スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1993年10月28日、僕らはあの日を決して忘れない(W杯米国大会アジア地区最終予選)。 

もうかれこて20年も前の話になります。月日が経つのは早いものですね。ワールドカップ初出場を目指し、初の外国人監督となるハンス・オフト氏を招聘して臨んだワールドカップ予選。第一次リーグで、スリランカ、バングラデシュ、タイ、UAEを相手にグループリーグトップで通過し、いわずと知れたカタール・ドーハでの最終予選ラウンドへ。

当時のアジア予選はまだ「セントラル方式」と呼ばれる第三国に集まりリーグ戦を行う方法を採用していました(仏大会予選からアジアもホーム&アウェイに変更になります)。出場国のサウジアラビア、イラン、北朝鮮、韓国、イラク、日本でしたらドーハでの試合は圧倒的にサウジとイラン、そしてイラクが優位に立ってるのは間違えなかったかと。まあ当時のアジアのフットボールの地図は中東と韓国が列強でしたので、致し方ない部分もあったのでしょう。日本はまだ新興国の一角。アジアを制したばっかりでしたし、発言力も小さいものだったのかと。

ちょうどこの年って「J元年」で、選手のコンディションはそれほど良くなかったとこのNumber「ドーハの悲劇 20年目の真実。」に書かれています。選手達は今までとは全く違う環境でプレーして、気合いが入らない訳ないですからオーバーワーク的な部分もあったのでしょうか。ただそれを「選手として未熟」と言い切る事なんて誰が出来るでしょうか。あの熱狂の渦を少しなりとも経験した人間なら分かる話かと。


あと試合以前から言われていた「左サイドバックの都並さんのバックアッパー」問題。カリオカ・ラモスの進言があって三浦”やっさん”泰年選手が呼ばれてそこに入ったのは有名な話かと思いますが、元ジェフの江尻選手あたりも試されていたって書いてあってこれは記憶に無いんですよねぇ・・・。結局、ここの穴埋めが出来ずに戦犯として上げられる事の多い都並さんですが、自らも「ドーハの戦犯」だと思っているとインタビューに答えています。選手全員が私にとってドーハはという問いかけをされそれぞれが直筆で答えているのですが、都並さんの答えはこの20年間思い続けてきたあの都並不在の最終予選への欠落感を埋めてくれるものでした。

管理人は当時BSで観戦していまして、実況は寅さんこと山本浩アナ。そして解説は田中孝司さん。あの壮絶な数日間を山本アナの名著、「メキシコの青い空 実況席のサッカー20年」の中でも詳しく取り上げられています。試合も忘れていた部分を補完してくれますし、勿論当時の寅さんの名調子ものっています。


その頃、代表のスタッフとかまではまだ興味がわいてなかったと思うのですが、この本によりますとスカウティング担当はガンバ黄金時代を築いた西野朗さんと人間力・山本昌邦さんだったそーです。皆さんご存知のとおり、このあとお二人はそれぞれ、西野さんはアトランタ五輪代表監督になり、一方山本さんはアトランタ五輪コーチ→U-19監督(世代的には俊輔とか恒様、戸田やQBK等々)→シドニー五輪監督→02の日韓と時はコーチに。このお二人、というか特に山本さんはJFAから寵愛されてるって言われてましたが、山本さんは現場よりしゃべってるほうがいいと思うのでこれ以上呼ばないで下さい>JFAやJリーグクラブ関係者様。

当時の選手は今現在指導者として後身の育成だったり、スカウトだったり、そして伝える側だったりとしても「あの思いをさせてはいけない」という気持ちはあるのではないかと思います。見る側としてもしかり。その思いが今日の日本代表を形作ってきたのは間違えない事かと。ただ、あの思いがだんだん薄れてきているのも事実な気もします。あの魂をかけて闘った試合の記憶が。一般の人からすれば「日本がワールドカップに出るのは当たり前」なんて思ってる人のほうが多数なのかもしれませんが、管理人はそーは思っていません。現状のアジアの「4.5」枠が崩れれば、そして中東の政治的な混乱が鎮火すればこの先どーなるか。そう、かつてのライバル達は黙っていないかと。だからこそ、「ドーハの悲劇」といわれたあの戦いを思い出し、襟を正すべきなのではないでしょうか。そして14年の本大会を迎えて欲しいと願っています。

あの頃フリューゲルスに興味があったので大嶽選手は好きだったのですが、ギラヴァンツ北九州のコーチになっているのを知りちょっと嬉しくなってしまった管理人でございました。引退されてサンガのコーチなられてたのは知ってたと思いますが・・・。


SAMURAI BLUE サッカー日本代表
http://samuraiblue.jp/



スポンサーサイト

ACLでJのクラブがこの先生きのこるには。 

今週の月曜日、及び火曜日に今期のACL(AFCチャンピオンズリーグ)がとうとうスタート致しました。で、今大会は是が非でもJのクラブにがんばってもらいたくてブログに書いてみようかと。って、ACLが始まる前から思ってたのですが、なんとJのクラブの結果だけみると、勝ったのはなんとアウェイの柏だけで前年度Jチャンピオンの広島は星を落とし、仙台はもったいないドロー発進。

対アジアってことでみますと、代表に関して言うとご存知の通りW杯に4大会連続出場(うち一回自国開催)中で、しかも次のブラジル大会も次のヨルダン戦に勝利すると予選突破決定。つまり20数年間、そーとー上位に位置しているといっても過言ではないかと。これには中東勢の政治的背景や「21世紀は中国が人口の多さをばねに・・・」なんて力説してる人の予想がからっきしはずれて小林サッカーからいっこうに抜けられなかったりと日本が力を付けてきたという以上に他国が衰退やら上積みが少量だったりすることで地位を固めてきた感が拭えません。豪州がAFCに参加していったいどーなるかと思いきや、W杯予選はフランス以後はプレーオフにすらいかずに決定してるんですよね、多分。もう一つ大きな背景には近年の「アジアの4.5枠」という点も見逃せませんが。

代表のアジアでのポジションに対して、クラブレベルだとどーかと申しますと忘れてならない昨年のACL。なんとJのクラブは全てノックアウトステージへの出場すら出来なかったという事実。これが管理人的に大きくて、代表も当然大事ですが、クラブレベルでも日本の強さを見せてもらいたいなーと。断言は出来ませんがそんなにはずれもしないと思ってる事は、バブルに浮く中国は豊富な資金に任せて実力ある外国人を獲得し、クラブの戦力を伸ばしていますが、それは結局バブルが終わればそこで終了なのではないかと。中国国内の選手もそれほど育っていないという点を加味しても。一方、オイルマネーの中東勢は政治の問題が片付き、かつ魅力的な環境整備(まぁここが出来にくいのでしょうが)が整えば、今後もこれ以上の伸びしろはありそーな予感。元々身体能力は東アジアよりも高いものを持っていましたし、そしてなによりホームアドバンテージを有効に使えますし。逆に東アジア勢は寒い時期に中東クラブを呼べるのであれば有利ですけどね。

こんな中でJのクラブはどーなっていくとかと。最近の新しい傾向として今までは代表レベルで活躍した選手が欧州のクラブへ移籍してくことが殆どであったのに対し(トップレベルでの話)、代表での経験も浅かったり、未だ選出されたことのないかなり若い世代がJから欧州へ、もしくは学校卒業後ダイレクトに欧州になんていう例も。「空洞化」とはいいませんが、国内事情も変わりそうなんですよねぇ、今後。やれるなら海外で、って思いますよね、普通・・・。まあこのトレンドが今後も続くかはW杯の結果とか非常に重要な気がします。日本への注目度が落ちない為にも。

そんな事を嘆いても、現状の戦力で闘うしか無い訳でして、さてどーするか。でもJリーグ自体はアジアでそんなに格が落ちるってことも無いと思うのですが、どーなのでしょうか。熱心にKリーグとか見た事も無いですけど。じゃーなにが必要かっていったら、Jリーグの日程調整とかを含めたバックアップだったりは当然かと。ビックアーチでの試合も見ましたが、やはり平日のスタってあれくらいの入りで致し方ないってことは絶対にないと思いました。選手層や戦術云々の話もでしょうけど、そこらあたりも含めて各クラブはやって頂きたいなーと切に願っています。なにせ、Jの代表としてアジア勢に討って出てる訳ですから。今期は見れる限り、応援します!

今回Jの代表として出場している4クラブ。まぁ、なんとなくアジアと闘うことを想定出来る範囲だと思うのですが、もしあのまま鳥栖ががんばって出場権を獲得していたらどんなACLになったのか、とっても興味深かった管理人でございました。鳥栖の兄貴のACL。これは見てみたい・・・。


AFC Champions League(こちらが本家AFCのサイト。但し英語)
http://www.the-afc.com/en/tournaments/clubs/afc-champions-league


AFCチャンピオンズリーグ(ACL)←こっちはJリーグのページ
http://www.j-league.or.jp/afc/




横河武蔵野FCが「地元のアマチュアチーム」扱いな件。 

東日本大震災の被災者の方へのチャリティーマッチがいくつか発表になっていますが、FC東京も早い段階で27日に味スタでの試合を発表していたと思います。現在、味スタが被災者の方の避難所の一つになっていますが、その前からこの試合は組まれていたと記憶しておりますが、間違っていたら申し訳ありません。で、その模様を伝えるニュースを見つけたのですが、これが驚いた。from NHKのサイト、以下抜粋。

東北関東大震災のため、住まいのあった地元を離れて避難生活を送る人たちを励まそうと、避難所の1つになっている東京・調布市のスタジアムで、Jリーグ2部のFC東京が練習試合を行いました。(中略)このスタジアムを本拠地にしているJリーグ2部のFC東京は、避難者を励まそうと、無料で招待し、地元のアマチュアチームとの練習試合を行いました。(以下略) 全文はこちらへ。

あれ、確かこの相手って横河武蔵野FCだった気がするんだけど、変更になったのかなぁと思い、横河武蔵野FCのサイトみるとやっぱりF東京と試合している模様。まあ、確かにアマチュアチームでしょうけど、「地元のアマチュアチーム」って書かれると、週末フットボールを楽しんでいる年齢も職業も様々な社会人チームを想像してしまうのは管理人だけでしょうか・・・。そんなレベルじゃないぞと (-_-;) >横河武蔵野FC 因みにJFL09シーズンは近年まれに見る活躍で2位に。ただ選手が移籍してしまい、昨年のシーズンは残念な結果に終わったよーです。「東京第三勢力」のこのクラブ、確かにアマチュアなんですがユース世代でセレクション等も行っているよーで、会社的にもそれなりに力ははいっているかと。JFL~地域リーグ辺りで「Jを目指していない」クラブでも他のクラブもそこまでしているんですかねぇ。あまり詳しくないので知らないのですが。でも「Jの門番」あたりはやってそーですよねぇ、HONDA FCとか。

震災を受けてスケジュールに大幅な変更を余儀なくされた、本年度のJやJFLやその他のリーグ。スケジュール如何によっては菓子杯がトーナメントになるかもなんて話も初期にはありましたが、あれもどーなるのか。Jの方は仮として4月23日からの再開を目指し、5月に関してもナイトゲームは実施しない意向を発表。で、困ったことに一部報道ではJのクラブからスケジューリング的な意味で今年招待を受けた南米選手権を代表は辞退してほしいとの要望が出てるとのことで、ザック監督的にはせっかくの強豪との複数の強化試合チャンスを無駄にしたくないと思われ。しかもめったに出来ないアウェイですし。

日韓の時にアズーリが仙台でキャンプをはった関係で、宮城スタジアムでアズーリが日本代表との試合のプランを考えてくれたり、スペイン代表も日本でのチャリティーマッチプランを明かしたりと代表的にはこの辺で落としておいて、Jのスケジュールを優先するしかないのでしょうか。クラブ首脳が頭抱えるのはわかるんですけど、ぜひ南米選手権に出場してもらえたらなぁと思っています。

今回の震災を通じて世界中のフットボールのサポーターが今の日本のことを応援してくれている姿を見て、本当にありがとうと一言伝えたい管理人でございました。


JFL初の国立開催、横河武蔵野FC vs アルテ高崎。
(08シーズン開幕試合のエントリー)
http://lifeonmars.blog36.fc2.com/blog-entry-372.html



9月の2試合は「博実ジャパン」決定的? 

ご存知の方も多いと思いますが、サッカーの男子A代表の監督が決まっておりません。しかも来月早々にキリンチャレンジカップもあり、時間的に就労ビザの取得がもう無理?らしく、もし決定してもその方はベンチに座れないらしい。

そこでなんとその責任をおってか、原技術委員長がなんと監督をするという案が囁かれておりました。で、実際に本日行われた「日本代表監督選考に関する経緯説明」という記者会見があり、プレスリリースには9月の試合は原さんが代行で行うと言及されました。

博実さんが経緯をしゃぺってるのを見ましたが、「もうワンランク上を目指せる監督の獲得」の為右往左往している模様。博実さんの記者会見はやっぱり面白いですね・・・。しっかし、決まらないことでそれ以上に面白いものが見れそーなのがなんとも。すっごい期待したいです。

ただたんに博実さん好きな管理人でございました。


SAMURAI BLUE サッカー日本代表
http://samuraiblue.jp/




新しいステージを阻んだペナルティキック戦。 

清々しさと共にやり切れない悔しさをはらんだ朝を迎えたのはいつ以来の事でしょうか。私達の南アフリカ大会は幕を閉じました。 「世界を驚かそう」というコンセプトは大成功に終わったと思っています。 各国のメディアがこれだけ日本のフットボールを賞賛してくれる結果になるとは・・・。夢にも思いませんでした。 組織で守るフットボールという一つのビジョンを見せてくれた事も重要かと。次の四年間への何かが見えた気がします。

PK戦でネクストステージへの夢が絶たれたというのは悲劇意外の何物でもない。しかし結果は結果。 パラグアイより日本の方がよかったという論調もあるようですが、ルーザーは日本。これは覆す事が出来ない事実。

嘗てイビチャ・オシムはユーゴ代表監督時代の90年イタリア大会、ベスト8をかけた対アルゼンチン戦。 そしてジェフ千葉時代の2005年の菓子杯ナビスコカップ決勝戦。 日本代表を率いたアジアカップ2007年決勝トーナメント一回戦。カイザースラウステンでのかりを返すべき戦った対オーストラリア戦。 彼はPKを蹴る選手を決定し、ベンチを去って控え室に帰った。曰く「監督がすることが何もないから」や「PKはクジ引きみたいなもの」。「PK戦でいい経験がないから」とも。そうPK戦はまさに運試し。 どっちが当たりを引いてもそれは運がよかっただけ。一世一代の試合がクジ引きで決まることに対して、 プレーしている本人達がそれが許せるとは到底思えない。

ならどうすればいいか。1点取って相手を完封すればいい。それで試合は終わる。そういうフットボールを目指すのもいいかと思いました。 結果がよければ全てが許されるのではないでしょうか。

まだ大会としては続く南フランスでのワールドカップで強く感じたのはボールポゼッションを高くして、 優雅にそして可憐にパスを回すフットボールをしても、泥臭い取られ方で1点を失えば結局はルーザーなんだという当たり前のこと。そう、 フットボールには芸術点はない。 あるのは相手のゴールにボールを数多く入れればいいということ。どんな内容であろうと、勝てばサポーターは喜ぶわけですから・・・。

昨晩の大一番もスカパーの放送ではオシムおじいちゃんがグラーツより登場。 Twitterでおじいちゃんの一挙手一投足が報告されていましたが、まず驚いたのはその格好。青のスーツに青のネクタイってもう・・・ 泣かせないで下さいよ。そして以前の試合よりましてお喋りが少なく、その仕草や行動のツイートが多かったのが印象的でした。 それだけ重要な試合だったってことなんでしょう。試合後の放送で(ここからスカパーオフィシャルツイッターより抜粋)、

日本代表が自信をもったのは大きな収穫だ。 もっと大きな勇敢さを。(ひととおり話した最後に) 選手はよくやった、おめでとうといいたい。日本代表だけでなく、 Jリーグを応援してほしい。 ファンのみなさんは選手にプレッシャーをかけてあげてください。○○ダービーはもっと盛り上げなくてはいけない。スタジアムを満員にしようではないですか。」

と語った後、

(最後に) 私もここで一緒に戦っていました。 (通訳千田さんここで涙ぐむ)」

・・・。私達が日本でテレビの前で戦ったように、おじいちゃんは日本の為にグラーツの地で戦っていてくれたんです。本当にありがとう、 シュワーボ。管理人みたいな人がこんな風にオシムおじいちゃんを呼んだら怒られそうですが、こんな日だから許してください。シュワーボ、 また日本で会える日を楽しみにしています。そして遠くオーストリアから日本のフットボールを見守っていて下さい。私達は成長してみせます。

デンマーク戦でのスカパーツイッターで【オシム】ヘイヘイコマー(と言った気がする)、っていうのがあって、 スカパーでプレゼント中のオシム語録Tシャツもいいですが、ここは「ヘイヘイコマー」 Tシャツでサムライブルーを迎えてあげたい管理人でございました。胸を張って帰ってきて下さい。


SAMURAI BLUE サッカー日本代表
http://samuraiblue.jp/




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。