に持ってくの?的なゼスチャーで訴えてきたので 「うんうん、持っていこう」←ここは日本語orz で、通じたからok。

信号を渡り「ホテルきぬやはあっちだよ」と指差して見せてちょっと安心してくれた様子。 彼女はアメリカはカリフォルニアからいらして、 ご自身はUCLAの学生さんで旅行で東京に来たとのこと。 おぉ、良く見たら着ている水色のパーカーはUCLAって書いてある。 そっかあちらはサマーヴァケーションですかね。 書いてる今、気付きました。 カリフォルニアと東京の気候の違いでも聞いてみようかと思ったのだが、 会話でてこなーーい。あぁ、情けない。

丸井の横を通り過ぎる頃には「ホテルきぬや」大きな看板が。 「あったあった」って言っても当然通じないですが、言ってみる。 看板って単語、知らないなぁ。 調べてみました。「a billboard」余裕で知ってる単語Ψ(`∇´)Ψ

駅前から歩いて2分程で到着。 ここで面白い事が。 そのホテルきぬやさんの手前にある物件を見つけるや否や、 彼女「It's Love Hotel!」と笑って言ってました。 言われたこっちも笑ってしまったです。 お隣さんがそっち系のホテルのようでして、これにはビックリ。 っていうか、彼方達のお国で「ラブホテル」っていう単語があるのですか? 普通は「モーテル」って言いません? まあ車止められないからモーテルでは無いと思いますが。 もしや日本のカルチャーを勉強してきた賜物でしょうか。やるな。

こんなこともありつつ無事に「きぬやホテル」さんに到着。 緊張してまして、着いた時の彼女の安堵の表情が印象的でした。 お互いに「Bye Bye」と手を振りさようなら。 笑顔が素敵なお嬢さんでした。

上野近辺、実は海外からの旅行者が泊まるホテルや旅館が沢山あるのです。 ビジネスマン用ではなくて、安く旅行したい人達が選ぶような所なのですけど。 なので今日案内した、きぬやホテルさんもそーゆー方々が利用される所なんですかねぇ。 ペーパーブックに記載されているくらいですから。 HPにもちゃんとEnglishページがありますし。

こんな感じでちょっとした国際交流をしてしまった管理人でございました。 彼女には東京を楽しんで帰ってもらいたいです。 あ、名前聞くの忘れた…orz


きぬやホテル
http://www.kinuyahotel.jp/



首位決戦、空しく敗退。 

今週末のフットボール2大決戦。 W杯の決勝と3位決定戦? ノンノン。一つは当たってます。→決勝戦。 実はもう一試合、重要な試合がありました。

それは土曜日に行なわれたJ2柏vs横浜FCの首位攻防戦。 横浜がアウェイで万が一勝つと創立以来初のJ2の1位奪取らしく、 当面のライバルである柏に勝つと昇格争いも有利になるかと。

まあ結果はタイトルの通り前半早い時間に先制したのだが、 後半2点取られて逆転負けorz あー、悔しい。 いい試合していただけに残念です。

「ハマナチオ」崩壊か? いやいやそんなことはないのでしょう。 ここが踏ん張りどころです。 なんとかがんばってもらいたいものです。


横浜FCオフィシャルサイト
http://www.yokohamafc.com/



「決めたのはアルガンチューワ」 サカつくEU買いました。 

W杯でのわが国の指揮官の無能さは分かっていたとはいえ、 本当に失望したのは管理人だけではないと思います。 このむしゃくしゃ感がなぜかこのゲームを購入するキッカケになりました。 「サカつく」はセガサターンで発売された、2作目をかなりやっていてそれ以降は殆ど放置。 この頃のやつは「カウンター」の戦術がかなり猛威を振るっていて、 友人達をプチ虐殺していたのが懐かしいです。 それまでのものは「Jリーグ準拠」だったのが今回はとうとうヨーロッパエディションになり、 プレミアシップ、セリエA、エールデビジ、リーガエスパニョーラ、リーグアン、 そしてブンデスリーガと6大リーグからホームタウンを選択。 3部のプレーオフ戦から始まり、ここで勝利すると2部リーグへ昇格。 ここから06-07シーズンとなり本格的なクラブの始動となります。

管理人は思い入れのある「イタリアリーグ」を選択したので、 初年度はセリエBから開始。 意外と調子よく進み、プレーオフ圏内の6位に滑り込む。 だが、この戦力で一部に昇格してもぼっこぼこにされるのは否めない との判断からわざと負けてセリエBに残留してみました。 (これが後の08-09シーズンへの大きな布石となる)

翌年の07-08シーズン。 昨年から行っている「年俸安い割に使えそうなジョカトーレ(プレーヤー)達」の 連携度が向上し始め、見るからにチーム力アップ。 「サカつく」序盤はこの年俸安いプレーヤーで乗り切るのが肝。 常時3位~5位あたりをキープし、余裕ありました。 5連勝しましたらなんとサポーターからE-mailも貰ってしまい、 チェアマンとしてはにんまりです。 スタディオ(Stadio:英語のStadiumに相当するイタリア語)も初期の 8000人規模→15000人規模へと改築。 これで多少収入源も確保され、他の施設へ還元されいい感じ。

最終的に2位に入り、プレーオフなしでセリエAに昇格決定。 それまでは「サカつく」に存在する架空選手のみでチームを編成してきましたが、 このシーズンの最後にあのイングランド代表のリオファーディナンド選手の実弟である、 アントンファーディナンド選手を移籍金無しで獲得。 何で移籍金なしかと言いますと、 この場合07-08シーズンで所属しているチームと1年の契約しか残っていないとなると、 2月以降にその選手と契約が成立すると、 以前所属していたチームに移籍金を支払う必要が無いのです。 これを利用して、この時期に有力選手を確保するのがよいようです。

3年目の08-09シーズン。 ある人事派遣会社とスポンサー契約すると、 オランダのアイントホーフェンへのキャンプが可能に。 しかもかなり高度な練習が可能な模様。 ただ単に、契約金が高額だったので契約したのですが、ラッキィ。

オフシーズンにキャンプやプレシーズンマッチが組めるのですが、 なんといってもヨーロッパの強豪達につきものなのは、 ヨーロッパ以外へのツアーですよね。 今年もUEFAカップチャンピオンのセビリアFCが新潟と磐田、 スコットランドプレミアシップチャンピオンのセルテックスが横浜と試合を行う為に 日本にやってまいります。

ここでちょっと脱線。 この「プレミアシップ:Premiereship」という単語。 決してプレミアムがつくとかのプレミアじゃないんですよ。 それはこっち「Premium」。 こっちのプレミアは「最初の」とか「第一位の」とか一つ目を表す単語。 ようは「一部リーグ」っていう意味なんですよね。 管理人は偉そうに書いてますけど、最近知りました・・・orz この「フットボールと英語のはなし―Saturday in the Park」は、 「フットボールで用いられる英語」を知るには好著だと思います。 著者の東本さん、 「Foot!」にてスコットランドプレミアシップについて説明する回があったのですが、 むちゃくちゃ詳しくてどんな方なのかしら?と思っていたのですけど、これを読んで納得。 氏の博学ぶりには驚嘆です。 脱線終了。

「サカつくEU」にもこのツアーがありまして、 内容がかなり笑わせてくれます。 (実はツアーに行った事が無いので、間違ってたらごめんなさい) まず、試合に出場させる選手の枠が設定される模様。 ようは「有名選手をちゃんと出せ」ってことですね。 スポンサー様の意向を汲みなさいと・・・。 もう一個が「選手の疲労度」がとんでもない事になって帰国という点。 そりゃー、日本と韓国と中国を10日間程度で3~4試合もすれば、 一流選手の疲労も溜まりますよ。 ここら辺りの設定がグーです。

さすが一部リーグ。簡単には勝たせてくれません。 07-08シーズン時にカップ戦でASローマと交えた事があったのですが、 結構いい内容で終ったので若干期待して昇格したのですが、 大変甘い考えでした・・・。 サンシーロでのミラン戦。 4-0で完敗。しかもゴール付近のFK、ピルロに2点やられました。 そしてホームに迎えたインテル戦もいいとこなしで終了。

こんな流れできたデッレアルピでのユベントス戦。 ここからぐだぐら下位に落ちていくのは必然か? 当然あちら様には、トレツェゲとかネドベドとかいる訳ですよ。 先制点を奪われてこっからミラン戦の再現かと思いきや、意外と善戦。 そして70分過ぎ。 左サイドからのクロスボールを中央やや左で待っていた、 中盤のプレーヤーがどんぴしゃりのタイミングでボレーシュート。 「決まったぁーーーー」by 八塚アナ。 うは、追いつきましたよ。なんと。

この試合をなんとかドローで終了し、 「もしや意外となんとかなるかも?」と多少希望が持ち始めたのですが、 前半折り返しまでになんとか10位前後をうろうろ。 後半戦は、またしてもミランには惜敗を喫っするも ローマ、ラッツオ、そしてユーベとはドローと「負けないカルチョ」が なんとなく確立。 最終的に7位でフィニッシュと初昇格クラブとしては、 大満足な結果となりました。

順位も確定した5月。 これからの経営体系をなんとなく考えました。 資金を潤沢に使用しプレーヤーを根こそぎかき集めるクラブに 終盤はなりがちなこのゲーム。 なので、まずは苦しい資金繰りの中でも、 サポーターに愛され順位も常に上位を窺っている「中堅チーム」的な 運営をしていこうかと思案中。 南イタリアのサレルノに本拠地を作った事もあり、「プロビンチャ」って言葉がぴったり。

タレントとしては旧ユーゴ勢が欲しいなぁという願望も。 アシスタントコーチには人間力!! (登場するのかどうか、知りませんが・・・) まあ、ゆくゆくは「カルチョはお金でやるもんじゃねぇ」と 次長課長ばりにチェルシーに言ってやれるチームにはしたいですけどね。

09-1001.jpg
(試合前をパチリ。これがアウェイユニ)
「サカつく2」では序盤大変お世話になったアルガンチューワ。 果たして、今作での再会があるのか、ないのか。 ちょっと注目している管理人でございました。 追伸:週末は2大決戦。 日曜日のW杯決勝と横浜FCと柏の首位攻防戦! どっちが勝ちますかねぇ。


プロサッカークラブをつくろう!ヨーロッパチャンピオンシップ(オフィシャルサイト)
http://www.sakatsuku.com


uefa.com(日本語版)
http://jp.uefa.com/index.html



左腕負傷中(-_-) 

昨晩、左腕の筋?をやってしまったようで、 腕をまっすぐに伸ばすとイターーーイのです。 常時曲げっぱなしで生活中。
ただ何時痛めたのかよく分からないのですよ。 昨日の流れはこんな感じ。

帰宅時セーフ。
従兄弟の子供2人と積み木で遊ぶセーフ。
夕飯食べた時はセーフ。
食休みもセーフ。
ランニング前の体操←ここか?
ランニング中に違和感発生。
お風呂でアイタタタ。 「サカつく」中、デッレアルピで引き分けてガッツポーズもイタタタタ。

仮に体操中っていうのも謎。 だって肘周りの体操しないですから。 違和感発生したのは7~8km地点。 ただその時はこんなになるとは露とも知らず、 颯爽と完走してました。

まあ骨折ってことはないと思うのですが、 明日は出勤前に病院に行ってきますので宜しくです。 >>関係者各位

実は先程も「サカつく」でラツィオとのカップ戦でPKの末勝利した瞬間、 ガッツポーズしてアイタタタな管理人でございましたorz


近所で火事騒ぎ。 

日曜日の午前4時頃のお話しです。 ワールドカップの準々決勝第四試合だったフランスvsブラジル戦。 東京地方はちょっとじめじめした暑い日で、 朝方とはいえもわーんとしておりました。 居間にクーラーがないこともあり扇風機を回して、 片手にうちわでぱたぱたしながら観戦していた時に・・・。

「ウォーーーーーーーーンゥゥ」と突然鳴り響く音が。 あらま、どっかで火事かしら?なんて思いつつ、 ちょっと今日のフランスは違うなぁなんてぼけーっと観つづけてましたら、 またしても警笛が。

どうもこれは近そうだと思い国道4号線の方へ向かおうかなと思った瞬間、 自宅の一方通行の道を消防車通過…。 「は?ここ通るってことは、相当近い?」 瞬く間に消防者やレスキュー車が所狭しと集合してきました。 その数5~6台程。 (ちなみに一番手前はレスキュー隊の車のようでした)

SN310181.jpg

消防隊員の方が向かってる方向に歩いていきますと、 自宅の裏側のあるお宅の前に20人近い人数が既に陣取っていて、 ホースも引かれ家の中にも潜入している様子。 火は直接見えはしなかったのですが、 確かに焦げ臭いにおいはしておりました。

幸いけが人等はなく大事には至らなかったようなのですが、 あんだけパオパオと消防車が着ますと、 朝四時半前にも関わらず近所の人オンパレードでびっくりでしたー。

皆さんも火の元、気を付けて下さいね。


モグワイとジズーの競演、「ジダン 神が愛した男」。 

「Zidane, un portrait du XXIeme siecle」と題された映画が近々日本でも公開されます。 邦題は「ジダン 神が愛した男」といいまして、 2004-2005シーズンのレアルマドリッドのホーム、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ にて行なわれた対ビジャレアル戦を17台のカメラがジズーことジネディーヌジダンたった一人を追いかけて撮影されたドキュメンタリー映画だそうです。

まあこれだけでも十分観てみたいなと思わせる内容なのですが、 サウンドトラックをスコットランドの愛すべきサイケデリックノイズギターテロリスト、 モグワイ(Mogwai)が新曲を提供しているのです。 これって今年発売された「ミスタービースト」と同時期に録音された音源と 考えるのがよいのですかね。やはり。 早速日本のオフィシャルページに行ってみますと…。 トレイラーが見れない…orz まだリンクが貼られていませんでした。 なのでフランスのオフィシャルページと思わしき所を見てみますと、 こちらにはありました。 ジダンの動きに、というかフットボールとモグアイ。 全く想像がつきませんでしたが、 ジダンのスローモーションの映像にこんなダークなメロディの曲が合うとは…。 久々にトレイラーに見とれてしまいました。 曲を「モグアイにやらせよう」っていう発想できるところが素晴らしいと思いますし、 その期待に答えるモグアイも流石。 公開が待ち遠しい映画です。

ユーべにいた頃のジダンは、まさに「神に愛された男」。 ビアンコネロのシャツがピッチ上を踊っていました。 ジダンのラストダンスがブラジル戦にならないことを 心から願う管理人でございました。


「ジダン 神が愛した男」(日本のオフィシャルページ)
http://www.zidane.jp/


「Zidane, un portrait du XXIeme siecle」(仏のフィシャルページ?)
http://www.uipfrance.com/sites/zidane/index.html



続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。